国道165号を遡る

伊勢本街道の風情を残す榛原駅北側の町並

伊勢本街道の風情を残す榛原駅北側の町並

2月9日14時半過ぎ。この日も政府が10都府県に出している新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の延長に伴い、三重県独自の緊急警戒宣言の対象となっている。当初は前々日に予定されていた宣言解除に合わせて日程を組んだため、この日となった。県外への移動自粛の指示は重々承知しているが、移動先が感染者数が多い地域ではなく、山間の道をほとんど人と接触せず、感染症対策にも注意しながら歩くので、どうかご容赦頂きたい。
近鉄榛原駅付近の駐車場。私は焦っている。歩き始める予定時刻を大幅に過ぎているからだ。なぜ時刻を大幅に過ぎただけで焦るかというと、今日の目的地である長谷寺の冬季拝観時間が16時半までだから。せっかくゆっくり拝観するために、前回早めに切り上げたのに、拝観すら危うい状況。実にまずい。焦燥感は募るばかり。
距離にすると約7㎞。余裕で着けそうな距離であるように思えるが、これまでの経験上、歩道のない箇所もある行程を歩くのは距離以上に時間がかかる。何より時間を優先して急ぎ過ぎてしまうと、この旅の醍醐味である国道沿いの旅情を味わうというコンセプトが台無しになってしまう。私は少し冷静になり「もし、拝観時間に間に合わなかったら、次の行程の最初に立ち寄ろう」と考えを改めると、一気に足取りは軽くなる。
榛原は、国道165号のルーツである初瀬街道と、大阪方面からお伊勢参りに向かう最短ルートで美杉方面へ向かう伊勢本街道の分岐点にある旧宿場町。駅北側には、毎日多くの旅人たちが訪れた往時の風情を今に伝える常夜灯、道標、旅館の建物などが残っている。今でも榛原駅は一日に一万人以上が乗降している。姿形は変えても交通の要衝としての役割を保っている。
国道に出た私は長谷寺方面に向かって山里をひたすら進む。スピーカー再生にして、スマートフォンで様々な曲を聴きながら歩いていると、色々なことが頭に浮かんでは消えていく。この旅が始まったのが一昨年の11月の終わり。間も無く、新型コロナウイルスの感染拡大が始まり、文字通り世界は一変してしまった。重い症状と医療現場の逼迫。感染拡大防止のための外出自粛やソーシャルディスタンスが一般化したが、そこで生まれた人と人との物理的な距離は、心の距離を生み出し、孤独に飲み込まれてしまう人を生み出してしまった。
スマートフォン内に入っている曲をランダム再生していると、ふと流れるイントロに私の表情は硬くなる。この曲を生み出した若き天才ミュージシャンも、コロナ禍中に、この世を去ったからだ。私が彼女のことを知ったのは、とある野外音楽フェスのステージ。類まれなる才能がきらめく楽曲にただただ魅了されるばかりだった。それ以来、どれだけ彼女の楽曲に救われたか分からない。しかし、今は彼女が奏でるギターの音色を聴くだけで、悲しみに押しつぶされそうになる。熱くなる目頭を押さえ、思わず足を止めそうになる私の耳に、彼女が紡いだ言葉が飛び込んでくる。
『私は行くよ 構わず行くよ どこまでも 何%の可能性でも知ったこっちゃない 行こうぜ うつくしい圧巻の近未来 絶景の新世界』(赤い公園「yumeutsuutsu」の歌詞より引用)。
いつかは私もあちらへ逝く。その時は必ず、彼女に感謝を伝えたい。だから、現に身を置く今は、歩みを止めず国道を往く。その先にあるうつくしい圧巻の近未来と絶景の新世界を夢みて…。
(本紙報道部長・麻生純矢。本稿は敬愛する故・津野米咲さんに捧ぐ)

山部赤人の墓への道標

山部赤人の墓への道標

ゴールの近鉄榛原駅

ゴールの近鉄榛原駅

時刻は13時過ぎ。この辺りは旧榛原町。榛原駅をめざして後はまっすぐ進んでいくのみ。宇陀市に入ってからここまで、山間の集落という雰囲気が続いていたが、少し変化を感じる。国道沿いの飲食店やドラッグストアなどの店舗が増えているからだ。立ち止まってスマホで調べてみると、榛原駅からは奈良と大阪まで一時間ほどと十分に通勤圏内。国道からほど近い山の上に大きな団地があるのも納得がいく。これが正解かどうかは分からないが、微妙な街並みの変化から推測を巡らせ、自分なりの結論を導き出すのもまた一興。リアルタイムで、その推測に対する一定の答えが導き出せるのも良い時代の変化だ。現代社会において、情報の伝達や浸透は一瞬だが、それが本当であるのかということにまで考えが至らないことも多い。自分の目で見て、足で歩いて、手に入れた情報を基に考える。とても贅沢な時間の使い方をしていると実感する。
ふと路傍に目をやると「山べの赤人」と刻まれた古びた道標がある。どうやら近くにある三十六歌仙・山部赤人の墓への案内らしい。意外なところでのビッグネームとの邂逅も下調べしないぶらり旅ならではの醍醐味。
ほどなく元気の良い若い女性の声がスピーカーを通して聞こえてくる。「次の競技は2年生による〇△です」。どうやら、昼食を食べた食堂で「お子さんの運動会ですか?」と声をかけられたように、近隣にある学校では運動会や体育祭が行われているようである。その時、そう声をかけられて自分が人の親であるように見られたのが嬉しかったのには理由がある。我が家では不妊治療に取り組んでいるからだ。妻は体調管理にも励み、辛いことがあっても前向きに頑張っている。その過程での体験から、子供は簡単に生まれてくるものではないことを実感しているので、そんな大きな試練を乗り越えた存在であると認知されたことに喜びを感じるのだ。例え、自分の子供でなくても、子供たちが貴重な存在であるという知見を得られたことは私の人生を豊かにしてくれる。彼ら、彼女らが競技に興じる様子を想像しながら歩いていると近鉄榛原駅に到着。時刻は14時半過ぎ。
長谷寺まで歩けなくはない時間だが、ここまで歩いた分の足への負担を考えると単純な距離以上に時間がかかってしまう可能性がある。せっかく立ち寄るのであれば、それなりにゆっくり時間をかけて参拝もしたい。というわけで、今日はここでゴールイン。
切符を買って改札に入り、ホームで車が置いてある名張駅方面に向かう電車を待つ。ベンチに座りスマホを見ると、誤操作でしばらく会っていない知り合いにテレビ電話をかけてしまっていたようである。操作ミスであることを伝え、お詫びのメッセージを告げると、ほどなく返信がある。そこから近況など、他愛もない世間話のやり取りが続く。コロナ禍でも、偶然から生まれたコミュニケーションで人と人とが繋がれるのは、技術の革新の素晴らしさだと思う。やがて、電車がホームへ到着。流石に車内は空いている。名張駅までの線路は国道に沿う形で続いているので、車窓からこれまで歩いた風景を振り返るように楽しみつつ帰路へつく。(本紙報道部長・麻生純矢)

三重県と奈良県の県境

三重県と奈良県の県境

国道を歩く人を目で見送る

国道を歩く人を目で見送る

休憩に立ち寄った道の駅「宇陀路室生」

休憩に立ち寄った道の駅「宇陀路室生」

いよいよ三重県と奈良県の県境。この旅も、ここからがようやく本番と言っても良いかもしれない。名張市と接しているのは、奈良県宇陀市の旧室生村にあたる市域。室生と聞くとすぐに思い浮かぶ人も多いと思うが、女人高野として名高い室生寺もある。
宇陀川に沿って走る国道沿いは、のどかな田舎の風景が広がっている。もう慣れたとはいえ、歩道は途切れがちで、大型車の往来も盛んなことから気を引き締めて進んでいく。以前に国道163号を踏破した時も思ったが「こんな無謀なことをしているのは、自分だけだろう」という根拠がない自負があった。165号についてもそうだろうと慢心していた。しかし、県境の少し手前付近で、年の頃では40代半ばの男性が国道を歩いてくるところ目撃した。歩きやすい服装でリュックサックを背負っている。なんらかの事情で、やむを得ず歩いているというよりは、明らかに自分の意志で歩く能動的な意志を感じる。つまり、彼もお仲間ということだ。お互いに軽く会釈を交わし、すれ違う。少し足を止めて、小さくなる彼の背中を見守りながら、ひょっとしたら関西方面から初瀬街道を歩くのが流行っているのかもしれないなどと妄想を膨らませる。確かに、このあたりは近鉄大阪線が国道にそって走っているので行き帰りも容易。おかげさまで帰りの交通手段を心配する必要がない。
そんなことを考えながら、しばらく進むと道の駅「宇陀路室生」。ベンチに腰を下ろし、少し休憩を取る。国道の方に目をやると、先ほどの男性と同じくリュックサックを背負って歩く60代くらいの夫婦を目撃。平日の昼間に同じことをしている人を二組も見かけたのだ。やはり、旧初瀬街道をルーツとするこの国道を歩くことを楽しんでいる人たちが一定数存在している。国道163号を歩いている時は一度も出会わなかったので新鮮な感覚である。
この道を踏み固めてきた数多の故人たちと心を通わせ、未来への思いを新たにする。今、この国道を歩いている人たちとも道を通じて心が繋がっていると思うと、得も言われない感覚がこみあげてくる。疲れも和らいだところで、私はベンチから立ち上がり、再び国道へと戻る。(本紙報道部長・麻生純矢)

[ 1 / 5 ページ ]12345