前葉津市長(左)に準優勝を報告する選手ら

前葉津市長(左)に準優勝を報告する選手ら

6日、津市役所の前葉泰幸市長を9人制女子バレーボールチーム「パナソニック津アドバンス」の選手たちが訪問し、第71回・全日本実業団女子選手権大会での準優勝を報告した。
同チームは、パナソニック㈱ライフソリューションズ社津工場所属の実業団チーム。7月28日、29日に愛媛県伊予市で行われた同大会で全国の強豪チームを相手に、堂々たる勝ち上がりで決勝戦進出。接戦の末に敗れたものの、昨年の3位を上回る準優勝に輝いた。
報告に訪れたのは、川崎正次工場長代理、山中真由美監督、白石光一郎副部長、選手の奥林春奈さん、山口琳香さん、中西海月さん、杉原さくらさんの7名。
キャプテンの奥林さんは「チームがまとまり、次の試合に向けても良い形が出来た」と報告した。
それを受け、前葉市長は、伝統ある大会での準優勝を祝うと共に「この津の名前を全国に轟かせて頂けたら」と更なる活躍にも期待を寄せていた。
同チームは8月31日~9月1日、大阪府門真市で行われる第5回全日本9人制バレーボール女子セカンドリーグに出場する。上位通過を経て、入れ替え戦でチャンプリーグ昇格をめざす。