美杉八知小田、願音寺五神名碑5 本紙7月25日号で津観光ガイドネット西田久光会長と吉村武司副会長のコンビが今年3月まで3年半余にわたり県内全域を調査した結果をまとめた『三重の社日信仰の今』が刊行されたことを報道したが、その記事がきっかけで新情報が寄せられ、早速現地調査を行い、天保5年(1834)建立の五神名社日碑(六角柱)であることが確認され追補資料として同著に挟み込みを行っている。
西田会長に情報を寄せたのは津市新町在住の堀田房子さん(71)。息子の真行さんが住職をしている津市美杉町八知小田の浄土宗願音寺本堂裏山の十一面観音石祠や山神碑などが並ぶ削平地に五神名碑があり、自分なりに調べたがどういう碑か判らず気になっていたとのことで、7月28日、案内役を買って出て西田・吉村コンビと共に現地へ。小田は20数軒の小集落だが、数名のお年寄りも集まってくれ聞き取りも行った。
社は土の神、社日はその祭祀を行う日のこと。元々は古代中国の皇帝が宮城で行った祭祀だが、天明元年(寛政元年再版)京都の民間学者が土の神、農耕神の祭祀として日本風にアレンジした提唱本『神仙霊章春秋社日醮儀』を出版。関東・中国・四国・九州などに五神名社日碑や簡易型の社日碑の建立、祭祀が広まった。西田会長らは八知の仲山神社本殿玉垣内で全国でも7番目に古い天明8年2月に建立された五神名碑を発見したのを機に、県内全域調査に取り組んできた。
願音寺裏山碑は県内60例目で美杉では4例目。五神名社日碑では34例目。建立紀年銘がある社日さんとしては県内7番目に古い。
『三重の社日信仰の今』は、アスト津2階の津市観光協会事務局内にある津観光ガイドネット事務局で頒布(2千円)しているが、既に入手された方についても同事務局で追補資料を配布している。
問い合わせは西田、携帯090・3933・6061へ。