MAE展をPRする三重大学美術教育コースの2年生

MAE展をPRする三重大学美術教育コースの2年生

MAE展に出品される彫刻

MAE展に出品される彫刻

三重県総合文化センター第1ギャラリーで、3月1日㈮~3日㈰9時30分~16時30分(最終日のみ15時終了)、三重大学教育学部美術教育コースの学生・院生・卒業生・教員合わせて約60名による展覧会「第8回MIE ART EDUCATION展(略称=MAE展)」が開催される。
入場無料。
MAE展は毎年恒例で、同コースの2年生が約1年かけて企画しているのが特徴。これにより企画力や運営力、協調性などの力が養われることが期待されている。また企画において一人ひとりが担当を持つことから、個人の能力向上や、将来三重の美術を担う人材の育成にも繋がると考えられている。
今年は2年生7名が企画。展示テーマを、出品者の個性や、想い、作品が集まり多様性があるという意味を込め、「アマゾン」とした。
絵画、デザイン、彫刻、陶芸など多彩なジャンルの作品129点が出品される。
また「アマゾン」をコンセプトにしたインスタレーションで、出品者などが絵を描いた短冊を吊るしライトで照らす作品も展示。
さらに、美術にあまり詳しくない人や、小さい子供達にも展示を楽しんでもらえるよう、会場内で作品に関するクイズに答えながら巡るスタンプラリーを実施する。全問正解した人に、MAE展の図録をプレゼントする予定。
2年生で同展実行委員長の山下華奈さん(20)は「学生主催で一から展覧会をつくり上げているので結構大変なことも多いですが、その分、良い展示会にしようと頑張っているので、ぜひ沢山の方に観に来てもらいたいです」と話している。
問い合わせはメールでmae62_mie_art_education@yahoo.co.jpへ。

3月2日㈯、津市芸濃町で、旧明村役場庁舎周辺ウォーク「旧明村役場庁舎から椋本断層へ」が開かれる。主催は同庁舎公開活用協議会。無料。
雨天決行、荒天中止。
平成19年4月15日12時19分に、三重県中部を震源とするM5・4の地震が発生した。この地震は、芸濃町椋本の横山池の西側にある椋本断層で発生したとも考えられている。ウォークではこの椋本断層と、断層斜面を利用して作られた横山池周辺を散策する。
▼集合場所=旧明村役場庁舎駐車場。
▼受付時間=9時20分~9時30分。
▼コース(徒歩約3・7㎞。約3時間)=同庁舎前…伊勢別街道…林の常夜燈…中縄の集落…横山池堤防…椋本断層…宮池堤防…伊勢別街道…林の町並…同庁舎。※芸濃ふるさとガイド会が案内する。
▼募集定員=50名。
▼申し込みは、所定の用紙に必要事項を書いて同庁舎へFAX津265・3001へ送信。
問い合わせは津市教育委員会事務局生涯学習課☎059・229・3251。

津税務署職員(左)の説明を受け、タブレットで申告体験する鈴木知事

津税務署職員(左)の説明を受け、タブレットで申告体験する鈴木知事

12日、県庁で、鈴木英敬知事が津税務署職員の説明を受けながらタブレットで確定申告書の作成・送信を模擬体験した。
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で、先月から可能となった「スマートフォンでの確定申告」の利便性をアピールするのが目的。
スマホでの確定申告を行うには、まず税務署に行きID・パスワードを発行してもらう必要がある。その後、申告書に必要項目を入力すれば税金が自動計算され、申告書はe─Taxで送信できるため、確定申告のたびに税務署に行く手間がかからない。
確定申告会場の期限間際などの混雑を軽減する効果も期待されている。 今回は模擬体験用に作成された、源泉徴収票と医療費の領収証を使用。知事が、平成30年中に医療費(歯の治療費)30万円を支払ったという設定で、医療費控除の申告書を作成し、送信した。スムーズに操作を終えた知事は「思っていたより難しくなかった。計算誤りや記載もれもないので、本人にとっても良いですし、事務をされている皆さんにとっても、ミスをなくす、事務の負担が軽減できるということで、両者が嬉しいシステムだと改めて思いました」。
なお、平成30年分の所得税などの確定申告の相談・申告書は今月18日から受付中。

[ 6 / 7 ページ ]« First...34567