本が好きなので図書館をよく利用する。昔は文庫本を買っていたのだが、本が家にたまっていくのが嫌になり、作家さんには申し訳ないが、本は買わずに借りるものと決めた。
本の選び方は人それぞれだろうが、私は作家で選ぶ。一人の作家を気に入ると、その人の書いたものを全部読む。中にはがっかりするものもあるが、好きな作家の本はたいてい面白く読める。
新しい作家の開拓も欠かせない。何かの賞を受賞したり、ベストセラーになったりした作品はまず読んでみる。そういったものに外れは少ない。気に入り作家を見つけ、新刊を楽しみに待つことも多い。
多くのファンを持つ人気作家の本は、図書館に行っても借り出されていることが多い。その時は予約を入れておく。評判の本だと何ヶ月も待つことがあるが、待つのも楽しみの一つだと考える。
図書館には相互貸借という便利なシステムがあるので、所蔵されていない本でも予約できる。申し込んでおけば、図書館ネットワークを利用して県内の図書館から取り寄せてくれるのだ。
いつも私は、新聞の書評やネットの口コミでの評価が高かった本をメモしておく。若い時なら面白くない本でも終わりまで読んだが、もう今はつまらない本を読みたくはない。良い本を見つけて楽しい読書ライフを送りたいと思っている。(舞)