若手の創業者への手厚いサポートを行う「もちいどの夢CUBE」を見学

若手の創業者への手厚いサポートを行う「もちいどの夢CUBE」を見学

キトラ古墳壁画体験館 四神の館で説明を受ける原田部会長(右)

キトラ古墳壁画体験館 四神の館で説明を受ける原田部会長(右)

津商工会議所社会文化部会(原田陽介・部会長)は、10月10日から2日間、毎年恒例の県外視察見学会を行った。
中心市街地の空洞化は全国共通の問題だが、全国には斬新な発想と、行政や市民、商業者が協働して商店街や中心市街地の活性化に成功した事例があり、同部会は毎年、そんな成功例を視察して情報を収集し、津市のまちづくりや賑わい創出に生かせるヒントを勉強している。現在までに北陸4県、岡山県、四国、長野県などを視察した。
今年は、新たな時代の幕開けとなった令和元年に因み、日本の発祥の地と言ってもいい奈良県明日香村を訪れた。
初日は、今年7月23日に国宝に指定された特別史跡キトラ古墳壁画(7世紀末~8世紀初頭)と石舞台古墳を見学。古代のロマンに触れると共に日本人としてのアイデンティティを再確認した。 続いて訪問した奈良市役所では、観光戦略課職員から同市の観光施策についての講話を受けた。
翌日の午前中は奈良市餅飯殿町の「奈良もちいどのセンター街」へ。大型店の撤退に伴う商店街の空き店舗対策として、商店街自らが土地を購入し、インキュベーション施設「もちいどの夢CUBE」を作り、若手の創業者への手厚いサポートを行うことで商店街活性化や空き店舗減少に成功した。
午後からは同県大和高田市の片塩商店街へ。商店街の方向性を「お年寄りに優しく、元気になる商店街」と定め、新たに設立したまちづくり会社による空き店舗への出店交渉の仲介や、高齢者の健康維持や交流の場を提供する「片塩わかがえりーな」を設置し、商店街への集客、空き店舗減少を成功させた。
一行は地元の食材を使った食事も楽しみ、帰津した。