3日、陸上自衛隊久居駐屯地の第33普通科連隊は、向田俊之連隊長兼駐屯地司令(45)の着任式を行った。
向田連隊長は石川県出身。平成10年に防衛大学を卒業後、第30普通科連隊(新潟)に配属。第22普通科連隊(宮城)、陸上幕僚監部などを経て、前職は北部方面総監部(北海道)の防衛課長。
隊員約500名が出迎える中、壇上に上がった向田連隊長は「歴代連隊長を始め、多くの方々が心血を注ぎ育て上げた歴史と伝統ある第33普通科連隊は、現在、我が国の置かれている安全保障環境の元、いついかなる任務を与えられても即応して完遂しなければならない」と訓示を行った。連隊長統率方針は「任務完遂」。連隊長要望事項は「自己の職責を全うせよ」。駐屯地司令要望事項「風通しよく」。