津ぎょ小メンバー(右)と、津ぎょうざを味わう児童