降下した米兵の末路

 

(前回からの続き)
4「養正小学校〔当時〕の運動場から西の空を見た時、B29が1機、火を吐きながら東の方へと飛行している。まもなくパラシュートが1つ開いた。これを見た多くの人が竹槍を持って、津公園の桜道をパラシュートを目指して走った。腰の曲がったおばあさんまでもが、『突き殺したる』と走った。民衆に捕えられたアメリカ兵に『殺せ』『殺せ』という罵声が浴びせられた。憲兵が静止し、どこかへ連行していった」〔津市、中川氏〕
5「私は当時国民学校の2年生でしたが、火を吐いて飛行するB29と降下してゆくパラシュートは、今でもはっきりと覚えています。皆んな竹槍をもって飛行兵をやっつけたると息巻いていました」。〔津市、T氏〕
6「私が国民学校の5年生で13歳の時でした。降下するアメリカ兵を見た時、友達と木刀を持って御山荘橋を走って渡り、パラシュートを目指しました。私は当時『新道』(現在の養正小学校のあるあたり)に住んでいました」〔津市、石井昭氏〕
7「昭和20年初夏。大里地区の旧伊勢街道の松並木の伐採し、松根油製造のため松の太い根を掘り起こし中、B29が煙をあげながら上空を通過、伊勢湾方面へ高度を下げていきました。パラシュートで降下するのを目撃し、仲間の数人が落下点の方へくわ(鍬)をかついで走りましたが、小生連日の食糧難で空腹の為行く気にならず、あとどうなったか知りませんが、聞くところによると鬼畜米英をこらしめる為、大分なぐったようです」〔津市、小松氏〕
8 石川慶男氏の手記、「パラシュート降下した米兵。学徒動員中の数々の恐怖の体験と言えば、B29の集中爆撃を思い出すが、その他に、鮮やかに思い出に残る出来事がある。
昭和20年5月14日は、五月晴れの青空の美しい日であった。三菱航空機津工場へ出勤後、程なく警報が発令された。それは連日の事で、作業を中断して工場西方の山林へ避難するのが日課となっていた。
池の岸辺に寝ころんだり、雑談をしていた。その日もB29は京阪神方面を攻撃目標にしているのか、上空はあくまで青く静かであった。やがて何事もなく空襲警報解除かと思った頃に、西方よりB29が1機、白煙を引きながら、我々の頭上に向かって飛行して来る。よく見ると、エンジンより火を吹き、高度を下げて伊勢湾目指して逃走中と思われた。更に、機体後部より、白いパラシュートが1つ開き、まるで、一輪の花のようにゆっくりと、降下して来るではないか。
我々は、一瞬に見とれていたが、『アメリカ兵が降りて来るぞ』と、大声をあげて走り出していた。私もその一人であった。
落下地点は、予想外に遠く、現在の津商業高校あたりであったようで、息切れして、歩き始めたら、群衆に囲まれて、憲兵に引き立てられた米兵に出会った。
米兵は作業服のような軽装で、体格も血色もさすが良かったように思った。取り囲んだ群衆は、殺気立って、米兵に暴行しようとしたが、憲兵が制止していた。憲兵にガードされた米兵は、何処かに無事連行されて行った。私は憎しみとともに内心ほっとした事を覚えている。
(次回に続く)