「発達障害」は、生まれつき脳の発達が通常と違うために、幼いうちから現れる様々な症状。障害に対する社会の知識・理解不足により多くの当事者が生きづらさを抱えている。今回は、前号に続き三重県立子ども心身発達医療センター(津市大里窪田町)の金井剛センター長と、成人後に発達障害と診断された今井貴裕さん(37・鈴鹿市)が対談。発達障害を持つ人は、障害特性への適切な対応・支援を受けられないことなどが原因で心身の疾患や引きこもりなどの二次障害を発症するケースが多く、今井さんも、うつ病や双極性障害を経験した。

 

今井 僕は(発達障害の特性で)「本音と建前」がわからないので、以前は周りの皆にひたすら本音でぶつかり、わかってもらえなかった。けれど33歳頃、うつ病で受診したのを機に発達障害の診断を受けたことにより、自分が定型発達の人と違う特徴を持っているとわかったので、まず皆の話をちゃんと聞いて、各自の欲求や事情があることをきちんと理解してから話をしようと。僕の生き方は変えないけれど、相手の意見が自分の意見と違っていても許容できるようになりました。
また、双極性障害(うつ状態と躁状態を繰り返す病気)になりましたが、1年程前に落ち着いたような感じです。
金井 ただ、双極性障害は気分の山が高ければ谷は深いから、本当に落ち着いたなら(谷が浅くなったなら)山も低くなっているはずなんだけれど……。
うつ状態は防衛的なニュアンスがあり、何もできなくなる。そうなれば自然とエネルギーが戻ってくる。ところが躁状態はある程度自分で意識して抑えないと、そのあと当然落ちてくる。だから実は、自分で努力すべきことは山を少しでも低くすることなんです。
今井 そうですよね。僕が今でもうつになりそうで危ないと思うのは、躁で多弁の状態だけれど、浮足立っている感覚がある時。周りの人は気づきませんが、自分がまずいなと思ったら早めに休むようにしています。
金井 皆、本当はそういう前兆のようなものがある。今井くんのように脳の処理速度が速く、自分で前兆に気づいてコントロールできる人は良いけれど、発達障害の方の中には気づきづらい人も多くて、例えば「不安」や「疲れ」が何かがわからなかったりする。その場合は、周りが気づいてあげなくてはならない。

子供の可塑性は高い   良い出会いは生きる肥しに

今井 一番不幸な境遇が、発達障害を持って生まれた子がDV(配偶者などからの暴力)の家庭に育つことだと思います。「親しい人に危害を加えることは悪くない」という考えのもとで育ってしまうので。
金井 子供達がそういう境遇で育った場合、集団生活などで上手くいかないことが必ず表面化する。その時ある程度早い時期に良い環境に置いてあげると、子供の可塑性(外的刺激に柔軟に対応する性質)は非常に高いから効果が出ます。僕は15年間の児童相談所勤務でそういう子を大勢診て、子供の可塑性はとても高いと実感している。
僕の師匠が、ある子を5歳の時に1回だけ診た。そして僕がその子が17歳の時に診た。僕が何で5歳の時と同じ病院に来たの?と聞くと、その先生と5歳の時に会って、とても良い気持ちがしたからと。そういう出会いって、子供にとって大きい。その子は、5歳の時その先生と折り紙で鶴を折ったことを17歳になっても覚えていた。ある意味でとても重症な子だったけれど、多分その出会いが17歳まで生きて来られた肥しの一つだったんでしょうね。だから、子供達にそういう出会いがあればと思う。
(終)