ゴールデンウィークににぎわう「潮干狩り」。大人から子供まで誰もが楽しめるため、津市の御殿場海岸にも大勢の人が訪れる。しかし、捕って良い貝の大きさが決まっていたり、通販などで簡単に買える熊手の中には県が使用を禁じているものがあったり、資源保護のために禁止区域が設けられていたりと様々な規則が決められている。違反すれば摘発される可能性もあるので、出かける前に要チェック!

 

 

潮干狩りをする上で、最初に確認すべきなのはどこでできるかということだ。海には漁業者の生活を守るため、共同漁業権が設定されている。津市内や松阪市内の漁協では潮干狩りの対象となるアサリ、ハマグリ、バカガイには漁業権が設定されているので、侵害すると20万円以下の罰金が科せられる。
漁業権を気にせず、潮干狩りができるのは、漁業権が設定されていない御殿場海岸など。もう一つは、漁業権は設定されているが観光のために漁協と協議の上で開放している松阪市の松名瀬海岸など。伊勢湾ではアサリが不漁続きで、資源保護・回復に向けた取り組みも進んでいる。香良洲海岸は海の家の周辺を除いて現在潮干狩りが禁止されており、松阪漁協も松阪港周辺に保護区を設定し、管理している。
知人から聞いた〝穴場〟がこのような場所で漁業権侵害による密漁として摘発されることは十分あり得る。自治体や観光協会が周知している場所に行くのが賢明だろう。
そのほか、確認すべきものは、各都道府県が定めている漁業調整規則で違反すれば取締りの対象となる。例えば、三重県の同規則では「じょれん」と呼ばれる漁具を漁業者以外が使うことを禁じている。じょれんといえば、長い棒の先に、かごの付いた道具をイメージしがちだが、網がついた忍者熊手も大小問わず違反となる。通販サイトで道具を揃える人も増えているが、特に注意書きも無く販売しているので購入する際は要注意。また、資源保護のために捕って良い貝の大きさも定められており、アサリは殻長2㎝以下、ハマグリは殻長3㎝以下の個体を捕まえてはいけない。
これらに対しては、水産資源の減少が続く中、各漁協や海上保安庁も警戒を強めており、桑名市から津市までの海岸を管轄する四日市海上保安部によると、じょれん使用による三重県漁業調整規則の違反者は平成29年中は22人を摘発。平成30年は未発表だが、取締りの効果もあり減少したというものの、違反者は後を絶たない。じょれん使用で摘発された者は同時に体長制限違反や漁業権侵害している事も多い。一口に密漁といっても、転売目的の〝プロ〟だけでなく、ルールへの認識の甘さから一般人が罪を犯すケースも少なくない。
間近に迫ったゴールデンウィーク。楽しい思い出となるよう今一度、ルールを確認した上で出かけるようにしたい。