17日、一志町井関のとことめの里一志で、地元在住の事業者による「いちしもりもり会」主催の『いちしもりもりマルシェ』が初開催された。
同会は、地域活性化と楽しい新たな催しをつくるために一志町内のシダーワークス、ほっとハウス長谷川建築、ともぞう園、魚庄の4社で昨年4月に設立した。
初の催しとなった今回のマルシェには一志町内だけでなく、近隣の店舗も出店。会場には食品、アクセサリー、ハンドメイド雑貨の販売や、体験ワークショップなどのブースが並び、多くの来場者で賑わっていた。
同会代表の後藤卓也さんは「とことめの里のコスモスに合わせてイベントもしたい」と話す。
マルシェは6月2日㈰に第2回を開催予定。