全国大会に出場する選手ら(前列左から吉岡さん、奥田さん、永井さん、池田さん、倉島さん) 後列は共に練習に励んでいる津アサヒスイミングスクールの子ども達

全国大会に出場する選手ら(前列左から吉岡さん、奥田さん、永井さん、池田さん、倉島さん)
後列は共に練習に励んでいる津アサヒスイミングスクールの子ども達

㈱ジャパンスポーツ運営が運営する津アサヒスイミングスクール(津市西古河町)に通う5名の選手が、3月24日から30日まで東京江東区にある東京辰巳国際水泳場と栃木県の日環アリーナ栃木で開かれる全国大会「第44回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」の競泳部門と飛込競技部門に出場する。主催=(公財)日本水泳連盟。
県内の大会で規定のタイムを満たし、全国の強豪が集まる同大会への出場を決めたのは、100m平泳ぎの吉岡慶悟くん(新町小6年)、50m・100mバタフライと200m個人メドレーの奥田真由さん(神戸小6年)、100m背泳ぎの永井茉裕さん(中川小6年)、400m自由形の池田羽衣香さん(三雲中2年)、1m飛込みの倉島寿芽さん(西が丘小3年。三重ダイビングクラブ所属)の5名。大会を前に、普段以上に熱の入った練習を続け、それぞれの目標を胸に全国大会に挑む。
子ども達を指導している同スクールの田代純一コーチは、「みんな十分に練習こなしてきた。普段の実力が出せれば良い成績が残せると思う」と期待する。
それぞれの意気込みを聞くと
吉岡くん「自分の自己ベストを達成したい」、奥田さん「出場するレースで決勝を目指します」、永井さん「三重県学童新記録を狙います」、池田さん「環境が違うと思うが、普段通りの自分のレースをしたい」、倉島さん「8位以内の入賞を狙います」と話してくれた。