2019年2月

津友の会は、3月10日㈰10時~12時(午前の部)、13時~15時(午後の部)=受付は各15分前=、三重県総合文化センターフレンテみえ1階生活工房で、「生活ひろば~今、身につけたい小学生のための〝生活力〟講座」を開く。
「生活ひろば」は〝良い家庭からよい社会〟を目指す同会が、子供と大人に良い生活習慣を習得してもらおうと行っているもの。
今回は、子供自身で昼ごはんを作ったり、自分の上靴を洗ったり、買い物体験からこづかい帳の付け方を練習し、お金の大切さを学び、将来生活していく上で大切な生活力を身につける。
会費は500円(買い物体験50円含む)。
問い合わせは、津友の会☎津225・9150。
※津友の会が所属する(公財)全国友の会は、1930年、ジャーナリストで教育者でもある羽仁もと子さんを中心に雑誌「婦人之友」の愛読者によって設立された全国組織。「よい家庭をつくることからよい社会をつくりたい」を掲げて活動。 国内外に187の友の会があり、会員は約2万名。健全な家庭を作り、社会の進歩に役立とうと年代を越えて学び、働きかけている。
津友の会は昭和40年5月に創立。会員約60名が津市半田尺目にある「津友の家」を活動の拠点とし、衣・食・住・家計・子ども・環境などについて年代を越えて学び合うほか、フレンテまつり、わあむ津、つ環境フェアなど、県や市が主催するイベントにも積極的に参加している。

松菱が「第12回さくらの絵・写真コンクール」への応募作品を募集している。来店者にいち早く春気分を感じてもらおうと企画したもの。
作品サイズは画用紙(8つ切りサイズ以上)。たて・よこ・画材・紙質は自由。写真はA4または6つ切りサイズでプリントしたもの。
応募資格は子供からプロまでだれでも可能。出品点数は1人5点まで(画用紙は1階案内カウンターで用意。なお、未発表のオリジナル作品のみ)。作品の裏に、名前(フリガナ)・住所・電話番号・年齢を明記。
写真の展示に関して同店で額などの準備は行っていない。写真に直接画鋲または、両面テープで展示するので、展示の際に、小さなピン穴・テープ跡が残る。
全ての応募作品は、3月13日㈬~4月14日㈰まで松菱店内特設会場で展示するほか、ホームページやブログに掲載する場合がある。
1階案内カウンターにて受け付け。締切は3月4日㈪。
入賞者は表彰(賞品を贈呈)。ちなみに優秀賞には松菱商品券、文具セットを進呈。
また、応募者全員に作品返却時に参加記念品をプレゼントする。
問い合わせは松菱☎津228・1311へ。

街の駅だいもんを出発するウォーキングの参加者ら

街の駅だいもんを出発するウォーキングの参加者ら

16日、津市大門の「街の駅だいもん」内の健康づくり受付所を発着点に「第2回大門健康づくりスペシャルウォーキング」が行われ、定員一杯の80名が参加した。
ウォーキングや健康チェックをして楽しみながら市民の健康づくりを推進しようと企画した。
参加者らは朝9時半に同街の駅に集合。簡単な準備体操を行った後、一斉に出発。午前中になぎさまちまで往復した。
同街の駅に戻ってからは県健康福祉部の職員らが血圧・握力・体脂肪を測定。各自が身体の調子を確認した。また、健康運動実践指導者の打田静夫さんが講話し、実技も披露。歩く事が健康に重要な働きがある事を解説した。
昼食を挟んで午後からは、お城公園と高山神社を巡るウォーキングに挑戦。終了後は、朝日屋の牛肉など豪華景品が当たる抽選会で盛り上がった。

[ 8 / 27 ページ ]« First...678910...20...Last »