随想倶楽部

LPレコードの再評価しきりとか、行きつけのレコード店の話では、音楽雑誌などでLPの名盤を見つけて取り寄せを依頼にくる人がいるそうです。ならば私もLPをと、愛蔵の名盤をあれこれ取り出しては暫く休眠していたレコード・プレーヤーで聴いています。
夜、ご近所が寝静まってから、私の好きなチェリスト、ヤーノシュ・シュタルケルの名盤「コダーイ《無伴奏チェロ・ソナタ》」をターンテーブルにそっと乗せて一人で聴いていると、何だかしんみりした気分になります。半開きにしたプレーヤーのカバーに、静かに回転するLPのレーベルが映るのは、CDでは味わうことのできない良い眺めです。
私のプレーヤーは、中の中級といったところでしょうか、「マイクロ精機」製のベルトドライヴ方式です。当時すでに、電子制御によるダイレクトドライヴ方式のプレーヤーが出まわり始めていました。しかし、敢えて私は、黒を基調にした武骨なデザインの「マイクロ精機」製ベルトドライヴを選びました。
「マイクロ精機」は、今は会社が無くなっているようです。戦時中は、戦艦の建造にかかわっていた会社だったと聞きました。真偽のほどは分かりません。戦後、兵器製造の会社が平和産業に転じて、精密機器の製造などで「メイドインジャパン」の名を高めたのはよく聞く話です。武骨なデザインと、戦艦の砲身を連想させるずっしり重いターンテーブルから察すると、「マイクロ精機」もそのひとつだったかも知れません。
ところが最近、使用頻度が高くなったせいか私の愛機の回転速度がおかしくなってきました。速度調整装置を使って微調整を試みても、一向に効きめがありません。そこでオーディオマニアの友人に助言を求めました。原因は、ベルトが劣化して緩んできているのではないかとのこと、早速予備に残していた新しいベルトに交換したところ、たちまち正常に戻りました。何ごとも「緊張」が肝要ということです。
余談ながら、私が総合文化センターにいたころ、田畑総長からよく聞かされました。「三重県に帰って来て県内を方々まわってみると、三重県は気候温暖なせいか皆さん穏やかで親切な人が多い。しかし、総合文化センターのようにたくさんの人が出入りする施設では、穏やかで親切な中にも常に〝緊張感”を持って仕事をすることがたいせつだ」と。
レコードプレーヤーの話でした。私の愛機は、持ち主同様に相当な「高齢」?のはずです。ベルトを交換してからは使用頻度を我慢して、多くても一日LP3枚に制限し、無理をさせないように扱うことにしました。今は、正確に、静かに、そして忠実に名曲を聴かせてくれます。
さて今夜は、ジャケットに「世紀の名演」とある、フルニエとバックハウスによる「ブラームス・チェロソナタ《第2番、第3番》」と、同じくジャケットに「不出世の顔合わせ」とある、ミケランジェリとチェリビダッケ・パリ管による「ベートーヴェン・ピアノ協奏曲《皇帝》」の2枚を聴くことにします。
(元・三重県総合文化センター副総長兼文化会館長)

チョコレート・ケーキが大好きな女性なら、ウィーンの銘菓「ザッハ・トルテ」をご存知のことでしょう。
この「トルテ」はウィーンの「ザッハ・ホテル」でしか味わえないといわれています。しかし「個人輸入」で「ザッハ・ホテル」のパティシエが手作りした本物の「ザッハ・トルテ」を直接取り寄せられるということをご存知ですか。
私は今回、手始めに「ピッコロ、直径12㎝」をメールで注文してみることにしました。商品代金、諸手数料、送料、決済方法の問い合わせメールを送りました。
すると返信メールがすぐ来ました。早速、必要事項をメールしました。これまたすぐさま、注文の御礼と、出荷日の案内メールが来ました。DHLの国際荷物便で送るとのこと。
一週間くらいかかるかなと思っていましたら、注文メールを送って4日後に到着しました。この対応の迅速さには、びっくりしました。
段ボールでしっかり包装された上には送り状が貼付されていました。梱包段ボールを取り除くと「木箱」が出てきました。角が金色の金属で補強され、Hotel Sacher, Wien, Original Sacher Torte, その上に ホテル・ザッハの紋章が焼印で押されるではありあませんか。
早速ふたを開けてみると、四隅に緩衝材を丁寧に詰めてあり、その中に心待ちにしていた「ザッハ・トルテ」が収まっています。すぐに食べたい気持ちを押さえてしばらく眺めていました。
これがうわさに聞く「トルテ」か。
お気に入りのクラシック音楽を流し、好みのコーヒーを淹れ、少しずつ「トルテ」を味わいました。チョコレートの味は何と言い表したらいいのかわかりませんが、今までに経験したことがない奥深い上品な甘さ。気分はウィーンの「ザッハ・ホテル」に居るようで私は至福のひと時を過ごしました。
それから3日後、ホテル・ザッハから領収書が郵送されてきました。そういうことで、音楽の都ウィーンに行かなくても日本にいながらにして「ザッハ・トルテ」自宅で満喫できました。
一度皆さんも試してみてはいかがですか。簡単にできます。
(津市在住)

(前号からの続き)
「高校生講座コミュニケーション英語Ⅲ」、アメリカ人男性講師、日本人講師、現役の高校生が出演。その日のstoryをきちんと聴くことがリスニング力の向上につながります。words and phrases, 文法の説明や英語表現があります。It’s Greek to me. というイディオムが出てきたことがあります。これは日本語で「ちんぷんかんぷん」という意味で英語圏の人は知っているイディオムです。題材が豊富で英語力だけでなく、いろいろな知識が身につきます。同時に英語で自分の言いたいことが言える表現力も身につきます。「オズの魔法使い」や「ロゼッタ ストーン」が題材になったこともありあます。高校英文法の応用文が取り上げられます。例えば「無生物主語」が取り入れられたことがあります。Nothing will ever cause him to change his mind. などです。20分。

「ラジオ英会話」、 アメリカ人の女性と男性講師および日本人講師。その日の話題がアメリカ人講師による英語でやり取りがあります。内容はアメリカ人の日常生活の話題が多い。words’phrase, expressions and idioms 説明があります。発音練習や 発音時のリズム、イントネーションや reductionの説明があります。英会話文法では先日「単数のthey」という講義がありました。Everyone has (  )problems. さて皆さん括弧の中に同のような単語が入りますか。正解はtheirです。
英語literacyでは英語そのものの極めて詳しい説明があります。学校、参考書などでは教えてくれない実用英語の奥深さを丁寧に教えてくれ、あなたの英語への知的好奇心や疑問を解決してくれます。英語力の幅ができます。番組の中でListen for it.というリスニングの時間があります。これはかなり話すスピードが速く、しっかりと集中して聴かないと「アッ」という間に終わってします。毎回設問がありますが、これに答えられればあなたのリスニング力は相当あることの証明になります。英語をもっと突っ込んで勉強したい人にはいい番組です。15分の番組。

「攻略英語リスニング」先ず、「その日の話題の英語」が約5分流れます。それからwords and phrases, 英文の音声変化の説明があります。「語彙力の強化はリスニング力の強化につながる」と毎回強調しています。これは「至言」です。意味がわからない単語や表現はただの音としか聞こええず、英文の意味は理解できません。あたりまえのことです。「その日の話題の英語」は1レッスン15分の間に3回流れます。内容は自然科学、歴史、芸術等様々な分野がテーマとなっています。2回目に先立ち「設問」が出されますので、それを意識して聴き、正答をすることで「リスニング」に自信がつきます。リスニング力強化を図る上で重要な「シャドウイング」の練習が毎回あります。声を出してしっかり練習しましょう。スピーキングやライティング、英語の総合力もつきます。高2くらいから聞き始めることをお勧めします。

高等学校で配布された「チャート式基礎からの新総合英語」、「新エスト総合英語」等文法書、「DUO 3.0」や「システム英単語、英熟語」等の本を高1の段階で完全制覇しておいてください。これらの英単語の参考書には別売りの「音声CD」がありますので、それを購入してそれぞれの単語がどのように発音されるのかを知ってカタカナ式の発音から脱却してください。例文や単語は必ず「音読」してくだい。これが大切です。「語彙や熟語力や文法力」はリスニング力の強化につながります。これらで語彙力と文法力を十分につけたところで、高2くらいから市販されている「センターリスニングの問題集」何冊を繰り返し解き始めてください。

「入門ビジネス英語」、米人講師2名と日本人講師。この番組が「東大のリスニング対策」に同のような関係があるのかとおもわれるかもしれません。冒頭リスニングにあたるbusiness sceneがアメリカ人やイギリス人のやり取りが流されます。内容は全部が全部ビジネス関連ではありません。発音練習や文法的や語彙や句、慣用表現も随所に出てきます。リスニング強化に大切な練習の「シャドウイング」があり、聞き逃せない番組です。15分。

「ジャパン英語ニュース」、英語ニュース。20分。日頃から新聞をよく読んでおくと」背景知識があるので、知らない単語が出てきても推察がつきます。気にせず全体の内容を理解する練習教材にはうってつけです。「東大リスニング」の時事問題対策にはいいでしょう。

以上、案内しました番組をほとんど毎日継続して英語リスニングの勉強することで、あなたの英語のリスニング力は確実につきます。たゆまず、あきらめず、コツコツと努力を重ねてください。このことは、「リスニング問題」の対策だけでなく、センター試験のリスニング対策にもつながります。高1になったら、毎日最低30分程度は英語を聴きリスニング力の強化を図ってください。

その他、前述の番組のリスニングで数字に慣れておくことが大切です。1億くらいまでの読み方、年号、分数、倍数、時間や序数などを英語で何と言うのか口に出す練習をしてリスニング問題に数字が出てきたときに瞬時に頭の中に入るようにしておきましょう。
数字は簡単なようでリスニングとなるとなかなか厄介な相手です。またリスニング問題にはどのような話題が取り上げられるのか判りません。それで日ごろから英語以外の教科書や新聞等をよく読んで色々なことを頭に入れておきましょう。
背景知識があるとリスニングの内容が把握しやすくなります。また英語の発音はアメリカ英語やイギリス英語だけの違いによるものだけでなく、男女、年齢、声の高低、話す速度、発音の明瞭さ、その人その人の発音の癖など様々な要因により異なることは承知しておかなくてはなりません。それで日頃からできるだけ多くの人の色々な発音や話し方に耳を傾けて「英語のリスニング」に慣れておきましょう。幸運をお祈りします。 終り(津市在住)

[ 10 / 26 ページ ]« First...89101112...20...Last »