DSC_1931 学校法人・大川学園理事長の大川吉祟さん(79)がこのほど、昭和30年(1955)、7月28日に津市中河原海岸で水泳訓練中に女生徒36名が溺死した橋北中学校水難事件について詳述した著書「語り伝えたい話 1955の夏」を伊勢新聞社から出版した。
大川さんは当時、同中学校2年生。リアルタイムで事件を肌で感じていた事もあり、平成16年に同級生らで「50回忌準備委員会」を組織、同年7月18日に法要を営み供養した。その過程で、同事件に関する資料の少なさに驚き、加えて教育組織(津市教委、三重県教委、教職員組合)が意識的に忘れようとしている、または無視されている傾向にあると思わざるを得ない実態を知る。
「この水難事件は戦後、学校の水泳教育の在り方を問いかけた一大事件であり、全国の小中学校、高等学校へのプール施設の必要性を訴える原点事例となっただけでなく、競技スポーツ全般まで見直し、その後、世界に競技としての水泳日本の礎となった」と捉え、「色々な歴史の積み重ねがあって今があり、未来がある。当局にとって負であれ正であれ、公文書として公共事業体に残す事が必要」と執筆の動機を語る。
また「今を生きている我々は、先祖の誰一人として欠ける者がいなかったから存在する。36人の死は彼女らの子孫に受け継がれる事を遮断させた。彼女らの命をつなぐのは、当時の資料がまとまってない事や、教育現場で語られる事がないだけに、事件を知る一人として語り継ぐ事が重要」と、同級生ならでは心情も。
内容は、50回忌の準備や当日の詳細な記録をはじめ、事件当時やその後の各新聞記事、同級生の想い、事件の関連文章。さらに、事件発生からその後の裁判の流れ、学校教育への影響、事件回顧などをまとめた2005年・日本教育法学会第35回総会自由研究発表での故・竹田友三氏(事件当時の県教職員組合所属)の報告など、多方面から集めた資料を分かりやすく編集している。
大川さんは「県民・市民に興味を抱いて手に取ってもらい内容を知ってもらうのが主目的。次代の皆さんに生き方に関わる遺産として、知らないでなく、生き方を考える参考の一つに加えて受け継いでほしい」と語る。246頁。県北中南勢の書店で取扱い。