「う結び」を手にする鵜飼さん(左)と杉本さん