潮音寺住職の村上英俊さん

潮音寺住職の村上英俊さん

「真宗高田派 乙部山 潮音寺」=津市中河原=住職・村上英俊さん(49)=に、今年4月、同寺境内に開園した永代供養の樹木葬霊園「結びの丘」についてインタビュー。
──潮音寺は、ヨガなど多彩なイベントを開催し地域に開かれていますが、結びの丘も開放的な
明るい雰囲気ですね。
村上 寺は本来、人と人の出会いの場。また「生」と、世間で忌み嫌われがちな「死」についても自然に話せる場です。私は、「孤独」が社会問題となる中、当寺や結びの丘を人のご縁を繋ぐ場所にしたいんです。
また結びの丘は、公園に散歩に来るような気持ちで訪れてもらいたいと思い、天然芝を敷きハナミズキの木を植えました。墓石は、宮城県の石神彫刻工房が岡崎産の白御影石を使い手彫りする「お結びさん」という優しい表情の地蔵で、故人を供養する方々の心を癒しています。
血縁関係のある家族が入る従来の墓の様式は、江戸時代にできたもの。現代では少子高齢化などの影響で承継に悩む人が多いため、永代供養の需要は高い。結びの丘は、一緒のお墓に入りたいという同性カップルの方々も利用してもらえます。
──利用者と交流された感想はいかがですか。
村上 生前契約をしたことで安心し「これで長生きできる」とおっしゃられたり、すごく生き生きとされたりする。そういう姿を見ると、本当に良かったなと思います。
──自身の死後にしっかり備えることで、前向きに生きられるようになられたんですね。今後の抱負を聞かせて下さい。
村上 結びの丘を、訪れる人が、終活の専門家とも繋がる場所にしたい。また、介護施設と連携していきたいです。
──ありがとうございました。

 問い合わせは☎059・228・9090へ。
ホームページ(「津市
潮音寺」で検索)からメールも可能。