津なぎさまちで清掃活動する市野さん(左奥)と参加者

津なぎさまちで清掃活動する市野さん(左奥)と参加者

8日、津商工会議所青年部=別所孝晃会長=と、同女性会=加瀬由美子会長=は合同で「東京オリンピック、三重とこわか国体に向け、アスリートと一緒にクリーンアップ大作戦!」を開いた。
11月11日はYEGの日として、全国の商工会議所青年部が様々な催しを行っており、その一環。来年の東京オリンピック・三重とこわか国体・三重とこわか大会に向け、世界と津市を結ぶ玄関口である津なぎさまちで清掃活動を計画した。
イベントは2部構成で1部は陸上男子800mで五輪強化選手に指定されている津市河芸町出身の市野泰地さんによる講演。市野さんは単身渡米して、クラブの仲間たちからスポーツを楽しむ大切さを学んだことを語ったり、運動の要素を取り入れた健康的な身のこなしをアドバイスした。
その後、一行は津なぎさまちへ移動。津市の国体・障害者スポーツ大会推進局の職員たちも合流し、旅客ターミナルや駐車場に落ちているゴミを拾うなど、清掃活動を行った。