ときめき高虎会の令和元年度第4回講演会が2月15日㈯13時半~15時、津センターパレス2階会議室で開かれる。
講師は、三重大学教育学部大学院地域イノベーション学研究科の藤田達生教授。演題は「江戸時代の設計者─藤堂高虎─」。
徳川家康・秀忠の側近として藩を構想した立役者、藤堂高虎。幕藩体制成立期にあって藤堂藩の誕生の意味を明らかにする。
入場料は無料、先着60名。申し込み不要。参加費は同会員は無料。一般は資料代として500円。
問い合わせは同会代表の小林貴虎さん☎090・1751・5460へ