点灯式に集まった人々

点灯式に集まった人々

津駅東口近くの栄町公園で今年もイルミネーションが点灯した!
駅前の商店主らでつくる津駅前ストリート倶楽部=青山春樹会長=が、津駅前を明るく照らし防犯に繋げることも目的に毎年この時期に実施。今年で10回目。
サンタやトナカイなどをかたどったイルミネーションを公園の木々に設置し、美しい光がきらめく憩いの場として津駅周辺を訪れる人たちにも親しまれている。
1日に行われた点灯式には前葉泰幸市長も駆けつけカウントダウンの後に点灯した。点灯時間は18時~24時。期間は来年2月末まで。

私どもサン新聞は、さっそく下記のようにお答えすること、それと同時にご質問者の方が「ザ・サン」の愛読者であることに大変大きな喜びを感じています。
「編集者さま、私は8さいです。私の小さな友だちの中には、サンタクロースはいないという子どもたちがいます。おとうさんは『サン新聞にそう書いてあれば、それはそうだよ、いるんだよ』と言っています。本当のことを教えてください。サンタクロースはいますか?
ヴァージニア・オハンロン、住所〔ニューヨーク市〕西95番街115番地」

ヴァージニアさん、あなたの小さな友達は間違っています。物事を疑わしく思う年頃特有の物事に疑いをもってかかるという考え方に影響を受けているのです。そういう子供たちは、目に見えるもの以外は何も信じようとしないのです。自分たちのちっぽけな心や頭で理解できないものは、何も存在しないと思っているのです。
すべての人間の心は、ヴァージニアさん、大人だろうが子供だろうが、小さなものですよ。
私たちのまわりの広大無限の世界と比較し、それとともに真実や知識の全てを把握することが可能な知性で測ってみれば、私達のこの広い宇宙のなかでは、人間の知性はただ単なる昆虫、そう人間は単なるアリのようなものにしかすぎません、
はい、ヴァージニアさん、サンタクロースはいます。サンタクロースは、愛と寛大さと献身が存在するのと同じくらい確かにに存在します。そして、あなたは知っていますよね、愛と寛大さと献身というものはたくさんあるし、それらはあなたの人生に最高の美しさと喜びを与えてくれています。
ああなんて悲しいことでしょうか! もしもサンタクロースがいなかったとしたら、世界はなんて暗くてわびしいことでしょうか。まるでヴァージニアさんみたいな子供たちが一人もいないのと同じくらい暗くてわびしいものでしょう。
そこには、子供らしい信じる心なんて無いでしょう、私達が住んでいるこの世界を耐えられるものにしてくれる詩や人を愛する心も無いでしょう。自分の手で触ることができるもの、自分の目で見ることができるもの以外、私達の楽しみはきっとなくなってしまうはずです。子供の時代とともにあり、世界を明るくしてくれているあの永遠の光は消されてしまうでしょう。
サンタクロースがいるなんて信じないだって!それなら妖精がいることも信じるのもやめたらどうですか!
おとうさんに男達を雇ってもらい、クリスマスイヴに全ての煙突の中を見張ってもらってサンタクロースを捕まえてもらうのもいいでしょう。しかし雇った男達がサンタクロースが煙突から降りてくるのを見つけられなかったとしても、一体それが何を証明することになるのでしょうか。
誰にもサンタクロースは見えません。でもしかしそのことでサンタクロースはいないということにはなりません。世界で最も本当の事柄は、子供も大人も見ることができないのです。
これまでにあなたは、妖精が芝生の上で踊っているのを見たことがありますか。もちろんありませんよね。しかしそのことが妖精はそこにいないという証拠にはなりません。世界にある目に見えなくそして見ることができない全ての不思議な事柄を誰も思いついたり、想像することができないのです。
あなたが赤ちゃんのガラガラ玩具をばらばらに分解してみれば、ガラガラ玩具の中で何が音を出しているのか、あなたの目でみることができます。しかし世の中には目に見えない世界というものがあります、その世界はベールに覆われています。そしてそのベールは一番強い男でも、たとえ今までにこの世に存在した最も屈強な男達が力を合わせても、バラバラに引き裂くことはできないでしょう。
ただ堅く信じる心、想像力、詩、愛、人を愛する心だけがそのベールを左右に押し開けることができるのです。そして向こう側にある美しいものと輝くものをながめたり描いたりできるのです
それは全て本当でしょうか。ああ、ヴァージニアさん、この世界に、本当で永遠に不変なものは、これら以外には何も無いのです。
サンタクロースがいないですって! とんでもない!ああなんてありがたいことに、サンタクロースはいます。そしていつまでも生きているのです。
今から千年後まで、ヴァージニアさん、いや、今から一万年の十倍あとの未来までも、サンタクロースは子供たちの心を喜ばしてくれることでしょう。〔訳・雲井保夫〕

あとがき

『サンタクロースっているの?』、これは1897年9月21日にアメリカ合衆国のニューヨーク「ザ・サン」紙に掲載された社説です。
1897年9月、ニューヨークに住む少女ヴァージニア・オハンロンは小学校で「サンタクロースはいるのか」について同級生と口論になりました。ヴァージニアはサンタクロースはいると主張しましたが、同級生はいないと言い張りました。
帰宅したヴァージニアは医師をしていた父親にサンタクロースはいるのかと質問したところ「ザ・サン」に投書して聞いてみるように提案してくれました。それで、ヴァージニアは「サンタクロースっているの」いう問合せの手紙を送ったわけです。この投書に答えるかたちで論説委員長をしていたフランシス・ファーセルス・チャーチ氏がこの「社説」を書き上げました。この社説は大きな反響を呼びました。
その後、読者からニューヨーク「ザ・サン」紙に読者から再掲の要請が繰り返し行われたので、1920年代になると同新聞は毎年クリスマスになると再掲するようになりました。そのうちに他紙にも引用されるようになり、いまでは古典のようになって、この『サンタクロースっているの?』はクリスマスが近づくとアメリカのあちこちの新聞や雑誌に繰り返し掲載されているということです。また世界中で語り継がれてようになっています。他紙にどんどん引用されていくうちにもともとのタイトルの『サンタクロースっているの?』ではなく『はい、ヴァージニア、サンタクロースはいます』として知られるようになりました。しかし今ではニューヨーク「ザ・サン」新聞は廃刊となってしまっています。
論説委員長フランシス・ファーセルス・チャーチさん(1839年2月22日~1906年4月11日)がこの社説を書いたことは、彼の死後の1906年になってから公表されました。といいますのも、社説といのはもともと新聞社全体の意見ですから匿名で掲載されるからです。
成長したヴァージニアはニューヨークで教職に就きました。引退する前の3年間はブルックリンにある病気療養児のための公立学校の副校長などを務めました。ヴァージニアは1971年に81歳でなくなりました。ニューヨーク タイムズ紙は、ヴァージニアの訃報を第一面で報じました。その見出しは「サンタの友達、ヴァージニア・オハンロン亡くなる」でした。
【参考文献】フリー百科事典『ウィキペディア』
令和3年10月18日〔雲井  保夫  小学、中学、高校英語及び英会話講師〕

じきにお正月が来る。それまでには、家を片付けて、床にワックスを塗って、それから窓ガラスを拭いて…。ほとんど家にいて時間は十分あるのだから、思い付きで動いても良いことなのに、段取りをする。十日までにはこれを買って、二十日までにはこれをして…。段取りは私の習い性となっている。
仕事に出ていた頃は、帰宅の車の中で考えた。家に着いたら洗濯物を取り込んで、お米を研いで、それからあれをして、その間にこれをして…。職場でも家でも段取り。
振り返ると、結婚生活が始まった頃にはそこまで気が回らなかった。のほほんと娘時代と同じような生活をしていた。ある日、冷蔵庫の汚れに気が付いて、これは私の責任だと思った。その時から、家を整え家族の生活を管理するのは私の仕事となった。子どもが生まれると、さらに気を配ることが増え忙しくなった。
考えてみれば、家を暮らしやすくすることは家族みんなの役割だ。散らかっているものを元の場所に戻し、足りないものを補充し、家を整える。それを私一人で担当していた。家族の認識では、家はすべて自動的にきれいになり、ものはいつもの位置にある。
たぶん、私が間違っていた。段取りをして一人で手早く家事を終えるより、家族の協力を求め、家族の家事力を育てるべきだったのだ。      (舞)

[ 3 / 5 ページ ]12345