国道165号を遡る

風光明媚な赤目四十八滝(名張市赤目町)

風光明媚な赤目四十八滝(名張市赤目町)

「鹿高神社」(名張市安部田)

「鹿高神社」(名張市安部田)

9月24日9時半。空を隈なく覆う雲のヴェール。頬をなでる風は涼やかで秋の訪れを実感する。今回の目的地は、奈良県宇陀市の近鉄榛原駅。距離にして約18㎞。近鉄名張駅付近に車を停めた私は、国道165号まで戻り、宇陀川に沿って西へと進んでいく。
しばらく、歩道が続くので心は安らか。少し歩くと、赤目四十八滝への案内が見える。豊かな緑と清流に連なる滝が織りなす景色が風光明媚な場所である。国道からは距離があるので、立ち寄りはしないが、私も好きな場所なので少しご紹介しよう。古くは山岳信仰を基とする修験道の修行場であり、伊賀忍者も修行したという伝説も残る。特に紅葉のシーズンは多くの人でにぎわう。ただ起伏のある川べりの道をそれなりの距離を歩くので、しっかりとした運動靴で訪れることをオススメする。
話を国道に戻し、しばらくすすむと「鹿高神社」があるので道中の安全を祈り参拝する。国道165号は初瀬街道がルーツだが、この神社の創建のいわれに大きくかかわっているのが、この道を通って、この地に来た天智天皇の弟の大海人皇子、後の天武天皇である。大海人皇子は、天智天皇の息子である大友皇子(弘文天皇)と皇位継承を争って挙兵。この戦いは壬申の乱と呼ばれ、広く知られている。大海人皇子は、隠棲していた吉野を逃れ、伊賀、伊勢、美濃というルートで都のあった近江方面へと攻め入っていく。その途上、この地で宇陀川の氾濫に見舞われ、立往生をしていたところに二頭の神鹿が現れ、その導きによって無事に渡河できた。大友皇子との戦いに勝利した大海人皇子が感謝を込めて、この神社を創建したといわれている。
鳥居をくぐり、しばらく続く神社の石段を登った先にある拝殿で祈りをささげる。壬申の乱の発端については、諸説入り乱れているので、どのような思いで大海人皇子は、この地を訪れたのだろうと、しばし思いを馳せる。学生の頃、歴史の授業で、壬申の乱のことを学んだ時は、正直なところ、大海人皇子の行動が簒奪に見えてしまい、理不尽さを感じていた。ヒーロー然とした中大兄皇子(天智天皇)が中臣(藤原)鎌足と力を合わせ、専横を極めた蘇我蝦夷・入鹿親子を滅ぼした乙巳の変をドラマチックな英雄譚と捉えていたため、その後継者争いの顛末に不条理さを感じたのだろう。
しかし、歴史はそう単純な話ではなく、乙巳の変も、政治の主導権を掌握したい皇族とそれを後押しする豪族の思惑が複雑に交錯する権力闘争の一幕に過ぎない。それを裏付けるように、この時代は、血で血を洗う権力闘争が繰り返され、幾度も権力構造が塗り替えられている。乱の後に即位した天武天皇とその妃の鸕野讚良皇女(後の持統天皇)は、六人の皇子を集め、異母兄弟で権力闘争をしないよう吉野の盟約を立てたことで有名だが、その願いも空しく皇子の一人である大津皇子には、謀反の疑いをかけられ、自害に追い込まれている。
私たちは、歴史上の人物や出来事ついて、つい白と黒に色分けをして、見てしまいがちだが、それは大きな間違いである。勝てば官軍という言葉がある一方で、判官びいきという言葉もあるからだ。勝者と敗者のどちらに肩入れしすぎても、歴史の実像は見えない。
これは私たちが生きる現代でも同じで、この世に絶対正義も絶対悪も存在しない。白と黒が織りなす灰色の世界で目を凝らし、自らが信じる道を見定め、選択しなければならない。
古代史に燦然と輝く偉大なる統治者・天武天皇の軌跡は、私たちが忘れがちな真理を改めて伝えてくれている。参拝後、再び鳥居をくぐり、国道へ戻ってからも、しばし来し方と行く末に思いを巡らせる。(本紙報道部長・麻生純矢)

大村神社(伊賀市阿保)

大村神社(伊賀市阿保)

息速別命の陵墓(伊賀市阿保)

息速別命の陵墓(伊賀市阿保)

まずは拝殿の前で道中の安全を祈る。その後、拝殿の脇に置かれている帳面に目を通すと、参拝者の名前と住所が並んでいる。近隣の人以外には、大阪や兵庫など、関西方面の人もチラホラ。阪神大震災で大きな被害を受け、誰よりも地震の恐ろしさを知っているからこそ、関係しているかもしれない。拝殿の脇にある社の中に祀られている要石は鹿島神宮(茨城県)の祭神・武甕槌命(たけみかづちのみこと)と香取神宮(千葉県)の祭神・経津主命(ふつぬしのみこと)が関東から三笠山(奈良県)に向かう途中で、この地で休息した際に授かったという縁起が残っている。葦原中国を平定した両武神の力が宿る要石は大地のナマズをしっかり抑え、地震から人々を守っているといわれている。ナマズはこの神社のシンボルにもなっており、境内に石像がある他、絵馬に描かれていたり、可愛い願掛けの置物なども参拝者の人気を博している。また、拝殿横の極彩色に彩られた宝殿は、安土桃山時代の建築物で国の重要文化財にも指定されている。興味深いものが沢山あるので、ゆっくりと散策したいところだが、後の行程が控えているため、足早に神社を後にする。

そこで後日、改めて、神社に立ち寄り金山修宮司から色々なお話を聞かせて頂いた。境内の隣地を整備した丘から、初瀬街道沿いの重要な宿場町であった旧阿保宿を見下ろす。街道からもほど近いことから、伊勢神宮をめざす旅人の多くが訪れており、菅笠日記の中でも、本居宣長も立ち寄った時の様子を記している。そして、遠くに目をやれば、神々が住まう奈良県の山々まで見渡すことができる。今でも関西方面から国道を165号を通って伊勢神宮をめざす人たちの参拝は多く、街道の歴史はひそかに受け継がれているのだ。
この素晴らしいロケーションや境内の貴重な建物もさることながら、お話の中で感動したのは、氏子たちの信仰心の篤さだ。境内には、各町内の氏子の名前が書かれた寄進札が並んでおり、中には結婚などで遠くで暮らす人の名前も。草一つ生えていない美しい境内は婦人会の定期的な清掃活動の賜物という。また、金山宮司も、自ら地元の子供たちが参加するボーイスカウトで子供たちに様々な体験をする機会を提供するなど、決して押し付けない自然な形で神社との接点を見出していることにも感銘を受けた。
神社から少し離れた場所にはなるが、祭神である息速別命(阿保親王)の陵墓と伝わる古墳があり、宮内庁の所管となっている。田畑の真ん中に、木々が生い茂る陵墓が綺麗に残されている様子にロマンを掻き立てられる。実際に息速別命がここに眠っているかどうかは、考古学的に諸説あるようだが、息速別命は今も親王さんと呼ばれ、地元の人たちから親しまれている。息速別命の領民への惜しみない愛情が、地域の誇りを育み、今も神社の信仰を支えていることは疑うべくもない。久遠の思いが信仰を紡いでいるのだ。(本紙報道部長・麻生純矢)

ガードレールと草に埋もれる本居宣長の歌碑

ガードレールと草に埋もれる本居宣長の歌碑

初瀬街道を照らした伊勢路宿の常夜灯(伊賀市伊勢路)

初瀬街道を照らした伊勢路宿の常夜灯(伊賀市伊勢路)

この辺りの地名は伊賀市伊勢路。まさに関西方面から伊勢国に向かう国道165号のルーツである初瀬街道を示している。「一生に一度お伊勢さん」と日本中の誰もが思い、徒歩で神宮をめざした江戸時代から明治時代。青山峠を越えれば、いよいよ伊勢国に入る。そんな期待も入り混じった名前のように思える。

国道は木津川の支流である青山川に沿って谷間を走っている。しばらく進み、国道から旧道に入ると、お伊勢参りの参拝客で賑わった宿場町の伊勢路宿。最盛期には20軒以上の宿屋や商店が立ち並んでいた。街並みには往時の風情が残っており、宿屋だった家の軒先には行灯なども置かれている。街角にたたずむ常夜灯は、街道を行き来する数多の旅人たちの安全を見守ってきた。
時の流れと共に、青山峠を越える鉄道の開通やモータリゼーションの台頭など交通事情は変化し、宿場町としての役割は終えている。しかし、徒歩で旅をすると、ここに宿場町があった理由がよく分かる。難所・青山峠を越えて疲れ果てたところに、この宿の灯が見えた時、どれほど心強かったことだろう。舗装された道路を歩いてきた私ですら、そう思うのだから、当時の人の心情は計り知れない。道を通じて過去と心を通わせる瞬間にも、この旅の醍醐味を感じる。飛行機や新幹線を使えば、わずかな時間で遥か彼方まで移動できる。でも、だからこそ、あえて自分の足で気ままに歩く時間が最高に贅沢なのだ。

木津川にかかる中山橋と中山トンネル(伊賀市岡田)

木津川にかかる中山橋と中山トンネル(伊賀市岡田)

その後、私は青山川が合流した木津川に沿って進んでいく。やがて、本居宣長が菅笠日記の中にも記した伊賀の中山。今、中山橋がかかっているこの場所は、かつては木津川の水が氾濫し、板橋がすぐに流失するため、宣長も橋の無い状態の川を歩いて渡った。そして、中山と呼ばれる小山を迂回する形で旅人たちは川沿いの道を歩いた。当時は景勝地であり、宣長も美しい景色を見て通り過ぎるのが名残惜しいという気持ちを歌に詠んで遺したほどである。しかし、今では、そんな歴史を知る者も少なく、中山を貫通する中山トンネルがあるので、一瞬で通過する人しかいない。トンネルができる前に使われていた旧道沿いには、宣長の歌碑が建てられているが、ガードレールと草に埋もれて、なんとも寂しい姿に…。
道の流れは人の流れを変える。人の流れが変われば、道沿いの景色も変わる。宣長が感動した往時の美しさを想像しながら、私はトンネルの中を進んでいく。
(三重ふるさと新聞報道部長・麻生純矢)

[ 1 / 4 ページ ]1234