随想倶楽部

病院の入退院や転院、施設からの付添い、お出かけ介助など仕事内容は日々変わるが、安全安心に目的地へお送りするのが我々の使命である。
看護師が同乗して目的地へ搬送する民間救急も、患者さんと病院をつなぐ大切な役目を果たしており、そのつど利用者さんの思いに応えて寄り添えることは、自身にとって仕事への大きな原動力だ。
その日その時の、患者搬送と福祉タクシーの業務をピックアップした。

この日の仕事は、患者搬送。患者さんは急性期を経て、家族が待つ他県の病院へ転院が決まった。
移送距離が長い時や体調に注意を要する時は、事前に当社と病棟看護師との間でカンファレンスをさせていただき、搬送先までのシミュレーションをする。
患者さんの体調は機器類の積載が必要とのことで、当社で民間救急車輌へ準備を整えた。
患者さんを気遣う家族の思いは、やっとこの日を迎えた事や、搬送先での回復への期待と一抹の不安が交錯しているのが、我々搬送スタッフ側にも伝わる。
患者さんと看護師、家族も同乗して、早朝に出発。転院の荷物を満載して、自動車道をひたすら走った。 片道270㎞の中距離だが、患者さんに万が一、変化があった時は、搬送元病院の指示を得て、最寄りの病院へ変更するよう指示を受けている。
道中、搬送元の看護師による適切な処置は、緊張していた患者さんに安心を与え、ドライバーの安全運転にも良い効果を与える。途中、渋滞があり、時間の遅れが気になったが、幸い特変はなく搬送先病院へ着いた。家族も長時間の車内での緊張がとけ、ほっとした表情。
担当者に引き継ぎをし、安全な運行ができたこと、人と人の心の絆に少しでもお役に立てたことを感謝し、帰路についた。

ある日、仕事を終えた夜10時、救急で搬送された病院から、帰宅搬送の依頼が入った。骨折の疑いだが、アパート上階への介助が必要との情報で、介助員が同乗した。
注意しながら、患者さんを車椅子で階段介助して問題なく終了した。
帰社して間もなく、再び同様の帰宅搬送依頼。既に午前零時を回っており、高齢独居の患者さんとのことで、再度介助員同乗で搬送。深夜で注意を要したが、特変なくお送りした。

他日の日曜、夜間診療所への搬送依頼。高齢で発熱のため、救急へ電話しようと考えていたらしいが、家族が「救急車を呼ぶほとではない。他に重症患者がいては大変」と、当社へ依頼したらしい。
軽症だが、救急車をタクシー代わりに呼ぶケースが社会問題になっている中、「道理をよく考えた判断だ」と思った。診察後、医師が指示した病院へ再搬送。

ほのぼのした利用例もある。
独居のお年寄りから、お墓参りをするための車椅子介助送迎。距離が遠く、菩提寺では兄弟が首を長くして待っているとのことだ。墓まで野道を通らねばならず、転倒の心配があり、車椅子対応車輌を依頼された。利用者さんと、福祉タクシーのドライバーも当日は女性で、会話に花が咲く。
現地では兄弟で久しぶりに会話が弾み、無事墓参りを終えた。「また連れて行って」との一言で、次のプランに期待。外出をためらわない姿勢は、大いに見習いたい。

利用者さんからは遠近様々の依頼があるが、基本は「交通弱者」の人達。ある勉強会で得たSOC(わかる感、できる感、やるぞ感)という行動力を搬送に生かしながら、新たな目標を立てて今後の仕事に応用していきたい。
(民間救急  はあと福祉タクシー代表)

(前号からの続き)
遺体はB29が墜落する際その衝撃でさけた松の木の上枝に挟まれてほとんど風化していた遺体を偶然に見つけたものである。
津市のCIC(アメリカ陸軍防諜隊)が遺体を回収した。B29に搭乗していて、体当たり後、機外脱出に成功しパラシュート降下できたのは尾部機関銃手のレスター・J・シェルスタース3等軍曹だけである。
彼は倭村の惣谷付近に降下した。現場付近に駐屯していた大阪の特別守備隊第1大隊や倭村の警防団員らが彼の行方を捜索していたところ、不通になった電車にたまたま乗り合わせていた大阪府警の馬場巡査〔19歳〕が彼を捕まえ、電車の線路上を歩いて倭村役場(白山町中ノ村 138─4)まで連行した。
集まった群衆は彼に激しく罵声を浴びせたり、殴り掛かろうとする者もいたが警官らに制止された。彼は頭部に怪我をしていた。巡回看護婦の木村ゆき子さんが呼ばれ、シェルスタース3等軍曹に応急手当をした。「ありがとう」とシェルスタース3等軍曹は言った。
きっと木村さんは看護婦としての使命感で慈愛にみちた心で手当てをしてあげたに違いない。頭に包帯が巻かれた。『婦人従軍歌』の4番に「味方の兵の上のみか 言も通わぬあだ迄も いとねんごろに看護する こころの色は赤十字」とある(注釈、「言も通わぬあだ迄も」…「ことばも通じない敵でさえも」。「いとねんごろに」…「とてもていねいに」の意)。この歌そのままに米兵の傷の手当てをされたに違いない。
その後、歩いて榊原陸軍病院に本格的な治療を受けるために向かった。途中の道にはその米兵を見ようとすごい人だかりができていた。佐田あたりでは「うちの息子はアメリカ兵に殺されたんや」と今にも米兵に殴りかかりそうになった。 そこにいた佐田の伊藤幸雄さん、明治35年生まれ、がその人を制止し自分の家の中庭に招き入れ、つるべ井戸のつるべから直接米兵に水をのませてあげた。
蒸し暑い夏の冷たい井戸水に。今は捕虜となった若いアメリカ兵はきっとその一掬の水に、「ありがとうございます。感謝します」と丁寧に御礼を言ったにちがいない。
多くのB29搭乗員は日本本土を爆撃に出撃する事前の打ち合わせで上官から「日本本土にパラシュート降下したら怒る住民により殺されるかもしれない」と教えられていた。それ故にこの一掬の水はそれこそ「地獄に仏」だっただろう。
榊原陸軍では病院長の中西軍医中尉の治療を受けた。その後、久居警察署の警官がトラックで津憲兵隊に送り、翌日、津駅から名古屋市中区三の丸の東海軍司令部に送致された。同年7月14日、東海軍司令部の第2兵舎裏で斬首刑に処せられた。シェルスタース3等軍曹は1917年8月22日生まれ。享年28。ミシガン州、ミルフード出身。

中川少尉に体当たりにより撃墜されたB29(機体番号44─69873)の搭乗員は次のとおり…
機長…ベンジャミン・G・コーダス中尉、認識番号0─792611。パイロット…フィリップ・D・デフレーツ少尉、0─831136。航法士…ハロルド・L・ブレーク・ジュニア フライト オフイサー、T─128429。
爆撃手…エドウィン・I・クシュナー フライト オフイサー、T─5571。レーダーオペレーター…アルバイン・C・バルトラス少尉、0─2066701。フライトエンジニア…ジェームズ・B・マッコード2等軍曹、16078854。無線士…ラマー・H・ヴァルモント3等軍曹、13145717。中央射撃コントロール…フランク・J・ベヌスカ2等軍曹、36902948。
右側機関銃手…ダッドリィー・T・ハーキンス3等軍曹、31448535。
左側機関銃手…ロバート・ギャフニィー軍曹、31431913。尾部機関銃手…レスター・J・シェルスタース3等軍曹、36877137。
以上11名。シェルスタース3等軍曹の一番近い親族は「母」となっている。

「中川少尉は津市を空爆する予定のB29に体当たりをした」という文献もあるが、これは間違いである。米軍のMissing  Air Crew Report(行方不明航空機搭乗員報告書)にはコーダス機の爆撃目標地は「各務ヶ原」と明記されていることから容易に判る。

コーダス大尉機の編隊を率いていたヴァン・パーカー少佐のコーダス大尉についての回想がある。
「ベンジャミン・コーダス大尉に関して、私は以前彼が話すのを聞いたことがある言葉で強く私の胸にこたえた思い出がある。彼はこう言っていた『太平洋のここでの空戦はそんなに激しいものではない。君達はヨーロッパの空をあの爆撃機を飛行させて我々と共にドイツ空軍と戦うべきだった。あれは本当に激しい戦いだった』」。コーダス大尉はドイツ空爆にB17爆撃機を操縦し、ドイツとの戦いが終結後、B29の爆撃隊に参加していた。

中川少尉の操縦する戦闘機は二本木の延寿寺を北に見て左右2キロメートルの円内にバラバラになって落下した(現在の白山台付近)。赤い鮮やかな日の丸のある銀色のもぎ取られた左右の主翼がヒラヒラと落下してきた。
日の丸が描かれた胴体。原型をとどめない操縦席のあちこちに肉片が付いていた。鮮血に染まっていた。計器メーター類も散乱し、エンジンや車輪、尾輪もあった。プロペラは延寿寺のすぐ傍に落下した。操縦席の西側少し離れたところにB29のエンジンの付いた右主翼が煙を吐いて落下していた。中川少尉は体当たりした瞬間に機外に放り出されたが、機体に取り付けてあったえいさく環により自動的にパラシュートは開いた。中川少尉のパラシュートは東の伊勢湾方向へと風に流されていた。       (次号に続く)

ゆとり教育についてです。今さら何だと思われる方もいらっしゃるかも知れません。けれど、年齢的には、現在、だいたい十四歳から三十歳になる人たちが、その政策に基づいて学校で学びました。社会人としては既に十年ほどの経験者になっています。一方では、この春に中学三年になる生徒たちは、まだ、ゆとり教育の世代ということになります。ということは、ゆとり教育による影響は、まだまだこれからも続くということです。
ゆとり教育で学校で学んだ子どもたちや保護者を苦しめているのは、「学力低下」というレッテルを貼られて、その「埋め合わせ」を高校受験や大学受験、就職試験のために、あたかもそれが「親切」でもあるかのように、押し付けられるということです。
この数年の中学生や高校生の購入させられるワークブックや参考書などの教材の量は、見ただけでことばを失うほどの量です。身近にそういう生徒がいない方は想像してみてください。一つの教科だけで、小学生のランドセルがいっぱいになるぐらいあるのです。それを購入させられる保護者の経済的な負担、それをこなそうとする教師のストレス、何より、それを課題として毎日させられる子どもたちの人間性を破壊してしまう危険の高い苦役。
そこへ、「学力の補てん」としての学習塾が、金銭と時間と労力を必要とします。過去の話をしているのではありません。今の中学生や高校生とその保護者が、そのような「現実」を受けているのです。大学生やその保護者ですら、大学の学費以外に、大学が契約する就職に関する勉強会に参加させられ、金銭と時間を費やしています。
私が大学教員だった時、外部の講師が来て、教育心理や教育制度などを学生に教える半ば強制的な学習会があり、学生にまぎれて受けてみたことがあります。
教員採用試験の準備のための学習会では、要領よく簡潔に要点をまとめて、過不足なく講師が学生たちに教えていたので、これは役に立つ、と素直に思いました。ただし、同じような名前の授業が大学のカリキュラムにもあって、その専門の先生もちゃんといますし、その単位を取らなければ卒業できません。
大学が就職予備校になるのなら、その学習会の講師のような人を教員にして授業をすれば、学生は経済的にも時間的にももっと有意義な使い方ができるはずです。教育学士という専門家を養成するのが大学の目的であるならば、その学びの成果の一つが採用試験の対策になるのは、当然のことと思われます。
私立の大学では、かなり以前からそのような外部委託と大学教員による補習を充実させて、教員採用試験の合格者を多く出しているところがあります。その合格者の数に圧倒されて公立大学系でもそのような「対策」をするのも定着してきてしまいました。
もうお気づきの方もいらっしゃるかも知れません。ゆとり教育は、そのものが「失敗」なのではなく、そこに新しい教育成果を見る目が定着する前に、旧来の知識と技能を中心とした「学力」を持ち込んで「判定基準」にし、保護者や子どもたちを不安に追い込んだ人たちによって、見事に「食い物」にされたのです。責任は政策にもありました。ゆとり教育で社会人を育てるまでの一貫性を、制度上で保証しませんでした。
戦後の教育でもっとも悲惨な事態がこうして作られました。大変まずいことは、ゆとり教育の子どもたちや、それにかかわった教師や教育委員会の役人、教育学者などが、ゆとり教育を否定する側の「学力」での「勝ち組」となって、今の学校教育を進めているという事実です。旧来型の「学力」の低下を自己責任と思い込まされて、それを懸命に補った人たちが、新人や中堅やベテランの教師となって子どもたちの前に立っています。
だから学校や塾でやっていることが、自分たちがしてきたことと同じ、一つの教科だけでランドセルがいっぱいなるぐらいの、問題集や参考書の押し付けなのです。
そこへ、今度は制度からの抜本的な教育改革が始まりました。学校現場や教育委員会、学習塾や学習教材会社などから、改革を「骨抜き」にしようという抵抗が起こるのも無理はありません。そんな改革をされたら、自分たちの明日がなくなるからです。しかし、その方法で教育を「食い物」にしてきた人たちの明日よりも大切なものは他にあります。
このように書けば、聡明な方はお気づきいただけたと思います。この春に中学校を卒業する子どもたちは、ゆとり教育のおかげで、始まった教育改革で活躍できる力を持っているのです。多量のワークブックで苦しめられた中学時代が間違いで、のびのびとしていた小学校時代が正しかった、と意識転換をし、自分のやりたいことをとことん追究する。大学進学や就職を考えるなら、科学、芸術、スポーツなどで、客観的評価を受けるまで成果を出す。また、たくさん本を読んで自分の感性と思考力を磨き教養を身に着ける。
そのための、ゆとり、を持てる進路を選択する。そうやって、日本の未来のために自分の教育を創造できる時代になったのです。

(伊東教育研究所)

[ 2 / 22 ページ ]12345...1020...Last »