新聞を読むのはたいてい夜になる。夕食後、朝刊と夕刊両方を広げて、後ろの方のページから読んでいく。三面記事という言い方は今でもするだろうか。とにかく私は社会面から読む。
そして次第に経済や政治のページに移っていく。主見出し、脇見出しだけ読んで終わる記事もあるし、記事全部をしっかり読むこともある。
ネットでデジタル版の新聞を読む時には、見出しからその記事のリンクを開いていくが、紙の新聞はすべての記事が並んでいるところが良い。ざっと見渡して興味深い記事を見つけることができる。
広告も面白い。特にページ下方にある広告に注目する。週刊誌、新刊本、薬、健康食品。世間の人が関心を持ちそうなことが、関心を引くような表現で書かれている。
使われるフォントの大小で、週刊誌の取り扱いの軽重がわかる。週刊誌を買うことはほとんどないが、週刊誌の中身より広告の方がセンセーショナルかもしれないと思う。
近頃は特に若い人の間で、新聞を取る人が減っていると聞く。ニュースなら他のメディアでも手に入るから新聞を必要としない人も増えてきたのだろう。
毎日、自宅まで運んでくれて、あんなにたくさんの情報が入っていて、一日百円余り。私は新聞を安い買い物だと思うけれど、どうだろう。 (舞)