随想倶楽部

 民間救急の仕事は患者搬送が多いが、それ以外にも遠出の搬送・付き添いの仕事もある。
 社会には、介護が必要なために好きな旅行や遠出ができないという人もいる。他の人達に迷惑をかけそうで気が引けたり、同様のことで余計に家に引きこもりがちになる人も多い。このような家族の思いに寄り添うのも我々の大切な仕事なのだ。今回は、それを見事にクリアした家族の思い出旅をご紹介する。
 案件は、車椅子を利用している母親を連れて故郷の四国まで二泊三日で連れて行きたいとのこと。大切な親に最高の親孝行をしたい、親が生まれ育った懐かしい地で墓参りをして親戚にも会い、久々の親子水入らずのふるさと帰りを希望している。
 今回は介助をしながら安全安心に、慣れない長距離をどのようにするか悩んだらしい。
 一本の電話から始まった遠地への墓参介護サポート。緊急時は救護も可能な民間救急として迅速な対応を可能にしているため安心して楽しむことができる。長距離に精通した乗務員を始め我々が積んできた搬送業務の経験は、久々のふるさとの風景の中で新たな喜びを見出だせてもらえると思った。
 「母親を念願の故郷の墓参りに連れて行ける」。家族や本人にも期待が溢れ、着々と道中の計画が進んだ。
 本人の体調について詳細を聞く。幸い、車外での移動を除いて、車への移乗も介助をすれば可能なようだ。先祖の墓は香川県にある漁港の近く。古い墓石が縦横無尽にあるため、サポートなくては難しいらしい。
 三重県から普通に走って4時間弱。途中のトイレ介助や食事などの休憩を入れると、それ以上かかる。いかに休憩を要領よく入れて本人の疲れを減らし、目的地へ着けるかが課題だ。
 出発当日は雨模様。それでも何とか乗降でき、母親の緊張した気分も少しほぐれた様子。そのうち、運良く天候も回復した。向かうのは香川県さぬき市。このような遠距離地へ向かうのは、家族と本人の体力、そして搬送業者の「安心感とアドバイス、コミュニケーション」が三位一体にならないと実現できない。
 道中、本人の様子を伺うが問題はない。好調に3時間を過ぎた頃、眼前に雄大な明石海峡、次いで渦巻く鳴門海峡が見えた。
 「ここ、随分前に主人と一緒に車で来て、見た光景よ」
 過去に走った時の思いが甦っているようだ。海の色は見事なコバルトブルー。家族の気持ちも一層華やぐ。出発してから4時間半以上は経った。やっと到着した宿泊予定地は広大な松原で有名。観光客も多いという。凪いだ湾口へ足を延ばして道中の疲れを癒し、翌日に備えた。
 ハプニングもあった。2日目は台風1号の北上で四国地方は前線が刺激されて大雨になった。前日の湾内の風景とうって変わって道路から泥土が流れ出すような豪雨と化した。
 それでも、予定していた現地の施設に入所している人に久しぶりに会うため、何とか決行したい。ドライバー兼務の私も、ずぶ濡れになりながら乗降介助をした。その夜も宿泊所の窓を雨が強く叩く。それを聞くと最終日に迫った墓参りが不安になった。
 しかし、夜が明けて窓を覗くと、小豆島が凪いだ海面の向こう側に見事な姿を見せていた。
 「よかった」
 自分が呟いた安堵の言葉。漁港近くで特有の砂地に建立された墓地を訪れた。複数の墓石の間を車椅子で進むのは並大抵ではないが、やっと来た念願の墓参りに本人と家族は涙ぐんでいる。青く光る海、さえずる小鳥の鳴き声は、この地特有のもの。
 皆で来れたことに感謝して手を合わせた。母親も、やっと満面の笑みを見せる。
 「家では見なかった笑顔です。来てよかったです」
 小一時間の墓参だったが、本人の想いは随分以前へ遡っているようだ。
 帰路の明石海峡はブルーを一層濃くしていた。親子共々「別天地を走るよう。また、来たいね」。民間救急車での幸せのお手伝いがまたひとつ増えた。充実感と達成感を胸に帰路についた。
 (民間救急はあと福祉タクシー代表)

 新しい旅立ちの時、希望と夢に向かって歩み始める季節になりました。
 春の花がにぎやかに咲き始め、やわらかな春の日を透かす若葉の葉色の美しさに、見とれてしまいます。
 今回は「俳句と小唄」という題で松尾芭蕉の俳句から小唄二曲をご紹介いたします。
 
 元旦や
元日や 田毎の日こそ恋しきと 翁も若き人々も 逢えば互いに旧冬はだんだん 先ず当年も明けましては むつまじ月の唄の数々を 唄って目出度う 遊ばなくちゃなりやせん オッホン

 この小唄は明治27年頃(新暦晩冬一月)に作詞・三村周、作曲・一中節の都園中、初代清元菊寿太夫、二世清元梅吉の合作による江戸小唄です。 「元日や 田毎の日こそ恋しけれ」
 松尾芭蕉の句「更科日記)
 
 元日に詠んだ俳句を引用しております。初日の出を眺めながら、これが田毎の月(段々畑の水田に写る月)であったら、初日が田毎に写るだろうという意味の有名な句です。
 芭蕉のことを、おきなと呼んでいた所から、これを「老いも若きも」という言葉にして使ったもので、正月ともなれば、お互いに逢えば旧年中は色々とお世話になりました。本年もよろしくという所です。
 次の「むつまじ月」とは睦月(一月)のことで、ひねって「難し好き」として次の唄の数々にかけたもので、唄の好きな人が集まり、江戸小唄を作って目出たく遊びましょう、という意味です。
 明治中期、通人粋客が集まっては、江戸小唄を作って楽しでいた光景が見えるようなしゃれた小唄になっております。

 目もと口もと
目もと口もと 口もと目もと 目は口ほどに物を云う ためしをここに 象潟や 雨に西施が合歓の花
 
 この小唄は、久保田万太郎作詞・山田抄太郎作曲・昭和30年代(新暦晩春四月)の唄です。
 小唄は、夢に「西施」に似た美人を見たという万太郎が、その女性の目もとの美しさは、きりっとした中に憂いを含み、その眼は男性を引き込むような魅力を持っていて、「ためし」つまり、例えていうなら、中国の四大美女の一人、西施のような、美しさであったと唄っております。
 万太郎が引用した俳句は
 「象潟や 雨に西施が合歓の花」
 松尾芭蕉の句(奥の細道)
 
 芭蕉が象潟に舟を浮かべて、その雄大な景色の美しさに感動し蘇東場の「西湖」の詩を連想して、一句としたものです。  雨に打たれた合歓の花は、紫紅色で、白をぼかしたような美しさは西施そのものであるといっています。
 また、抄太郎の作曲も古典小唄調の軽妙な調子で、その女性の美しさを見事に表現しています。
 また、歌舞伎役者は役者名のほかに俳句を詠む時に使用する俳号を持っております。ちなみに、六代目菊五郎の俳号は梅幸、十代目団十郎の俳号は夜雨といい、現在でも団十郎を中心に夜雨の名前からとった小唄夜雨会が続いております。   暖かくなって春はどんどん進むものかと思っていると、意外に寒い日があったり、足踏みをするのは、この時季のお決まりです。お体に気を付けられ、くれぐれも体調を崩ささないようにご自愛ください。
 小唄 土筆派 家元
参考…木村菊太郎著「江戸小唄」

 三味線や小唄に興味ののある方、お聴きになりたい方、お気軽にご連絡下さい。中日文化センターで講師も務めております。稽古場は「料亭ヤマニ」になっております。電話059・228・3590。

 今、NHK大河ドラマ「光る君へ」が放送されています。今年は平安時代の話で盛り上がりますね。紫式部の『源氏物語』は十一世紀の日本百科辞典と言われており、世界最古の長編恋愛小説です。最初の書き出しが「いづれの御時か――」と記され、さらりと中国古典、白楽天の長恨歌の出だしにひっかけており、漢文(中国文化)に精通した教養の深さを知らしめています。時代を百~五十年前をイメージして現実をフィクションの世界に写し、自由な発想で書かれたこの小説には当時の人物、風俗、心理をよく捉えています。彼女の生きた現実の世は摂関政治(天皇を補佐し、政治を行う)藤原道長の勢力の栄えた時です。道長は長女彰子を一条天皇の中宮にしょうと望み、優れた侍女(女房)に紫式部を選びました。
 紫式部は宮仕えの呼び名です。本名は藤原香子(通説)。天延元年(973)頃に生まれ、長和三年(1014)四十一歳ごろに没したとされています。慣例に従い、紫式部としておきます。両親は藤原冬嗣の流れをくんでいましたが 父親藤原為時のときには末流となり受領階級(四等五等位の中流貴族は現地に赴任して行政責任者)になっています。『蜻蛉日記』の作者藤原道綱の母の父親藤原倫寧や、赤染衛門の父親赤染時用、清少納言の父親清原元輔も受領階級です。政治的にはダメであったが、文芸の世界で名をあげようとしました。
 父為時は詩人で漢詩に強い人。母藤原為信の娘ですが紫式部が幼い時に亡くなり、弟惟規は歌人。姉は死去しています。父から漢学、和歌をしっかりと習っています。
 五位以上の貴族層では赤ん坊が生まれると一人につき一人の乳母が付きます。乳母は授乳と養育を担当するので強い絆が出来ます。乳母からいろんな民話、昔話、説話、物語等を聞いて育っています。夢は上層貴族の妻になりたいとあこがれを持つ娘に育ちました。父為時は長徳二年(996)紫式部二十三歳ごろに越前守(現・福井県武生市の国司)になり就任します。一年後に彼女は一人帰京しています。二十五歳の時に親戚で父の同僚の藤原信孝と結婚します。20歳程年上の夫で、既に妻と5人の子供がいます。この頃は一夫多妻で三人の正式な妻を持つことができ、妾は多くあるのが当然の通い婚の時代です。
 受領の娘が玉の輿に乗ったのです!紫式部は二七歳の時に女の子(賢子・大弐三位)を産み、幸せになると思えた時、夫宣孝は長保三年(1001)四月に伝染病でぽっくりと死んでしまいます。彼女はこの時にいやという程の生身のはかなさ、生き方を知ったことでしょう。
 時の権力者藤原道長の強い要望で寛弘三年(1006)十二月に中宮彰子の家庭教師(女官)になり、約八年間の宮仕えをしました。宮仕えの前には『蜻蛉日記』の作者道綱の母の苦悩や物事を冷静に深く見る目に共感していますが、紫式部はもっと広い視野で社会に伝えたく女性としての人生の意義、あり方の全ての想いを込めて綴ったのが『源氏物語』であり、五十四帖の中の五帖ほどは書けていました。今の週刊誌を読む感覚で読まれていてすでに彼女の名は知られていたのです。
 この時代の男は公的な文章を漢字で表し、女は和歌をもとにした仮名文字が作られた時で、まさに和風文字が興った頃です。女房日記はかな文字で自分の気持ちを客観化して述べており、後世への参考書となるように儀式行事を書きとめています。教養(書道、和歌、琴、縫う)にあふれた紫式部ですが、もう宮中を去って会った事のない清少納言(『枕草子』の作者)にライバル意識があり、高くそそり立つ岩に思ったのか日記の中に悪口を書いています。その性格の違いからか二人は見事な文学を世に残してくれました。
 さて、『源氏物語』の夕顔の帖に書かれた六条御息所が光源氏との愛に溺れ、嫉妬に苦しみ生霊となり正妻や浮気相手を殺してしまう場面や、真木柱、夕霧の帖に現れるもののけ、生霊は恐い、すごいと思います。陰陽道の社会で生きた中古時代は恨み、妬み、恐れの想いが人を神経衰弱にさせ、ヒステリーにさせ、恐怖観念の精神の病となるのです。それらすべては紫式部そのものであり、自分を客観視しているところがスゴイなあ。
 貴族の女性にとって子供を産むことが一番のしごとです。書く女性は文章の中で自己主張や、社会批判をします。正妻は財産を守り、夫のために衣服を縫い、家具調度品を整え、やまと絵や和歌をふすま等に書き、これらの和風文化の成立はまさに女のなす力です。女は強いです。藤原時代は女の時代です。
 紫式部の『源氏物語』の根底には仏教思想を礎えにして男女の人間関係、罪、苦悩、人間の心身の変化を書いたものと思っています。彼女の作品は永久の読み物として人の心の中に残したのです。人間の愛は永遠です。
 (全国歴史研究会・三重歴史研究会・ときめき高虎会及び久居城下町案内人の会会員)

[ 1 / 36 ページ ]12345...102030...Last »