水厳かに 津市芸濃町椋本出身の文筆家・伊藤裕作さん(70)の歌集「心境短歌 水、厳かに」が人間社より出版された。189頁。1650円(税込)。
伊藤さんは、津高校を卒業後、寺山修司への憧れから彼と同じ早稲田大学教育学部へ入学。寺山を真似て短歌も始め、早稲田短歌会に所属。卒業後は風俗ライターとして活躍し、裏社会を生きる現代の娼婦たちのはかない生き様を描いた著作も発表している。還暦となる60歳を機に故郷に恩返しがしたいと、東京と芸濃町行き来する生活を開始。地元有志と「芸濃町を芸濃い町にする会」を立ち上げ、東京の劇団の公演を誘致するなど文化振興にも貢献。津市文化奨励賞、斎藤緑雨文化賞も受賞している。
古希という節目に出された歌集は、早稲田大学時代の初期作品による起の章、風俗街を飛び回っていた1988年に発表した短歌集の作品による転の章、還暦から再び読み始めた歌をテーマ毎にまとめた転の章、60歳~69歳から詠んだ歌を年代別にまとめた合の章の4部構成。社会の表と裏の狭間を垣間見続けてきた伊藤さんならではの鋭い視点で描かれた550首を収録。
合間のエッセイ「この世の果てまで、こぼれてゆけ」は、人生の終わりを思い描けず苦悩する伊藤さんの心に振ってきた親交の深い劇団・水族館劇場の作品のセリフを表題にしている。そのセリフを胸に、古希を前にピースボートでこの世の果てをめざす旅に出た伊藤さんが、真宗の教えを礎に、人生の終わりをイメージするまでの様子も描かれている。
本は書店のほか、アマゾンなどでも購入可能。

ya200402A ya200402A2 ㈱シエン(津市末広町1─11 隅谷利光代表取締役)は、観賞用の光るきのこヤコウタケ栽培キット(製造・㈱岩出菌学研究所)を4月20日(月)から、店頭と自社のウェブショップの「ガルガルガール・ウェブ・ショップ」で個数・期間限定で販売している。
ヤコウタケは、小笠原諸島の父島、伊豆諸島の八丈島に自生し、降水量の多い5月~6月に緑色に発光することで知られる。光るきのこの中では一番明るく、本の字が読めるほど。
栽培キットは、付属の容器に種菌を仕込み、温度と湿度を管理することで、約3週間で成長し、2日~3日間ほど光るという。小学生高学年の子どもが一人で栽培管理を出来るように工夫されている。
キット内容は=種菌、腐葉土、スポイト、栽培容器、説明書(記録用紙付)。
価格は税込2750円(送料別途)。販売期間は5月29日まで(但し限定数に達し次第終了)。
店頭での販売時間は平日(月~金)9時~12時、13時~17時。
ガルガルガール・ウェブ・ショップはgargalgirl.com
問い合わせはシエン☎059・213・0404。

遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

遊具の前で津LCメンバーで記念撮影

今年度、結成60周年を迎えた津ライオンズクラブ(以下、LC。杉田真一会長。会員100名)が4月4日、津市あのつ台の市営の公園・中勢グリーンパークに幼児用滑り台1基を寄贈した。
津LCは、毎年、環境清掃活動、薬物乱用防止教室をはじめ、盲導犬育成資金のためのチャリティイベントや、子供参加のスポーツイベントなど様々な奉仕活動に取り組んでいる。創立50周年には、中勢グリーンパークに128本の桜の植樹をして以来、時計台の設置、55周年時は遊具(ブランコ)の寄贈、清掃活動など10年間にわたり取り組んできた。
今回の遊具の寄贈は60周年記念事業の一つ。昨年11月10日に同公園で開かれ、1万8千人を集客した大規模イベント「ザ・カーニバル」で出店業者と市民から募ったチャリティ金約50万に同LCの寄付金約170万円を合わせた約220万円を使って設置した。
寄贈式当日は、朝からLCメンバーが公園をきれいに清掃した後、杉田会長から前葉津市長に目録が手渡された。
杉田会長は「感染が拡大する新型コロナウィルスの一刻も早い収束を願うと共に、多くの市民が集まり、笑顔が絶えない公園に育っていければ」と挨拶。 前葉市長は「この公園は年間12万6千人が利用する。今まで取り組んで頂いたの奉仕活動と共に深く感謝申し上げる」と謝辞を述べた。

[ 30 / 72 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »