随想倶楽部

私どもサン新聞は、さっそく下記のようにお答えすること、それと同時にご質問者の方が「ザ・サン」の愛読者であることに大変大きな喜びを感じています。
「編集者さま、私は8さいです。私の小さな友だちの中には、サンタクロースはいないという子どもたちがいます。おとうさんは『サン新聞にそう書いてあれば、それはそうだよ、いるんだよ』と言っています。本当のことを教えてください。サンタクロースはいますか?
ヴァージニア・オハンロン、住所〔ニューヨーク市〕西95番街115番地」

ヴァージニアさん、あなたの小さな友達は間違っています。物事を疑わしく思う年頃特有の物事に疑いをもってかかるという考え方に影響を受けているのです。そういう子供たちは、目に見えるもの以外は何も信じようとしないのです。自分たちのちっぽけな心や頭で理解できないものは、何も存在しないと思っているのです。
すべての人間の心は、ヴァージニアさん、大人だろうが子供だろうが、小さなものですよ。
私たちのまわりの広大無限の世界と比較し、それとともに真実や知識の全てを把握することが可能な知性で測ってみれば、私達のこの広い宇宙のなかでは、人間の知性はただ単なる昆虫、そう人間は単なるアリのようなものにしかすぎません、
はい、ヴァージニアさん、サンタクロースはいます。サンタクロースは、愛と寛大さと献身が存在するのと同じくらい確かにに存在します。そして、あなたは知っていますよね、愛と寛大さと献身というものはたくさんあるし、それらはあなたの人生に最高の美しさと喜びを与えてくれています。
ああなんて悲しいことでしょうか! もしもサンタクロースがいなかったとしたら、世界はなんて暗くてわびしいことでしょうか。まるでヴァージニアさんみたいな子供たちが一人もいないのと同じくらい暗くてわびしいものでしょう。
そこには、子供らしい信じる心なんて無いでしょう、私達が住んでいるこの世界を耐えられるものにしてくれる詩や人を愛する心も無いでしょう。自分の手で触ることができるもの、自分の目で見ることができるもの以外、私達の楽しみはきっとなくなってしまうはずです。子供の時代とともにあり、世界を明るくしてくれているあの永遠の光は消されてしまうでしょう。
サンタクロースがいるなんて信じないだって!それなら妖精がいることも信じるのもやめたらどうですか!
おとうさんに男達を雇ってもらい、クリスマスイヴに全ての煙突の中を見張ってもらってサンタクロースを捕まえてもらうのもいいでしょう。しかし雇った男達がサンタクロースが煙突から降りてくるのを見つけられなかったとしても、一体それが何を証明することになるのでしょうか。
誰にもサンタクロースは見えません。でもしかしそのことでサンタクロースはいないということにはなりません。世界で最も本当の事柄は、子供も大人も見ることができないのです。
これまでにあなたは、妖精が芝生の上で踊っているのを見たことがありますか。もちろんありませんよね。しかしそのことが妖精はそこにいないという証拠にはなりません。世界にある目に見えなくそして見ることができない全ての不思議な事柄を誰も思いついたり、想像することができないのです。
あなたが赤ちゃんのガラガラ玩具をばらばらに分解してみれば、ガラガラ玩具の中で何が音を出しているのか、あなたの目でみることができます。しかし世の中には目に見えない世界というものがあります、その世界はベールに覆われています。そしてそのベールは一番強い男でも、たとえ今までにこの世に存在した最も屈強な男達が力を合わせても、バラバラに引き裂くことはできないでしょう。
ただ堅く信じる心、想像力、詩、愛、人を愛する心だけがそのベールを左右に押し開けることができるのです。そして向こう側にある美しいものと輝くものをながめたり描いたりできるのです
それは全て本当でしょうか。ああ、ヴァージニアさん、この世界に、本当で永遠に不変なものは、これら以外には何も無いのです。
サンタクロースがいないですって! とんでもない!ああなんてありがたいことに、サンタクロースはいます。そしていつまでも生きているのです。
今から千年後まで、ヴァージニアさん、いや、今から一万年の十倍あとの未来までも、サンタクロースは子供たちの心を喜ばしてくれることでしょう。〔訳・雲井保夫〕

あとがき

『サンタクロースっているの?』、これは1897年9月21日にアメリカ合衆国のニューヨーク「ザ・サン」紙に掲載された社説です。
1897年9月、ニューヨークに住む少女ヴァージニア・オハンロンは小学校で「サンタクロースはいるのか」について同級生と口論になりました。ヴァージニアはサンタクロースはいると主張しましたが、同級生はいないと言い張りました。
帰宅したヴァージニアは医師をしていた父親にサンタクロースはいるのかと質問したところ「ザ・サン」に投書して聞いてみるように提案してくれました。それで、ヴァージニアは「サンタクロースっているの」いう問合せの手紙を送ったわけです。この投書に答えるかたちで論説委員長をしていたフランシス・ファーセルス・チャーチ氏がこの「社説」を書き上げました。この社説は大きな反響を呼びました。
その後、読者からニューヨーク「ザ・サン」紙に読者から再掲の要請が繰り返し行われたので、1920年代になると同新聞は毎年クリスマスになると再掲するようになりました。そのうちに他紙にも引用されるようになり、いまでは古典のようになって、この『サンタクロースっているの?』はクリスマスが近づくとアメリカのあちこちの新聞や雑誌に繰り返し掲載されているということです。また世界中で語り継がれてようになっています。他紙にどんどん引用されていくうちにもともとのタイトルの『サンタクロースっているの?』ではなく『はい、ヴァージニア、サンタクロースはいます』として知られるようになりました。しかし今ではニューヨーク「ザ・サン」新聞は廃刊となってしまっています。
論説委員長フランシス・ファーセルス・チャーチさん(1839年2月22日~1906年4月11日)がこの社説を書いたことは、彼の死後の1906年になってから公表されました。といいますのも、社説といのはもともと新聞社全体の意見ですから匿名で掲載されるからです。
成長したヴァージニアはニューヨークで教職に就きました。引退する前の3年間はブルックリンにある病気療養児のための公立学校の副校長などを務めました。ヴァージニアは1971年に81歳でなくなりました。ニューヨーク タイムズ紙は、ヴァージニアの訃報を第一面で報じました。その見出しは「サンタの友達、ヴァージニア・オハンロン亡くなる」でした。
【参考文献】フリー百科事典『ウィキペディア』
令和3年10月18日〔雲井  保夫  小学、中学、高校英語及び英会話講師〕

◆三重大学管弦楽団・第57回定期演奏会 12月26日㈰16時から(開場15時)、津市久居アルスプラザときの風ホールで。ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」、シューベルト交響曲第7番「未完成」、チャイコフスキー・バレエ組曲「眠れる森の美女」よりワルツ。指揮は兼重直文さん。全席指定。前売600円、当日700円、大学生以下600円。

毎日、夕方のニュースで、各県別にその日のコロナ感染者の人数を報道していますが、いつしかそれを見るのが私の日課になってしまいました。このところ、三重県は徐々に減少してきました。
七月中旬に、今年は県外への旅行をやめて、伊勢にでも行こうかと、家族と相談し、昨年と場所を変え、温泉へ一泊旅行に八月中旬にでかけました。
いつものことながら、伊勢へ行くと、士清さんの事が頭に浮かんでしまいます。
伊勢は士清にとっては非常に縁の深い土地です。愛娘八十子が伊勢の御師職、蓬莱尚賢に嫁したことから、何度も伊勢を訪れているようです。
今回は士清の友人、幸田(度会)光隆について述べてみます。
士清は子世子明神の境内に『日本書記通証』『倭訓栞』『勾玉考』の草稿を埋め、反古塚をたてましたが、建碑の所に玉虫が三日間続いて現れたので、吉瑞と喜び、玉虫勧進の歌を募りました。その時、幸田光隆が「題谷川淡斎瘞稿図」を記しました。それには「洞津淡斎先生、日本書紀通証、倭訓栞、紙蔵諸石櫃をいれて碑たてた。三日間緑金蝉が出た」と、書かれていました。
『勾玉考』は奇石、珍石について士清が調べたことをまとめていますが、三輪山とか鈴鹿の長瀬神社、安濃郡長岡町、安濃郡五百野へは、自分で出かけて行っていると思われます。「勾玉考序」を書いたのも幸田光隆です。士清を先生と呼び、「穏やかで重厚、謙虚なお人柄で、まるで玉のようである」と、褒め言葉がつづきます。
光隆は『度会人物誌』によると、「幼児より和漢の学を修め、詩文に長じ、また神典にも通じ、宮崎文庫の講師たりしこと数年、著書に『山田人物誌』『談助篇』等がある」とあります。宮崎文庫は伊勢市にあった伊勢神宮外宮祠官度会氏の文庫で明治時代に内宮文庫の林崎文庫と合併し、神宮文庫と名を改めました。
『日本書紀通証』が出版されたのは宝暦十二年、士清は十三年に宮崎文庫、林崎文庫に献納しており、ちょうど蓬莱尚賢が士清の娘八十子を妻に向かえた時期で、伊勢との行き来があり、士清と光隆の交流が深くなったのだと思われます。
『藤花集』という光隆五十の賀を祝う、諸家の短歌を集めた物にも、谷川士清の名があります。これには河北景楨、平宣長(本居)も寄せています。

度会のぬしの五十を賀してよめる
谷川士清

しき浪の数にをとらんいせの海 よする齢も豊のみや人
(谷川士清の会 顧問)

[ 1 / 32 ページ ]12345...102030...Last »