コロナ禍も落ち着き、登山、キャンプなどアウトドアを楽しむ人が増えているが、気を付けなければならない病気がある。それがマダニ類が媒介する『日本紅斑熱』。三重県は感染数が全国最多で伊勢志摩地方での発生が大部分だが、今年もすでに47件の感染が出ている。同じくマダニ類が媒介し、有効な治療法が無い「重症熱性血小板減少症候群」の感染も出ているので野山に入る場合は対策が必要だ。

 

 

吸血して膨れたマダニ

吸血して膨れたマダニ

マダニ

マダニ

「日本紅斑熱」は主に野山に生息するマダニ類(キチマダニ、フタトゲチマダニなど)が吸血するために人体に噛みついた際、細菌「リケッチア」が体内に入ることで発生。潜伏期間は2日~8日で、頭痛や筋肉痛、高熱、痛みやかゆみはないが全身に広がる赤い発疹などが代表的な症状。医療機関で適切な処置を受ければ、ほとんど大事に至ることは無いが、放置すると死に至ることもある。
三重県内では伊勢保健所管内(南勢の伊勢志摩地方)での発生がほとんどだが、累計の感染者数は全国最多となっている。2016年以降は高止まりで平均年48・5件。特に昨年は過去最多の61件で、今年も現時点47件とハイペース。2019年には津保健所管内でも感染者1名出ているが感染した場所はやはり伊勢志摩地方の野山。
同じくマダニ類が媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」も2015年より年平均2・5件発生。この病気は、日本紅斑熱と違って、有効な治療法が無いのが特徴。主な症状は高熱、頭痛、意識障害、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状。致死率は6〜30%と言われている。こちらは今のところ、感染が確認されているのは伊勢保健所管内のみ。
どちらの病気も防ぎ方はシンプルでマダニに刺されないことに尽きる。
①野山に入る時は、長袖、長ズボン、手袋などをして肌の露出を避けること
②ディートという成分の入った虫除け剤を使用する
③野山に入った後は、家の外で服や身体をはたく
④野山に立ち入った衣服は、すぐに洗濯もしくはビニール服に入れて保管
⑤できるだけ早くシャワーを浴び、マダニに刺されていないか、できるだけ全身を確認する。
もし刺された場合も注意点がある。マダニ類は体長5㎜前後とダニ類では大型で、血を吸うと体が何倍にも膨れ上がるので発見は容易だが、皮膚を食い破ってセメント状の分泌液で取りつきながら血を吸い続けるので、無理に引きはがすと頭が残ったり、潰した体から細菌が体内へ入ってしまうため危険。
刺された場合はまず、あわてないことが重要。自分で取る場合は、ワセリン等をマダニと刺された部分に塗布して30分ほど放置した後、ガーゼなどでマダニの頭側からふき取る。それでも取れない場合は、マダニを潰さないように頭部をピンセットでつまみ、慎重に取る。自分で取れないと判断した場合は無理せず医療機関に相談する。
もし、マダニに刺されて心配な場合や、野山に入った後、前述の自覚症状を感じた場合は医療機関にマダニに刺された可能性があることを伝えた上で受診するべき。
新型コロナの感染拡大が落ち着き、気候も穏やかなため、キャンプ、登山などアウトドアの趣味で野山に入る人が増えている。これから寒くなるにつれ、マダニの活動は少しずつ鈍くなっていくが、冬場の感染例もあるので油断は禁物。特に、伊勢志摩地方の野山に出掛ける予定のある人は、しっかり準備が必要だ。