三重大学の持つ知識を一般と共有しようと各分野の専門家を招き隔月ペースで開いている津市・津市民文化祭実行委員会主催の三重大学シリーズ、第98回文化講演会?「発見塾」が11月13日㈯13時半~15時、津リージョンプラザ1階中央保健センター待合ホールで開かれる。主管=津文化協会。後援=三重大学、本紙。
今回の講師は同大学大学院生物資源学研究科の宮﨑多惠子准教授。演題は『うおの目とイカの目の話~魚が見ているカラフルな世界、イカが見ているモノクロの世界』。
宮﨑准教授は「私達人間の網膜には赤・緑・青の光を吸収する3種類のタンパク質があり、これらが様々な色を見ています。一方、脊椎動物の大先輩である魚の中には、紫外線が見えているもの、タンパク質をコピーして特定の色を巧妙に見分けているもの、あるいは見る方向で色覚を使い分けているものなどがいます。しかし、魚を同じく水中で暮らしているイカはモノクロの世界を見ています。水中の光環境は水深や濁りの違いにより、陸上よりもはるかに複雑です。今回は、そんな水中で上手にものを見ることができる魚やイカの目についてお話しします」と話す。入場無料、事前申込み不要。直接会場へ。問い合わせは☎090・1236・1144辻本さん。