遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

今年度、結成60周年を迎えた津ライオンズクラブ(以下、LC。杉田真一会長。会員100名)が4月4日、津市あのつ台の市営の公園・中勢グリーンパークに幼児用滑り台1基を寄贈した。
津LCは、毎年、環境清掃活動、薬物乱用防止教室をはじめ、盲導犬育成資金のためのチャリティイベントや、子供参加のスポーツイベントなど様々な奉仕活動に取り組んでいる。創立50周年には、中勢グリーンパークに128本の桜の植樹をして以来、時計台の設置、55周年時は遊具(ブランコ)の寄贈、清掃活動など10年間にわたり取り組んできた。
今回の遊具の寄贈は60周年記念事業の一つ。昨年11月10日に同公園で開かれ、1万8千人を集客した大規模イベント「ザ・カーニバル」で出店業者と市民から募ったチャリティ金約50万に同LCの寄付金約170万円を合わせた約220万円を使って設置した。
寄贈式当日は、朝からLCメンバーが公園をきれいに清掃した後、杉田会長から前葉津市長に目録が手渡された。
杉田会長は「感染が拡大する新型コロナウィルスの一刻も早い収束を願うと共に、多くの市民が集まり、笑顔が絶えない公園に育っていければ」と挨拶。 前葉市長は「この公園は年間12万6千人が利用する。今まで取り組んで頂いたの奉仕活動と共に深く感謝申し上げる」と謝辞を述べた。