10月20日㈰13時~16時(12時開場)、クラギ文化ホール(松阪市民文化会館)で「みんなの学校づくりフェスタ」が催される。主催=同実行委、松阪市教育委員会。共催=松阪市。
市内で活発に行われている学校支援活動の取り組みについて参加者が学び合い、よりよい実践を各小中学校に広げるとともに、子供を中心に学校・家庭・地域が連携・協働する体制づくりが目的。
参加対象は、保護者や地域住民など学校支援活動に興味のある人。
内容は次の通り。何れも参加無料。
▼地域とともにある学校づくりを考えるフォーラム=ホールで13時~16時。コミュニティ・スクール実践発表(出演は天白小学校、飯高中学校の各学校運営協議会)と、パネルディスカッション「地域とともにある学校づくりの今とこれから」。パネラーは、高校生、学校・家庭・地域の各代表。助言者は京都大学特任教授の小松郁夫さん。
▼みる!きく!はなす!みんなの活動紹介&体験コーナー=ロビーで12時~13時30分。市内の小中学校で行われている学校支援ボランティアの活動を紹介する。内容は登下校の安全見守り、本の読み聞かせ、本の修理工房、学習支援、体験活動支援など盛りだくさん。
子供たちが楽しめる企画「木のボールプール」「こども免許証」「スタンプラリー」もある。
問い合わせは松阪市教育委員会事務局学校支援課☎0598・53・4398へ。