情報発信コーナーで観光案内している朝倉さん(右)らボランティアガイド

情報発信コーナーで観光案内している朝倉さん(右)らボランティアガイド

津市内のボランティアガイド13団体で組織する「津観光ガイドネット」の会員が、「道の駅津かわげ」内にある情報発信コーナーで、2016年4月の開駅当初から当番制で毎日、来場者に観光案内を行っている。
2019年9月までに案内した人数は3万4000人以上。熱心な活動で、津市の観光振興に貢献している。
案内は毎日9時半~16時に実施。現在は1日1人~2人体制で、2018年度は63名のガイドが当番に参加した。
同コーナーでは、市内各地域のパンフレットが種類豊富に用意されているほか、名所や行事などを紹介するDVDを上映。
コーナーを訪れるのは県外からの観光客が多く市内全域のことや、市外の観光地へのルートについても質問があり、ガイドたちは同ガイドネットの研修会などで学んだ知識や、積極的に集めた市内外の観光情報を生かして対応している。
津城跡や高田本山専修寺などの名所や、花見・紅葉スポットを紹介したり、津名物のうなぎについて話すことも。
また、当番は来場者に聞かれたことなどを日誌で共有し、きめ細やかなおもてなしに生かしている。
12月20日に当番を務めた安濃津ガイド会会員の朝倉征子さん(79)は、観光以外のことに関する質問にも、タブレット端末も使ってできる限り応えているそう。
「それとなくお声がけしてその方の興味のあることについて教えてもらったり、話を繋げるのが好きなんです。『津は、いっぱいええとこあるでな~!』とPRさせてもらっています」と朝倉さん。