筆ちどり

 2月4日の任期満了に伴う津市議選がいよいよ1月19日に告示され、同26日に投開票を迎える。
 既に引退を表明している現職もいる一方で、着々と準備を進める新人の姿も目立ち始めているが先日行われた立候補予定者説明会には新人9を含む、39陣営が出席。
 36の議席をかけて、最終的にはどれだけの立候補者が出馬するかはわからないが、70名超の立候補者が入り乱れての大激戦となった合併直後の平成18年の市議選を思えば比較的穏やかな選挙戦といえるかもしれない。
 この仕事を始めてから市議選はある意味では国会議員や県会議員の選挙よりも難しい選挙だと、つくづく実感している。なぜなら市会議員は、市政運営に係わる重要な政策論議を行うだけでなく、市民の力だけではどうにもならない問題を行政に働きかけて、解決に導いていく能力が問われるからだ。その最も身近な存在であるという性質上、候補者の実力が有権者にも実感し易く、一票のウェイトも大きい。
 最近では、選挙と名のつくものの投票率は軒並み振るわず、政治への失望感から、議席数の削減のみを美徳とする風潮がある。しかし、批判を恐れずに言わせて頂くと、それに終始することは自らの民主主義に対する権利を放棄しているに等しい行為だと思う。
 選挙は民意を映す鏡である以上、どんな結果であれ、有権者の想いが如実に反映されたものと言っても過言ではない。月並みな言葉かもしれないが、有権者が真剣に政治と向き合い、責任感を持って投票し続ければ政治は必ず変わる。これは紛れもない事実である
 今回の市議選は市長選と別に行われるため、投票率の低迷が予想されるが津市内の23万人近い有権者の盛り上がりに期待したい。  (麻生純矢)

 今年は平成18年に全国でも稀な10もの市町村が合併し琵琶湖と同等の広大な面積を持つ新津市が誕生してから9年目に当たる。合併時に10歳だった子供も来年には成人する。そう考えると時の経つのは本当に早いものである。
 その間、官民協働で様々な取り組みがなされ、市民の一体感の醸成が図られてきた。当初、合併によって地域の特色が無くなるのではないか?と危惧する声も少なからずあったが、住民らの努力で各地域に残る伝統文化の保存・継承が図られ、かえって地域コミュニティの重要性を再確認させられた市民も多い。
 中でも行政が注力してきたのが美杉地域の活性化である。津市森林セラピー基地の認定や、県宅建協会が協力する津市空き家情報バンク制度の推進による人口増加策、また、県と住民とが歩調を合わせて進めたバイパス道路整備など、合併前と後では市街地とのアクセスが段違いに改良され、津市を代表する観光地の一つにまでになった。
 一方で、これからなのが中心市街地の活性化。20年ほど前には繁華街として大いに賑わった丸之内界隈は、今では津駅周辺に持って行かれた感は否めない。しかし、岡三證券ビルの完成や、百五銀行新本館ビル2棟と三交不動産の新本社ビルの建設など平成27年には中心市街地に新たなランドマークが次々に現れ、それらによる賑わい創出が期待されている。
 さて、我社のモットーは「地域づくり・街づくりの応援団」。市民の期待に応えられる紙面づくりに邁進することが地元新聞社の大きな責務であると、改めて心に刻む。 (森 昌哉)

 津市美杉町でJR名松線の活性化に取り組むミニ道の駅「かわせみ庵」は、気さくなおもてなしで、常連客が増えている。
 代表の中田かほるさんは「田舎のおばちゃんらしい自然体がいいんかなぁ」と笑うが、自営業の傍ら「自宅の雑草を取る暇はなくてもかわせみ庵のは取らなければ」とボランティアで運営に取り組む熱意は尊敬の一言。 人気のおもてなしは、中田さんたちの地元愛や責任感、実行力に支えられているのだ。
 同線は、平成21年の台風被害で家城~伊勢奥津駅間で鉄道の運行が停止しており一昨年5月、県と津市・JR東海が28年度の復旧を目指す協定を締結。津市は今年度、同線に関するオープンディスカッションを開くほか伊勢奥津駅前に、観光案内や交流拠点などの機能を持つ施設を建設する。
 地域づくりの主役である地元住民は、これらの事業をどのように観光活性化や魅力あるおもてなしに繋げていくのか。かわせみ庵の今後と共に期待しながら見届けたい。   (小林 真里子)   津市美杉町でJR名松線の活性化に取り組むミニ道の駅「かわせみ庵」は、気さくなおもてなしで、常連客が増えている。
 代表の中田かほるさんは「田舎のおばちゃんらしい自然体がいいんかなぁ」と笑うが、自営業の傍ら「自宅の雑草を取る暇はなくてもかわせみ庵のは取らなければ」とボランティアで運営に取り組む熱意は尊敬の一言。 人気のおもてなしは、中田さんたちの地元愛や責任感、実行力に支えられているのだ。
 同線は、平成21年の台風被害で家城~伊勢奥津駅間で鉄道の運行が停止しており一昨年5月、県と津市・JR東海が28年度の復旧を目指す協定を締結。津市は今年度、同線に関するオープンディスカッションを開くほか伊勢奥津駅前に、観光案内や交流拠点などの機能を持つ施設を建設する。
 地域づくりの主役である地元住民は、これらの事業をどのように観光活性化や魅力あるおもてなしに繋げていくのか。かわせみ庵の今後と共に期待しながら見届けたい。   (小林 真里子)

[ 2 / 3 ページ ]123