◆『お盆総供養』 津市仏教会(高山宗親会長)が8月18日㈰19時から、津観音北隣りの仏教会館で。戦没者やご先祖、初盆の人、水子、知人・友人の供養を宗派を超えて行う、誰でも参加可。菩提寺の無い人や、あっても遠方なので簡単にお参りに行けない人なども、この機会にと毎年大勢の市民が集う。供養志は、1000円〜。申し込みは当日13時〜19時半まで仏教会館で。
問い合わせは田中さん☎090・1989・0448または☎059・262・6715へ。
◆無料法律相談 8月18日㈰10時~14時半、アスト津4階で。大阪大学法律相談部が主催。相続・家族問題・金銭問題・交通事故・賃貸借・不動産など法律問題で悩んでいる人に、法律相談部員(法学部生)が弁護士指導のもと、無料で相談を受け付ける。先着順(当日の相談件数が多い場合、受付を早めに終了する場合あり)。電話・メールでの相談を行っていない。すでに弁護士が関わっている事件は取り扱い不可。問い合わせは☎080・6159・3486(10時~19時)。
◆企画展「デンマーク・デザイン」 三重県立美術館で9月1日㈰まで。 何世代にもわたりすぐれたデザイナーが輩出されている同国。ロイヤルコペンハーゲンの磁器をはじめ、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)、アーネ・ヤコプスン(アルネ・ヤコブセン)ら20世紀の名作家具、現代の製品など約200点を展示。観覧料=一般1000円、学生800円、高校生以下無料。休館日は毎週月曜日(ただし8月12日は開館)、8月13日㈫。
プレゼント
 読者5組10名に今展の招待券をプレゼント。葉書(〒514の0028、津市東丸之内26の12、三重ふるさと新聞「美術館」係)、メールfurusato@ztv.ne.jp)で、〒・住所・氏名・年齢・職業を明記して応募下さい。締切は8月15日㈭必着。当選は招待券の発送をもって代えさせて頂きます。
教員(左)の指導でカレーパンの生地をつくる中学生

教員(左)の指導でカレーパンの生地をつくる中学生

津市大谷町の大川学園・三重調理専門学校で、7月25日、三重県専修学校協会による毎年恒例の「中高生に向けた職業選択のための夏休み職業体験講座」が開かれた。
三重調理専門学校では同講座で例年、調理師・パティシエ体験講座を実施していて、今年はパン職人講座としてカレーパンとフォカッチャ作りが行われた。
今年は、市立豊里中学校家庭部の1~3年生14名を含め、20名が参加。
最初に、調理師やパティシェの仕事のやりがいなどの話を聴いた。
その後、同専門学校の教員に教わりながら、カレーパンの生地の材料を手やスキッパーを使い混ぜてこねたり、具材を包んだ。具が生地からはみ出してしまうことも多く、参加者はパン作りの難しさを実感していた。
またフォカッチャの生地作りにも挑戦し、焼きあがったあとハムなどを挟んで完成。カレーパンと一緒に皆で味わった。
同部部長の木曽原真凜さん(14)は「友達とパンの話をしながら作れたことが、一番良かったです。将来はパティシェを目指しつつ、今日パン作りを体験できたので、パン職人も良いかなと思っています」と話した。

浴衣で接客を体験するアリアンナさん(右)、クラウディアさん

浴衣で接客を体験するアリアンナさん(右)、クラウディアさん

棚田に美しく咲く蓮の花

棚田に美しく咲く蓮の花

津花火大会が行われた7月28日、津市寿町のイタリアンレストラン「プレーゴⅡ」で、イタリアのボローニャ大学から、インターンシップで訪れている学生4名が接客を体験した。
ボローニャ大学はヨーロッパ最古の総合大学として知られる名門校。学生たちは同大学で日本語を学んでおり、伊賀市のNPО法人・プラスアルファが文化交流を目的に受け入れを行った。先月来日した学生たちは、40日の期間で、県内の様々な企業でインターンとして働く。
学生たちは計3日間、プレーゴⅡで、接客を体験。この日は、店の近くで行われる津花火大会に合わせ、浴衣姿で接客を行った。
日本の職場で働いた感想をアリアンナ・テスタさんとクラウディア・マンコーニさんは「沢山の仕事を見て、新しい経験が出来た」と語った。

[ 5 / 6 ページ ]« First...23456