講師の石倉さん

講師の石倉さん

31日㈰、津市中河原の潮音寺=村上英俊住職=が、「春の永代経」を開催する。13時~13時40分に法要、13時50分~15時30分(途中休憩あり)に説教。講師は浄土宗西山深草派宝樹寺住職で、傾聴僧の会代表の石倉真明さん。
檀信徒や一般からも参加募集中。檀家以外の参加者は1000円~2000円程度のお志をお願い致します、とのこと。
石倉さんは京都府生まれ。ロンドン大学卒業後、東京でデザインアートディレクションに従事。2006年、妻の実家である宝樹寺の住職を拝命。09年に傾聴ボランティアを開始。10年には傾聴僧の会を発足。以後、東日本大震災や終末期医療、福祉の現場での傾聴活動に携わっている。13年、京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科卒。現在、傾聴僧準備研修講師。潮音寺でも昨年、傾聴僧準備研修講座を開いた。
潮音寺では「今回は今までの説教スタイルではなく、対話形式の法話を行って頂きますので、日頃抱える色んな苦しみを和らげるきっかけになればと思います」と話している。問い合わせ☎059・228・9090。