庶民の社交の場として親しまれてきた銭湯は、内風呂の普及や大規模なスーパー銭湯の台頭など、時代の変化に伴って年々姿を消している。しかし、津市では昨年に廃業した銭湯「敷島湯」=津市乙部=を受け継いだ倉口常太郎さん(25)が一部改修を加え、「朝日湯」として新規開業した。歴史ある銭湯を若い力で切り盛りしていくことになり、地域住民も温かいコミュニケーションの場の復活を喜んでいる。

 

「朝日湯」の浴場

「朝日湯」の浴場

「朝日湯」の前で倉口さんと母・智子さん

「朝日湯」の前で倉口さんと母・智子さん

戦後から高度経済成長期にかけて、内風呂の無い家庭も多く、銭湯は公衆衛生上、大きな役割を果たし、近所の人々が文字通り裸の付き合いをする社交の場としても親しまれてきた。しかし、時代の流れと共に内風呂が普及し、レジャー性の高いスーパー銭湯の台頭で苦境に立たされ、経営難や後継者不足を理由に、全国的に姿を消している。近年、レトロな銭湯の魅力や文化性が再評価されてはいるが、三重県でも苦しい状況で20数件にまで減少している。
朝日湯の前身である敷島湯は昭和29年創業。花町であった乙部の華やかなりし時代には、街を彩った芸者たちも訪れた。施設は古いながらも、手入れが行き届いており、長らく地域の人たちの憩いの場として愛されていた。しかし、経営者の高齢化もあり、コロナ禍中の昨年4月末で66年の歴史に幕を閉じた。
その敷島湯が、朝日湯として復活することになった契機は、無類の銭湯好きである倉口さんの父が廃業日の直前に訪れたこと。素晴らしい銭湯が消えることを惜しみ、後日先代オーナーに施設を受け継ぎたいと交渉したところ、快諾してもらうことができた。
ただし、倉口さんは銭湯で働いた経験は無かったため、今年に入ってから知り合いの銭湯でお湯のわかし方を一から学んだり、先代オーナーのアドバイスを受けながら、日々準備を進めてきた。ボイラーにくべる薪を運んだり、丁度良い大きさに割るのは、想像以上に重労働で火の管理や季節によって変わる温度調節の仕方など、まだまだ学ぶべきことも多い。番台に立つ母・智子さん(57)と二人で協力しながら切り盛りしていく。
外壁は以前よりも濃い青色になり、看板こそ変わったものの、内部は敷島湯の設備をほぼ生かしている。見える部分の改修は浴場に富士山の絵を描いたり、老朽化が激しかったサウナなど一部。長年、多くの常連客に愛された温かい雰囲気はそのままに入浴できる。
今月4日のオープン日には〝復活〟を喜ぶ地域の人たちも訪れた。敷島湯には、毎日通う常連だった鈴木祐輔さん(40)は「子供のころから30年近く通っていた銭湯にまた入れることが本当に嬉しい」と語る。
倉口さんは「普段通い出来る安心感と、お金を支払って頂く分の満足感を感じて頂けるように頑張る。以前通われていた方も初めての方も気軽に来て頂けたら」と笑顔。
若い力で復活した歴史ある銭湯は、これからも多くの人たちの身も心も温め続けることだろう。
入浴料は440円。サウナに入る場合は600円。営業時間は16時~23時。定休日は水・土。問い合わせは☎059・229・4126へ。