潮音寺住職の村上英俊さん

潮音寺住職の村上英俊さん

「真宗高田派 乙部山 潮音寺」=津市中河原=住職・村上英俊さん(49)=に、今年4月、同寺境内に開園した永代供養の樹木葬霊園「結びの丘」についてインタビュー。
──潮音寺は、ヨガなど多彩なイベントを開催し地域に開かれていますが、結びの丘も開放的な
明るい雰囲気ですね。
村上 寺は本来、人と人の出会いの場。また「生」と、世間で忌み嫌われがちな「死」についても自然に話せる場です。私は、「孤独」が社会問題となる中、当寺や結びの丘を人のご縁を繋ぐ場所にしたいんです。
また結びの丘は、公園に散歩に来るような気持ちで訪れてもらいたいと思い、天然芝を敷きハナミズキの木を植えました。墓石は、宮城県の石神彫刻工房が岡崎産の白御影石を使い手彫りする「お結びさん」という優しい表情の地蔵で、故人を供養する方々の心を癒しています。
血縁関係のある家族が入る従来の墓の様式は、江戸時代にできたもの。現代では少子高齢化などの影響で承継に悩む人が多いため、永代供養の需要は高い。
──利用者と交流された感想はいかがですか。
村上 生前契約をしたことで安心し「これで長生きできる」とおっしゃられたり、すごく生き生きとされたりする。そういう姿を見ると、本当に良かったなと思います。
──自身の死後にしっかり備えることで、前向きに生きられるようになられたんですね。今後の抱負を聞かせて下さい。
村上 結びの丘を、訪れる人が、終活の専門家とも繋がる場所にしたい。また、介護施設と連携していきたいです。
──ありがとうございました。

 問い合わせは☎059・228・9090へ。
ホームページ(「津市
潮音寺」で検索)からメールも可能。

11月24日㈰14時~16時10分(開場13時半)、津市一身田大古曽の三重県人権センター多目的ホールで「パーキンソン病市民公開講座」が開かれる。参加無料。申し込み不要。先着230名。主催=全国パーキンソン病友の会三重県支部。
第1部は講演(14時~14時40分)=①「医療と介護のリハビリの連携を目指して」・演者は、ますずがわ神経内科クリニックの真鈴川聡医師。
②「進行期パーキンソン病治療県内の現状について」・演者は、三重大学大学院医学系研究科・神経病態内科学・学内講師の松浦慶太医師。
特別講演(14時50分~15時40分)=「パーキンソン病の最新治療について」・演者は、順天堂大学医学部附属練馬病院・脳神経内科先任准教授の下泰司さん。
第2部は、質問コーナー(15時40分~16時10分)=医師らがパーキンソン病について会場の質問に応える。
問い合わせは、同三重県支部の森寺支部長☎059・388・5008へ。

三重調理専門学校教員(右から2人目)や三重県職員(右)と一緒に、お握り作りを体験する台湾の教育関係者

三重調理専門学校教員(右から2人目)や三重県職員(右)と一緒に、お握り作りを体験する台湾の教育関係者

前菜の調理を指導するカバレロ氏(左)と学生たち

前菜の調理を指導するカバレロ氏(左)と学生達

津市大谷町の学校法人大川学園・三重調理専門学校で10月29日、フランス国立調理養成学校教授のジェラール・ピエール・カバレロ氏を講師に迎えて、フランス料理特別講習が行われた。1・2年生の学生54名が参加。
カバレロ氏は、フランス料理界で最高峰の仏国最優秀料理人賞受賞者。講習ではカバレロ氏がコース料理の調理を実演し、続いて学生が前菜の「きのこのロワイヤル きのこのクリームスープ仕立て」を調理。カバレロ氏は、食材と調理器具を大事にすることなどをアドバイスした。1年の森岡真人さん(18)は「カバレロさんの料理のとても綺麗な盛付を見て、盛付をもっと勉強せなあかんなと思いました」。

また10月30日、三重県と和歌山県が受け入れた日台教育旅行の一環で、台湾の高校の校長ら6名が同校でお握りなどの日本料理の調理を体験。参加した江耀宗さんは「普段日本料理は食べるだけなので、作ったことは意味がある。私達が今回日本で色々体験し、良いと思ったら生徒にも教育旅行で体験してほしい」。

[ 10 / 11 ページ ]« First...7891011