認知症になっても安心して暮らせる町づくりを目指して──
非営利市民活動団体だいじこファミリーが「認知症サポーター養成講座」の受講生を募集している。協力=在宅介護支援センターつまちなか地域総合相談センターシルバーケア豊寿園。
同サポーターは、認知症を正しく理解し、身近に認知症の人やその家族と出会った時にそっと見守る、そっと手助けする応援者のことをいう。同講座は、そんな応援者が地域にたくさんいることを目指して開かれる。
「こんな時はどうしたらいいんだろう?」「認知症って聞いたことがあるけど、どんなこと?」…そんな疑問解決のヒントとなる。
開催日時=6月21日㈰10時半~12時。津センターパレス2階中央公民館・研修室Aにて。
定員=20名(最少催行人数5名)。
対象=関心がある人ならだれでも参加可能。年齢不問。
講師=介護支援専門員
内容=座学60分~90分、認知症サポーターキャンペーンビデオ約15分、認知症という病気の理解や認知症の人との接し方・付き合い方…等々。
※受講者には認知症サポーターの証となるオレンジリングを進呈。
申し込み・問い合わせは担当のTSUぶ☆あん子さん(野田啓子さん)☎090・7300・5840。参加費=無料。
尚、状況により中止になる場合もある。