和風サンドイッチの店「間」の商品(イメージ)

和風サンドイッチの店「間」の商品(イメージ)

旬の国産魚を使った和食の店「魚九」=津市の大門大通り商店街内=の3代目・河合富貴さん(34)と、妻の勝子さん(29)が作る和風サンドイッチの店「間」が、30日㈯・31㈰に魚九の店舗で4種類のサンドイッチを販売する。要予約。
富貴さんが玉子や魚などで作る具と、勝子さんが作る食パンを合わせたサンド。
勝子さんは広島県出身で、地元の大学に通っていた頃、アルバイト先の和食店で、修業中だった富貴さんと出会った。
富貴さんは努力家で、当時から真面目に料理に励み、調味料を時間をかけて作るなどこだわりを貫き和食の道をまい進。そんな姿を見てきた勝子さんは、富貴さんが作る美味しくて栄養もある和食を仕事などで忙しい人にも手軽に食べてもらいたいと昨秋、「間」をスタートした。店名の由来は、勝子さんが、富貴さんと消費者など周囲の人との「間」に立ち、富貴さんの和食を控え目な本人の分までPRしていること。
これまでに津市内のイベントなどで不定期に販売。またサンドの具材を研究するなどして改良にも取り組んできた。今後は月1回ほど、魚九で予約販売を行う予定。
「手軽なサンドイッチで、1人でも多くの方に夫の料理を召し上がって頂けたら」と勝子さん。
◆30日・31日に販売するサンドイッチは──
▼魚九のだし巻き玉子サンド(250円)=間サンドの看板商品。だし巻き玉子は自家製の出汁をたっぷり使用し、一つひとつ手焼きしている。
▼鯖の塩焼きサンド(400円)=鯖は、あえて和食ならではのシンプルな技法で塩焼きする。特製胡麻ソースがポイント。
▼白鷺サーモンのコロッケサンド(400円)=姫路市の坊勢島で海水養殖されている「白鷺サーモン」をほぐして入れたコロッケのサンド。
▼豚角煮のポテトサラダサンド(400円)=じっくり時間をかけて炊いた豚角煮を使用。
価格は全て税別。
◆予約は☎津228・2810へ。希望の受け渡し日(30日または31日)・時間(12時~)、氏名、電話番号、希望のサンドと個数を伝える。
当日ではなく早めの予約がおすすめ(予約数次第で、早めに受付を終了する場合あり)。
※火曜定休。