伊勢物語絵巻 江戸時代 三巻のうち(部分) 斎宮歴史博物館蔵

伊勢物語絵巻 江戸時代 三巻のうち(部分) 斎宮歴史博物館蔵

お竹大日図(版画)紺野浦二(川喜田半泥子)昭和8年 館蔵

お竹大日図(版画)紺野浦二(川喜田半泥子)昭和8年 館蔵

津市垂水の「石水博物館」で企画展「描かれた物語─古典・伝説・逸話・故事─」が開かれている。会期は4月7日まで(月曜休館だが、2月11日は開館、翌12日は休館)。
個展文学や伝説に題材を得て制作された絵画や芝居、錦絵、工芸品などは、その物語の世界に対する想像力を掻き立ててくれる。例えば、逸話や故事は教訓や諺になったり、物語を象徴する道具や調度品は図案化されて現代人にも馴染み深いデザインとして定着したりと、生活の中に溶け込んでいるケースも少なくない。同展では、古くから日本で親しまれ、伝えられてきた「物語」を、絵画や典籍類、工芸作品を通じて伝えている。
入場料は一般500円、学生300円(高校生以上)。開館時間は10時~17時(入館は16時半まで)。
問い合わせは同館☎059・227・5677へ。