発達障害のリアルを当事者・専門家らが語る対談連載。発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違うために幼いうちから現れる様々な症状。出生率は数十人に一人と言われる。発達障害を持つ子の支援に繋がる「発達検査」「自閉症疑似体験」について心理士の米田奈緒子さん、当事者の母・堀井真由美さんが語る(敬称略)。

 

堀井真由美 さん 2児の母。次女は広汎性発達障害。こんぺいとう(旧SAS鈴鹿自閉症勉強会)代表。当事者の親同士を繋げるためランチトークを催している。

堀井真由美 さん
2児の母。次女は広汎性発達障害。こんぺいとう(旧SAS鈴鹿自閉症勉強会)代表。当事者の親同士を繋げるためランチトークを催している。

米田 私たちFACEは、三重県内の公的機関で発達検査を行っています。この検査の知名度が上がったこともあり、受検希望者や、1度受けて1年半後に変化を検証するため再度受ける人も増えてきました。
私がとても嬉しかった事例なんですが、低学年のとき落ち着きがなく親も大変だった子が、高学年で検査を受けて中学での支援に繋げ、先日3回目の検査をしたら落ち着きのなさがほとんど見られなくなり、高校受験に向かっていたんです。学校と家庭が連携し、早期の診立てと支援が適切に行われると子供はこんなに変われるんだなと実感し、これは頑張らないとと改めて思いました。
発達障害を持つ子の支援策に悩んでいた教師や保護者が、「発達検査によって光が見えました」とおっしゃられることもあります。例え厳しい検査結果であっても、きちんと受け止めてもらえれば、適切な支援を始めるきっかけになり得ます。
堀井 こんぺいとうからも、FACEさんに、中学生や高校生になってから周囲

米田奈緒子 さん (一社)家庭教育研究センターFACEふぁす=鈴鹿市=代表。臨床発達心理士。三重県内の公的機関で発達検査を行っている。3児の母。

米田奈緒子 さん
(一社)家庭教育研究センターFACEふぁす=鈴鹿市=代表。臨床発達心理士。三重県内の公的機関で発達検査を行っている。3児の母。

になじめないけれど精神科を受診するのはハードルがとても高いと感じている子を、何人か紹介しましたよね。
こんぺいとうでは、自閉症の人の見え方や聞こえ方を疑似体験してもらうキャラバンを行っています。「こういう見え方、聞こえ方の人もいる」という知識が頭の片隅にあるのとないのとでは、実際出会ったときの接し方が違ってくる。「こういう行動をしているのは、こういう風に見えているからかも」と思ってくれると、親としても、子供と一緒に街に出るのが楽になります。
米田 コンピューター技術が進む中で「認知」という言葉が注目され、もしかしたら一人ひとり全然違うものを見て・聞いているのではという考えがやっと一般的になってきましたよね。例えば「赤色」も、自分が思う赤と他の人が思う赤は、違う色かもしれない。その傾向がすごく強い子には、ただそこに居ることがすごくしんどい。本人にその状況にある程度慣れてもらいしんどさを緩和することと、周りが理解することの両方が必要です。 (次回に続く)