大会を前に意気込む永井さん(左)と奥田さん

大会を前に意気込む永井さん(左)と奥田さん

㈱ジャパンスポーツ運営が運営する津アサヒスイミングスクール(津市西古河町)に通う永井茉裕さん(11)、奥田真由さん(11)は、8月21日~26日に大阪府で開催される若手スイマーの登竜門「第44回 全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」へ出場する。
初出場となる永井さんが出場する種目は100m背泳ぎ。3回目の出場となる奥田さんが出場する種目は50mバタフライ、100mバタフライ、200m個人メドレー。新型コロナの感染拡大もあり、別の場所で泳ぎ、タイムを競う形式の大会が増えているが、今回は全国のライバルと並んで泳ぐレース方式。
二人とも8月1日に浜松市総合水泳場「ToBiO」で行われた「とびうお杯 第36回全国少年少女水泳競技大会」にも出場。そこから続けての大舞台となるため、共に田代純一コーチの下で、いつも以上に熱の入った練習を続けている。
後半の追い上げに自信がある永井さんは「初めて出られて嬉しい。ベストタイムを狙っていきたい」、前半から積極的な泳ぎで攻める奥田さんは「全種目で決勝に残りたい」と意気込む。二人の活躍に期待が集まる。