前葉泰幸津市長インタビュー(上)。昨年、全世界を襲い、津市民の生活や地域経済にも大きな影響を与えたコロナ禍。第三波が到来する中、津市を取り巻く状況や課題にどう対処していくかについて聞いた。            (聞き手・本紙報道部長・麻生純矢)

 

 

前葉泰幸津市長

前葉泰幸津市長

─明けましておめでとうございます。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大が津市にも大きな影響を与えました。新年早々、明るくない話題で申し訳ないのですが、市としての対策や市内の状況についてお聞かせ願えたらと思います。
また、健康面での不安だけでなく、収入が減ったり、職を失うなど経済的な面でも多くの悩みを抱えている市民も多いと思います。収束に向け、どのような取り組みを展開していくか改めて教えてください。
市長 第三波到来で、いつどこで感染者が出てもおかしくありません。職場、県外の発症者との濃厚接触者、家庭内での感染、保育士からの感染など色々な場所で感染が出ています。県庁や三重大学でのクラスターなどもありました。津市としては三重県、津保健所と連携を取りながら、正確な情報をお知らせし、誹謗中傷、噂、根拠のない情報の流布を止めなければなりません。SNSで拡散されるフェイクニュースを否定するのは、とても大変なので、個人情報に配慮しながら出来る限り正確な情報を出していくのが大切です。
もう一つは、正しい理解を改めて市民にお願いしないといけないと思っています。例えば、濃厚接触者になった生徒・児童は陰性であっても2週間休まなければなりません。親として行かせたい気持ちはあると思いますが、自宅待機中に熱が出たので再検査したら陽性だったというケースもあります。陽性者が入院後に自宅に戻って、職場復帰しようとした時に念のために検査を受けたら再陽性というケースも。ということは、入院した後の宿泊療養施設が必要だとわかります。ルールとして決められていることには根拠があるので、その考え方に沿った行動が大切です。
経済への影響は非常に大きく、昨年の緊急事態宣言が出た頃は、市民全体へのインパクトが大きかったので、給食費や水道料金の無料化などをやりました。全員がステイホームだった時期から、Go Toキャンペーンなども始まるなど、社会を動かしながらの感染防止対策が課題になった。社会が動いている以上、経済界は、まだら模様になっています。とても上手く行き始めた人と、相変わらず難しいと思う人、観光業界などは一旦良くなったけれど、またダメになっている人もいます。よりきめ細やかな対応が必要です。
時間軸で考えると、個人事業主や中小企業を対象とした持続化給付金は5月から始まり、給付基準に満たない会社は津市独自の給付金を出す対応もしました。一律10万円の定額給付金にしても今から数えると、だいぶ前の出来事です。現在では支給された200万円を使い切った会社は沢山あるので、次の一手を考える必要があります。国は一人親への支援の二回目をやっています。時間軸に沿った対応が必要ですし、個人や会社の状況によっては、出来る限り丁寧に対応をしていく必要があると感じています。
─飲食業界からも「もうもたない」という声も聞こえてきます。感染拡大防止と経済の両立は二律背反する要素もあるので、非常に難しい判断ですが、理想だけではいけないと思います。
市長 昨年に休業したセンターパレスの都シティ津も、なんとか継続したいと関係者には努力をして頂きましたが、お客様からのご利用に対して、必要な経費が賄えない状態になっていて、一旦止めるという決断になりました。
個人の飲食店は、何もしなければ、収入を得られなくなってしまいます。そこをどうやって支援するか。次の一手を早く打たなければならないと考えています。
(次号につづく)

調印書を手に前葉市長(左)と西口さん

調印書を手に前葉市長(左)と西口さん

12月25日、津市役所4階庁議室で、津市と㈲岡村=松阪市山室町=が高齢者の見守りに関する協定を結んだ。
津市は平成26年度から食品の配達や電気・ガスなどのインフラ関係、保険・金融関係の事業者と協定を結んでおり、今回が39番目。日常的に巡っている家の電気が消えていたり、郵便物がたまっているなどの異変に気付いたら、津市への報告を行うといった内容。同社は「岡村とうふ」のブランドで知られており、車で様々な地域をめぐって豆腐などの移動販売を行っている。購買層には高齢者も多いため、会社をあげて高齢者の見守りにも力を入れており、県内各地の自治体とも協定を結んでいる。
協定の調印式で、前葉泰幸市長は「地域で有名な豆腐屋さんが協定にご参加いただけることは市民の安心につながる」と感謝。同社代表取締役の西口鐵也さんは「私たちはお客様のお名前を知ることから始め、地域に密着している。協定をきっかけに今までよりも身近に市民に感じて頂けるようになれば」と意気込みを語った。

「石持冬不和」…朱文16㎝×23㎝

「石持冬不和」…朱文16㎝×23㎝

「一念通天」…朱文16㎝×23㎝

「一念通天」…朱文16㎝×23㎝

津市南が丘団地内刻字工房『有石』及び『紀平有石印章』を拠点に国際的に活動する刻字作家・有石さんが、ここ1年ほどで出展した作品を紹介。
有石さんは現在までに毎日書道展刻字部審査部長・総務部長・陳列部長、国際刻字公募大展審査員・日本刻字展審査部長を歴任。現在、毎日書道展審査会員・(公社)全日本印章業協会主催全国印章技術大競技会審査員を務める。
▼第39回日本刻字展・併催=第17回国際刻字芸術交流展(令和2年1月21日~26日・東京都美術館)…「石持冬不和」=朱文16㎝×23㎝。
▼第23回(公社)全日本印章協会主催の全日本印章技術大競技会に審査員として出品…「一念通天」=朱文16㎝×23㎝・まん中の丸は宇宙を表し、中に神を表現。

四天王寺に作品を奉納する有石さん(左)

四天王寺に作品を奉納する有石さん(左)

▼4月21日に曹洞宗・四天王寺に作品5点を奉納…写真左から
①「佛修行Ⅰ 命水」…食物連鎖から平和を考える。
②「佛修行Ⅲ 旅」…
旅(人の一生)の甲骨文字6種で生きる意味を問う。
③送友人(李白)40歳の時に毎日書道展においてグランプリを受賞して日本一となり審査員に昇格。長さ180㎝もある。
④「何有無何有」
写真には写ってないが ⑤「観自在」

[ 1 / 3 ページ ]123