マイナポイント還付事業の開始以降、津市でも「マイナンバーカード」の取得率が短期間でアップしている。更に総務省がマイナポイントの還付期限を今年9月末へと延長したこともあり、津市でも相談窓口に連日市民が訪れている。しかし、ポイントの還付を受けるためには、3月末までにカードの取得申請をしておかなければならないため、駆け込み申請の増加も予想される。早めの対応も重要だ。

 

政府が2022年までに全国民への普及を目指すマイナンバーカード。社会保障や税制との紐づけなどによって、行政の効率化と利便性の向上などを訴えてきたが、取得するメリットが乏しかったこともあり、普及率は伸び悩み続けてきた。
しかし、昨年にその状況に変化を与える出来事が二つあった。一つ目は昨年5月に国民全員に一律10万円が給付された特別定額給付金。マイナンバーカードを取得しているといち早く給付が受けられた。そして、最も効果が大きかったのは、昨年9月から始まったマイナンバーカード取得者を対象に、任意のキャッシュレス決済サービスで一人当たり最大5000円分のポイント還付が受けられる「マイナポイント」。一人につき5000円分のポイントがもらえるという分かりやすいメリットが示されたことで、取得する人が一気に増加。それを受け、国もポイント還付の期限を今年3月末から9月末まで延長。1月末現在で全国の普及率が25・1%と国民全体の約4分の1が取得するまでに上昇している。3月からは健康保険証利用も始まる。
津市でも、65歳以上の高齢者がバスで使えるポイントを還元するシルバーエミカや、図書館の貸し出しをマイナンバーカードで行えるようにしたり、住民票などのコンビニ交付など、マイナンバーカード取得者用の独自サービスを行ってきたが、やはりマイナポイントの訴求効果は大きい。昨年5月末で14・97%(4万1449枚)だった普及率が昨年末には23・36%(6万4486枚)まで上昇。前述のとおり、マイナポイント還付事業の期限が延長されたことや、最近、総務省がカードの未取得者に通知を一斉送付したこともあり、津市市民課へもカード取得についての相談が多く寄せられている。
津市役所本庁舎1階ロビーには、マイナポイント還付事業についての相談・支援窓口の「マイナコーナー」が設置されており、昨年12月中には1722件の相談があった。手続きはネット上で行えるが、操作に不慣れな高齢者も多いため現在も多くの人が訪れている。相談内容で多いのは、任意のキャッシュレス決済サービスとの紐づけが上手くできないといった内容。また、手持ちのスマートフォンによってはマイナンバーカードが上手く読み取れないので、同コーナーに設置したリーダーを利用して紐づけを行う人もいる。
同還付事業の期限は9月まで延長されたが、対象となるのは3月末までにカードの取得申請手続きを行った人のみ。これから期限が近づくにつれ、駆け込みでの申請が予想され、市役所の窓口なども一層混雑する可能性が高い。津市でも早めの相談と申請を呼び掛けている。
市民課マイナンバー担当へ問い合わせは☎津229・3198へ。

「EFACE Lite」の前での寄贈式…中川代表取締役(中央)と前葉市長(右)と中川常務

「EFACE Lite」の前での寄贈式…中川代表取締役(中央)と前葉市長(右)と中川常務

1月21日、津市役所で「㈱ライフ・テクノサービス」=三重県津市中央、中川裕代表取締役=が、津市へ新型コロナウイルス感染症の対策予防対策機器の寄贈を行った。
同社は三重県内で福祉用具レンタル、介護施設運営、保育園運営といった事業を幅広く展開。今回寄贈したのは、同社グループ企業で介護用品の製造販売を手掛けている「㈱ヒトラボ」が販売している顔認証・非接触検温入室管理システム「EFACE Lite」2台。この製品はAIを利用した瞬時顔認証と非接触検温で通行の可否を判定し、建物内部人員との接触を遮断。マスクを着用していても顔認証ができ、マスク不着用者に入室拒否を行うこともできる。政府の緊急事態宣言に伴う三重県独自の緊急警戒宣言を受け、「事業発祥の地で本社を置いている津市に恩返しができれば」という思いで寄贈を行った。
寄贈式には、前葉泰幸津市長、中川裕代表取締役、中川敬史常務取締役らが出席。「EFACE Lite」2台の前で、目録が手渡された。
同社では「この度の寄贈が、地元・津市民の皆さまの安心につながるよう微力ながら新型コロナウイルスなど感染症対策の一助になれば」と話している。「EFACE Lite」は市役所1階ロビーに設置されている。

11日㈭~13日㈯9時半~17時、津市大谷町の三重県立美術館1階県民ギャラリーで、三重大学教育学部美術教育コース主催の「卒業・修了制作展」が開かれる。
毎年恒例のこの展覧会は、同コースの学部生・院生が卒業・修了を機に行うもの。今回のテーマは「reboot:再起動」。もやもやと立ち込める不安や葛藤で前に進めない状況を乗り越え新たなステージで再び動き出す様子を、新型コロナウイルス感染拡大で止まってしまった世界が再び動き出す様子に暗に重ねている。
今年は、絵画生3名、デザイン生2名、彫刻生3名の計8名が出展。それぞれが在学中に追求した学びの成果と、学生が成長した姿が感じられる作品が鑑賞できる。
入場無料だが、会場に入るためには、新型コロナウイルス感染防止対策のため、下記HPより事前予約が必要。https://mie-sotsuten.jimdofree.com/

[ 1 / 4 ページ ]1234