「お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2018年版)」で、津城が前年の101位から50位に躍進した。
これはスマートフォン向けコンテンツの企画・制作などを行っているユーエム・サクシード㈱=本社東京都渋谷区=が2010年から運営している、北は北海道から南は沖縄まで全国に実在したお城3000城を収録した無料GPSスタンプラリーアプリ「ニッポン城めぐり」の話。
同アプリの利用者であるお城ファン16万人超を対象として、実際にお城のエリア内で計測された位置情報データを独自の基準に基づいて解析し訪問者数を集計している。2018年版は同年1月1日~11月30日間のデータを集計したもの。同年は4月6日『城の日』から公益財団法人日本城郭協会の「続日本100名城」スタンプラリーが開始されたことにより、津城など続100名城に選ばれた城郭を訪れるお城ファンが多く、軒並み上昇しているのが18年版ランキングの特色とか。
因みにTOP300にランクづけされている津城以外の県内の城は、松坂城63位、伊賀上野城70位、鳥羽城101位、赤木城131位、亀山城148位、北畠氏城館170位、田丸城190位、桑名城195位、神戸城229位、福地城(初登場)293位。