随想倶楽部

今、世界中に新型コロナウイルスが流行していて大変な危機です。テレビをつけると各局は「新型コロナウイルスに打ち勝とう。うがい、手洗いをし、人との接触をしないで下さい」と訴えています。歴史的にみても人類はまさに疫病との戦いです。感染症は天然痘、麻疹、熱病、肺結核、チフス、ペスト、梅毒、コレラ、淋病、エイズ、ポリオ、新型コロナウイルスなどが挙げられます。
世界では紀元前の昔から感染症と戦ってきました。日本では遣隋使によって持ち込まれ奈良時代に藤原不比等の子、藤原四兄弟(武智麻呂、房前、宇合、麻呂)が天平九年(737)の天然痘のパンデミックであっという間に全員死んでしまい政治機能がマヒしています。鎌倉幕府三代源実朝が罹患し、戦国時代の明智光秀の妻・煕子も天然痘にかかり、あばた面であったのは知られています。江戸時代のことわざに「天然痘は器量定め、麻疹は命定め」とあり、天然痘は顔にぶつぶつと跡が残るので器量が悪くなり、麻疹は命の危険があり、当時七歳まで育ったら神の子だと言い、幼児の生死は神の手中にあると言われていました。麻疹は2~30年ごとに流行し、特に文久二年(1862)にインフルエンザと共に大流行した記録が残されています。
現代のように予防、消毒施設や高度な医療が望めなかった江戸時代では、庶民は病気をもたらすものを邪気や悪霊と考えて伝染病流行の時は鐘馗、鬼面を戸口に張って疫除けしたり、赤色の玩具(赤べこ等)、御幣や錦絵で疱瘡神の退散を祈る等、神仏に祈り、おまじないや薬頼みでした。
薬は頭痛薬、胃腸薬、強壮剤、軟膏が開発され使用していました。しかしながらワクチンに相当する薬がなかったので伝染病にまじないや祈禱を行っていました。各藩でも疫病と戦っています。 日本は中でも天然痘、麻疹が流行。津、久居では久居藩祖の藤堂高通は三五歳の時に天然痘にかかりあばた面となり、娘の栗姫は一四歳で死去。三男で津五代藩主となった高敏は三六歳で死去。久居九代藩主高興は一八歳で死去しています。
更に津藩校有造館第三代督学となった齋藤拙堂は三歳の時に天然痘に罹ってあばた面になっています。いかにこれらの病気の感染力が強かったのかわかります。
人が病から救われるためには薬と医者が必要です。江戸時代には多くの名医が出ています。当時は今のように医者の免許制度がなかったので誰でも医者になれました。良き医者を志した者は名医のもとで修業を積んでいます。実力が必要です。  江戸時代中頃以降はオランダからの西洋医学と東洋医学の両方が共存となり、日本独自の高度医療の開発がされていきます。津、久居地域では三重の名医として小屋延庵、橘南渓、河合魯斎を挙げることができます。
小屋延庵は久居藩開府以来の医者家で七代目の名医は御典医をも務めています。河合魯斎は津市神戸出身の医者で人々に愛され慕われたいわゆる赤ひげ先生のような人物。橘南渓は久居藩百五十石の武士の五男で医者を目指し、人体解剖を行って、解剖図を表し、また脚気対策の本や旅行記などの著書も多く、近代医学の先駆者の一人です。
思想家で漢学者の齋藤拙堂は京都から種痘のワクチンをもらって自分の孫娘に種痘を実施しており、藩の人々の心配を取り除いています。齋藤拙堂や他藩の賢人らの勧めで津藩は修文館内と立町に種痘所を、久居藩は旅籠町に種痘所を設地し、緒方洪庵の適々斉塾門生である福島立庵を用いて松阪、鳥羽に出張所を開きました。後に天然痘は昭和55年に世界からその姿を消しました。各藩の典医、侍医、在郷医達はその心意気で、世のため、人のために大いに活躍をしました。
江戸時代二六〇余年間の名医たちは現代医学の源といえましょう。世界中の医療の発達は現在生きる私たちを心強くしてくれます。感染症は嫌だ!今回の令和の新型コロナウイルスの流行で大きく時世の変化があると思います。この試練で家族が更に一つとなり、これまでの日々を取り戻せるのかどうかコロナ感染症の終息の日が待ちこがれます。世界中の医療に携わる関係者の方々に私たちは感謝と敬意の気持で一杯です。本当にありがとうございます。
私たち人間は未来を見据えるのに新型コロナウイルス感染症をこれまで過去の歴史に学び、謙虚な心で共に協力して打ち勝つことだと思います。
(全国歴史研究会、三重歴史研究会、ときめき高虎会及び久居城下町案内人の会会員)

 今年のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀が話題になっています。信長の野望を止めた人とか謀反を起こした悪人とかいろいろの説が取り沙汰されていますね。
光秀は愛妻家で側室を持たず、世の中のため、領民の為に先を見据えて本能寺の変を起こしたのでしょう。その後、豊臣政権を経て徳川家康が幕府を開き、戦いのない平和な時代を築きました。
家康は織田信長の命令で最初の正室と嫡男を殺しており、このことは家康にとって一生涯の汚点だったと思います。自分の人質時代を経て家臣には器量、能力のある人物を、また心から信頼できて心安らぐ女性を求めています。家康は正室二人、側室十五人います。中でも西郷の局は第二代将軍・秀忠の生母で、家康が最も愛したお梶(勝)の方は太田道灌の末裔で市姫を生むが夭折。信任された阿茶の局は方広寺鐘銘事件で使者の応接をし、秀忠の娘・和子姫の入内に立ち会うなどで従一位をもらった女性。そして最も信頼されて、家康・秀忠・家光の「葵三代」を支え、更に越後屋、田端屋、伊勢屋等の伊勢商人の江戸進出を助け、尊重されたお奈津の方を挙げることができます。
お奈津の方は、もとは工藤長野氏の家臣(長谷川三郎左衛門藤直)の娘として安濃郡河内落合の里(現・津市芸濃町)に天正九年(1581)の春に生まれ『卯の』と名づけられました。父が亡くなると商人になって津の大門の駅路問屋「乳切屋」乳切屋新四郎叔父の所で育ち教養・気品・優しい心を持つ娘となりました。十六歳の時に叔父の友人で京の豪商茶屋四郎次郎の勧めで二条城の奥女中になりました。そして一年後に家康が入浴中に賊に襲われますが、卯のの機転で命が救われました。家康の命は嘗て卯のの母しげが伊賀越えで逃げてきた時に野武士から匿って命を救い、今度は卯のが救うという稀有な運命を経ています。十七歳で側室となり、家康の母お大の方に大変可愛がられて「お奈津の方」と名づけられました。叔父の乳切屋や四人の兄達も武士に戻り活躍をしています。
彼女は家康の信頼が厚く、戦いにはお供(身辺警護)し、水口城の難でまたまた命を助けており褒美に短刀を貰っています。戦いの本陣では家康の爪を整えておりその切ったツメを一生の宝物(短刀・ツメ)にしています。更に政治、経済、情報、警護、戦略などに携わり「お側六人衆」の一人になっています。江戸城三の丸(現・皇居外苑)に屋敷を与えられ旗本扱いとされました。彼女は叔父の長野内蔵允在秀(乳切屋新四郎改め)や、津藩主藤堂高虎と共に伊勢の地の発展に力を注いでいます。家康の死後は「清雲院」と号して第二代秀忠、第三代家光将軍からも信頼されて、よき相談相手になっています。
お奈津の方は幼き頃から寺院にお参りや遊び場としていたので信心深くありました。日本三観音の一つ津観音に鐘を、高虎は灯篭を寄進して、そして叔父長野内蔵允存秀が亡くなって葬られた西来寺には楼門を寄進し、奥殿を建立しています。伊勢山田の妙見山には東照山清雲院を建てて、かつては同じ側室で本多正純に下げわたされたお梅の方をその後の正純の失脚で不幸になったので住まわせています。お奈津の方は心おおきな女性だなとつくづく思います。
家康三十三回忌追善供養では西来寺に「当麻大曼荼羅」を寄進しています。万治三年(1660)に江戸の屋敷で亡くなりました。
人を慈しみ、郷土を愛し、人のために尽くしたお奈津の方は側室ではただ一人、家康の母が眠る小石川伝通院の徳川家墓地に葬られています。彼女の木像は西来寺と清雲院に安置されて、どちらも優しいお顔です。その眼差しは常に伊勢の国の多幸を願われているように感じました。信頼の大切さ(誠の心)を知らしめてくれた女性だと思いました。
 (全国歴史研究会・三重歴史研究会・ときめき高虎会及び久居城下町案内人の会会員)
 四月に入ると一気に季節が進み、各地で桜の便りが聞こえ、新緑や花々も彩りを増して、春の息吹を感じます。新聞では3月7日には春告げ鳥と知られる鶯の初鳴きを津市内で観測したと発表されました。平年に比べて2日早く、順調に暖かくなってきており、いよいよ春到を実感します。
今回は、四世鶴屋南北作「浮世柄比翼稲妻」世話物、狂言の中から通称「鈴ヶ森」と言われ、出会うことのなかった権八と長兵衛とが出会う様に脚色した狂言で、その中から生れた、市川三升作、吉田草紙庵曲の小唄二曲をご紹介したいと思います。
  鈴ヶ森
(長兵衛)
阿波座烏は浪花潟、藪 鶯は京育ち、吉原雀を 羽交につけ、江戸で男 と立てられた男の中の 男一匹、いつでも訪ね てごぜえやし
蔭膳すえて待っており やす
(権八)
散りかかる浅黄桜や無 常音
隙行く駒の路もはや、 ひかれ曲輪の涙橋
流す浮名も小紫 結ぶ 夢さえ権八が
まどろむ駕籠の仲の町
最初の小唄(長兵衛)
は幡随院長兵衛と、白井権八との鈴ヶ森での出会いを唄っています。
権八は因州(鳥取)の城主松平相模守の家来で、性来武芸に長じ喧嘩や乱暴を好み、叔父の本庄長右衛門を殺めてしまい、国許を追われることになります。追われて江戸表へ逃げる途中、刑場のある鈴ヶ森を通りかかると、先に権八というおたづね者が、江戸へ逃げるのを知った雲助共が待ちうけ、ほうびの金ほしさに討ってかかってきます。この時、大勢の雲助を追い散らした権八の美事な手の内を駕籠の中から感心してじっと見ていたのが、当時、花川戸で名うての俠客、幡随院長兵衛でした。「お若ぇのお待ちなせいやし」と声をかけ、権八の前科も聞かず、持前の男気を出して世話をしょう「いつでも訪ねてごぜぇやし」と言い江戸で再会を約束して別れます。
「阿波座烏」「薮鶯」「吉原雀」はいづれも、大阪の浪花新町、京都の島原、江戸の吉原の三代廓をぞめく客の異名で、京、大阪まで、その名も高い江戸男、 長兵衛の意味で「江戸で男と立てられた、男の中の男一匹」の掛け言葉です。
次の小唄(権八)は吉原の色里へ足をふみ入れ、三浦屋の小紫と馴染を重ねたのが身の因果、貯えもつきはて、辻斬り強盗を働いた罪により捕らえられ、市中引き廻しの上、鈴ヶ森の仕置場ではりつけの刑になる夢を見ます。はっと思った権八が夢からさめると、あたりはこの世の極楽、花の仲の町へ通う駕籠の中でうたた寝をしながら、今しも大門口をくぐった所でした。「さては今のは夢であったか…」
この小唄は清元の上巻「権上」とよばれるくだりを唄にしております。
後、権八はこの不吉な夢が真実になり、鈴ヶ森で処刑されます。小紫も墓前で自害をして後を追います。目黒に残る「小紫権八比翼塚」がそれです。
この唄に出てきます浅黄桜とは、浅黄色の囚人の衣の色で肩に散りかかる桜のことをいっています。無常音とは天林山泊船寺の鐘の音が諸行無常と鳴るのを指しています。又、隙行く駒とは光陰の移りゆくさまをたとえた言葉でここでは処刑される時に乗せられた裸馬のことです。 曲輪は吉原の廓のことを言っており、涙橋は品川から鈴ヶ森に入る所に架けられた小橋の名前です。又、比翼塚とは相思の男女を同じ所に葬った塚のことをいいます。
 新型コロナウイルスの流行で世界が大変なことになっております。一日も早く終息することを願うと共に、くれぐれもお体に気をつけてお過ごし下さい。
小唄土筆派 家元
木村菊太郎著「江戸小唄」参考
三味線や小唄に興味のある方、お聴きになりたい方はお気軽にご連絡下さい。又中日文化センターで講師も務めております。稽古場は「料亭ヤマニ」になっております。☎津228・3590。
[ 1 / 29 ページ ]12345...1020...Last »