6月23日に本格オープンした「ご飯屋たかみや」

6月23日に本格オープンした「ご飯屋たかみや」

津市美里町足坂の旧高宮小学校に6月23日、足坂農家組合女性部「元気(まめ)ファミリー」のメンバー13名が運営するコミュニティカフェ「ご飯屋たかみや」が本格オープンした。
毎月第4日曜8時に開店し、美里在来大豆や地元野菜を使ったモーニングを100食限定で提供する。価格は300円。
カフェを主催するのは地域住民でつくる「高宮ふるさと協議会」=川口幸治会長。高宮小を含め同町内の小学校3校は少子化の影響で美里中学校と合わせて再編されることとなり、2017年3月に閉校。以来、各小学校区の住民が、地域活性化を目指し旧校舎の利活用に取り組んでいる。
そのうち同協議会では美里在来大豆を使った食を提供するスペースとして運営してくれる団体を探し、元気ファミリーが引き受けた。
本格オープンの日には開店前から町内外の人が大勢訪れ、豆ごはんや味噌汁、おしゃれに盛り付けられた手羽元の照り煮などを食べながら談笑していた。今後のメニューは洋食が多くなるとのこと。
元気ファミリー代表の千種恵美子さん(69)は「みなさんにここに来て、集ってほしい。今は田舎でも、『隣は何をする人ぞ』。住民同士が疎遠になっていますが、ここで顔を合わせて地域の繋がりができれば」と話した。