2019年9月

便利なアプリがあると友達に教えてもらって、新しいアプリをスマホにインストールした。「さんあーる」とひらがなで書くと何のアプリかわからないが、それはリデュース、リユース、リサイクルの頭文字をとった3R。「さんあーる」はゴミ分別の無料アプリである。
スマホに入れておけば、ゴミの日に通知が来る。ゴミの出し忘れ防止にとても役立つ。まだ参加自治体が多くなくて全国どこでも使えるわけではないらしいが、幸いなことに津市は大丈夫。町名を指定すれば、燃やせるゴミ、資源ゴミというように、間違いなく回収日を教えてくれる。
分別に困ったときも調べられる。例えば雨合羽を捨てるなら、オルガンを捨てるならと検索できる。てのひらでゴミ情報。
ゴミの捨て方は難しい。津市は結構細かく分別する自治体だろうが、ほとんどを燃やしてしまって、その他は破砕粗大ゴミという扱いの自治体もある。生活の場所が変わるだけで全然違う。転居したばかりの人には特に役立つアプリだと思う。
日本語以外にもいくつかの言語に対応しているそうで、グローバルに人が移動する時代に必要なことだ。
ただ、このゴミ分別アプリの情報が、私の場合は友達経由で入ってきたけれど、アプリの存在を知らない人も多いだろう。他の言語を使う人たちにもうまく伝わっているだろうかとは思う。
(舞)

久居ライオンズクラブ主催の「ひさいハロウィンパレード2019」が10月27日㈰11時~(受付10時半~11時)、久居駅東口~本町通りの約1㎞のコースで催される。
10月14日まで参加者を募集中。先着500名。参加費無料。参加条件は仮装していること。年齢制限なし(小学3年生以下は中学生以上の保護者同伴)。
集合場所は久居駅東口のハチ公前(緑の風公園内)。11時から全体の集合写真やパレード、コンテストの説明。11時半からパレード。パレード順に本町通りで仮装の審査が行われ、13時(予定)から二ノ町会場メインステージ(のべの神社駐車場)でコンテスト結果発表。優秀賞は5万円相当。
申し込みはホームページ(「ひさハロ」で検索)から。

以前の「せんべろ」のメニュー

以前の「せんべろ」のメニュー

津市大門商店街の通称「ランタン通り」と大門地区で10月5日㈯、飲み歩きイベント「せんべろ~偶数月に一度の呑んべえ企画~」の第5回が開催される。         主催はランタン通り実行委員会。
「せんべろ」は、1000円も出せばべろべろになるほど酒が飲めるという意味。
この企画は、同実行委員会が、同商店街に賑わいを取り戻そうと昨年12月にスタートしたもの。現在は偶数月に1回、土曜日に開催されている。
今回は、新たに参加する「おでんのオサム」、立ち飲み居酒屋「Wakoo」と、「キャンプバー・ランタン」「歌声サロンまりりん」「串揚げまるう本店」「ベトナムカフェ アンコムチュア」「柳寿司」の計7店舗が参加。それぞれが趣向を凝らした、お酒とおつまみの「せんべろメニュー」が堪能できる。料金は各1000円。
開催時間は17時以降。各店の営業時間に準ずる。
問い合わせはランタン通り実行委員会(キャンプバー・ランタン)☎059・253・0125へ。

[ 4 / 13 ページ ]« First...23456...10...Last »