随想倶楽部

 入院することになりました。病院長は昔からの友人なので心強いです。病院内の合言葉は「ありがとう」と笑顔で満ちています。なんとなくパワーをもらった気持ちになりました。
 宿命は生まれもっての天から授けられたもので、運はその人が作っていくものだと云われています。
 運といえば、来年のNHK大河ドラマは「軍師黒田官兵衛」です。もう一人の軍師、竹中半兵衛と共に豊臣秀吉に仕えて〝両兵衛〟といわれた一人です。
 竹中半兵衛は病弱で若くして才能を惜しまれながら軍配・軍扇を黒田官兵衛に形見として残してこの世を36歳で去っています。そのあと、日の出の勢いをもった秀吉の後押しをしたのが黒田官兵衛です。彼は戦国時代の多くの戦いの采配を振り、秀吉を勝利者へと導いていったのです。
 そして初代津藩主、藤堂高虎は豊臣秀吉の弟秀長の家臣となり多くの戦いに参加しています。ただこの二人の違うところは、官兵衛は天下を見すえていたが、秀吉に才気をすべて吸いとられた軍師であるといえよう。知略が冴えすぎて、それ故にのちに秀吉に疎まれて九州の一国(筑前)に追いやられたのです。
 運は秀吉に、家康に味方しました。官兵衛はのちに心おだやかに「人生は風の如し、水の如し」の言葉から如水と号して59歳でこの世を去りました。
 これとは逆に、高虎は常に二番手に控える気持ちの持ち主で、徳川幕府の家康、秀忠、家光三代の将軍に信頼され「わからない事あれば高虎に聞け」とまで云わしめています。
 官兵衛より10歳年下の高虎は彼を信奉する一人で戦い方や築城術を倣っています。宇和島の牛鬼祭は官兵衛考案の亀甲車が基になっていると云われています。 生まれ持った性格がその人を形成していくものなのでしょう。官兵衛の先祖は近江国を追われて彼の三代前の高政の時に備前国邑久郡福岡(現・岡山県瀬戸内海市長船町福岡)に住み、更に姫路に移り重隆(高政の子、官兵衛の祖父)の時に、目薬「玲珠膏」を売って財をなしました。
 小豪族となり、更に姫路城の守将となります。官兵衛は姫路城に天文15年(1546)11月29日に生まれています。幼い時から姫路城下の賑わいや世の中の情勢を身をもって知り生きる術を学んでいます。 
 高虎は近江国犬上郡在士村(現・滋賀県甲良町)に弘治2年(1556)1月6日に生まれています。一郷士(自分の力で生きていく一さむらい)として良き主君をもとめて(この時代は武士が主君を捜し求めるのが当たり前)7回程替えています。常に二番手として主君には誠意を持って仕えています。
 戦い(関ヶ原戦など)済んで、共に一国の城主になり、藩ではよい政治をしています。官兵衛は人の意見を広く聞こうと異見会を行ったり、領民との会話に出かけたりしています。物事への心構え等がいろんな伝記に書き残されています。又、高虎の考え方、生き方は家訓や「高虎公遺訓二百ヶ条」にもうかがい知る事ができます。
 さて、私の乗った車椅子の後ろで声がしました。退院される患者さんが「いろいろとありがとうね」と笑顔で看護師さんに礼を言って挨拶をされていました。その看護師さんは、嬉しそうな顔で「お礼を言って下さった時、お世話させてもらって本当によかったわ」と私に言ってほほ笑みをわけて下さいました。
 運は人それぞれに心の持ち方で開けて行くのでしょう。天の采配やその人の心のあり方でいかようにもなります。自分を信じて明るく生きよう!
 「寛ちゃん(病院長)によろしくお伝え下さいね」と病院を後にしました。私は車の中で空を見上げて「ありがとう」とつぶやきました。
 (椋本 千江 全国歴史研究会・三重歴史研究会及びときめき高虎会会員) 

 西田半峰、本名「武雄」は、明治27年(1894)
一志郡七栗村字森(現・津市久居森町)に生れた。
 6歳の時、横浜に住む母の従兄弟から養子に迎えられ、幸福な少年時代を過ごす。小学校を卒業後、横浜商業高校に入学、在学中から好きだった絵の勉強を始め、第8回文部省美術展覧会(文展)に水彩画「倉入れ」が入選する。
 当時の文展はかなり高い権威があり、西田本人は当然、美術学校への進学を希望する。しかし卒業後、父の強い反対に遭い、しかたなく、本郷洋画研究所に入り、自活しながら絵の勉強に励んでいくことになる。
 この頃、西田はエッチング(銅板画技法の一つで、ろう引きの銅板に針で描いた線画を酸で腐食させて原版とする凹版印刷。また、その技法で印刷した絵画。腐食銅版画)の魅力に取り付かれ、研究に没頭してゆく。当時、エッチングは知る人も少なく、道具類も外国から取り寄せなければならなかった時代で、彼は様々な苦労をしながらエッチングの作品を試みるのである。
 かくして、大正12年(1
923)の関東大震災後、西田はエッチング普及のため「室内社画堂」を開店、画家の個展を積極的に開催し、現在の画商が持つ要素となる写生旅行や、展覧会準備のために必要な資金を貸す一種の質屋のような金融機関をつくるなどの活動を行ったのである。まさに、西田が洋画商の草分けといわれる所以である。
 また、エッチングに芸術家としてのあり方を見い出した西田は、画商の仕事と平行してエッチングの普及に奔走、全国各地を巡回してエッチング講習会を開催し、さらに、「エッチングの描き方」を出版、昭和7年(1932)には、雑誌「エッチング」を創刊、最盛期には2500部、その後、11年間で125冊を発行している。
 こうした西田のエッチング普及拡大の活動に刺激され、彼の門下から多くの若い銅版画作家が育っていった。
 しかし、時代は戦争へと移り、大政翼賛会の指導で日本版画奉公会が結成され、雑誌「エッチング」も「日本版画」に改題される。そしてそれもやがて廃刊となり、室内版画堂も空襲を受け焼失してしまう(半峰という名は、日本版画奉公会の略称で「版奉」をもじったものである)。
 戦災で何もかも失った西田は郷里の久居に疎開。昭和20年(1945)、終戦となり以後、友人知人らによる帰京への招きも断わり続け、半ば隠遁生活を送りながら、昭和27年(1952)1月1日から5万枚の葉書絵に挑戦する。昭和36年(1961)7月病に仆れ、亡くなる直前まで書かれた絵や狂歌の葉書絵は2万6744枚に達したという。
 ここに、「思い出の西田半峰のハガキ絵より」その一部を紹介する。
 ▼「日本負けたを知らずに、死んだ墓に詣でる人もなし」
 ▼「敗れても骨だけ残る日本かな」(うちわの絵とともに)
 ▼「鬼にふた色ありときくが、近頃出るのは赤ばかり」(これがほんとのオニモツ)
 ▼「講和になったらどうしょう、せんそうほうきではきだして、神や仏のすすはらい、燈明あげてもう一度、高天ヶ原の鈴の音や、諸業無税の鐘の音や、永世かけた中立を、祈る理想の旅姿。講和になったらどうしょう、赤と青とでそめわけた、武装国家の板ばさみ、敵と味方のへだてなく、大和なでしこさくらばな、パンパンガールに不二の山、観光ホテルに真珠貝、文化国家の粗製品。講和になったらどうしょう、独立自損の勘定は、土地を失い人が増え、もらい米して金を借り、デモクラシーの早変わり、民権金権ところ天、骨のないのが自慢なり、ああ火のもとにご用心」
 ▼「行水のたらいが浮かぶ青田かな(老人が裸でたらいに入っている絵)」
 ▼「終点の間近に迫る汽車の窓どの風景も身にしみて見ゆ」
 ▼「戦争を忌避する学生ストライキ頭の瘤は禁死勲章」
 ▼「雨はふるふる半峰は曇る谷の出水で酒足らぬ」
 ▼旅は身軽に荷物は手軽る気軽る足軽るうれしがる」
 西田半峰、昭和36年(1961)7月26日没、享年67。西田没後、百ヶ日に東京で開かれた追悼会で、武者小路実篤が「気持ちのいい人柄、何しろ珍しい男で、もっと長生きして益々奇人ぶりを発揮してほしかった」と述べている。
 少し風変わりで、しかし魅力的な人物であったことが伺える。 (新津 太郎)

 「伊勢新聞社」の創業者松本宗一は天保13年(1841)2月25日、一志郡矢野村(現・香良洲町)で父恒久の次男として生を受けた。名は久成、後に松蔭と号す。
 祖父・安親は三重郡松本村(現・四日市)の出身で水利の専門家として藤堂藩に仕え、荒れていた岩田、塔世の川を治め、さらに、塔世川(現・安濃川)の砂州を干拓して良田とし、廃田を復したなどの功により松本崎(現・島崎町)の庄屋を命じられた人物で、度胸があり、いかなる困難にも立ち向かう人であった。
 また、父・恒久も水利に詳しく、矢野村大庄屋を預かっている。
 宗一は幼年より頭脳明晰で勇気と知恵に優れ、父は常に「祖父・安親によく似ている」と語っていた。学業、武道共に抜きん出ていた宗一は、16歳の時に藩より兵80人を指揮する歩兵小隊長に任じられた。元治元年(1864)、京都で蛤御門の変が起こり、宗一は部下を率いて、この戦いに参加、ひき続き敦賀の天狗党、十津川に天誅組の戦いにも参戦して手柄を立てている。
 かくして、20歳で島貫町(現・雲出島貫町)の庄屋を拝命する。
 明治元年(1868)戊辰戦争後、世の中が変動し藤堂藩も藩内の産物を集め開港場に送って貿易を始める。ところが、間もなく失敗し多額の借金を背負ってしまう。しかも、責任者の二人が相次いで死亡、その後の処理が宗一に回って来る。仕方なくその損失を宗一は私財を投げ売って穴埋めしたのである。
 明治11年(1878)7月、府県会が布告され、三重県では翌12年4月に第1回の選挙が行われ、宗一も多くの人たちから推薦を受けて当選する。 
 宗一は自前の正論を堂々と述べ、支持者も多かったが、持論が県会の場に合わないことを察知して辞めることになる。ここでは自分の所信が実現できないことを悟ったのである。
 これに先立つこと2年、明治10年10月27日、自由民権思想と国会開設要求の世論を受けて、宗一は佐賀の人・安永弘行と「伊勢新聞社」を立ち上げる。伊勢の国という伝統的地名が由来であった。
 かくて、待望の第1号が明治11年1月17日、1部1銭で発行された。発行場所は、安濃郡乙部村(現・寿町)、当時論説文を書けるのは侍だけで不平士族が中心であった。当初の伊勢新聞は手書きで読者は18名、改進党系の論陣を張り、その後活字印刷となり98号から日刊となっている。
 社の精神は論説、活字1本に至るまで〝公〟のためのものであり、新聞の性格については、「ローカルに徹し、県民の声の代表」であることを明言している。 1号から3面に子ども欄を設け、2号は50日後の3月6日に発行されたが、この間に有力なパートナーであった安永が急死、この後宗一に次々と苦難がのしかかる。
 言論をもって時代の耳目になろうとした宗一であったが、あまりにも激しい情熱が時勢への厳しい批判となり、時には主張が中正を欠き、紙面の盛り上がりが時の法規に触れ、10年余りの間に発行停止12回、社員が獄につながれることは数え切れなかった。
 この間、社の財政は何度もピンチに陥り、苦難は宗一を責め続けた。しかし、意志の強い宗一はひるまなかった。ひたすら自分の信念を信じ、逆境をバネとしてそれに立ち向かい事業を拡張、遂に津市の中心地、津城のそばに新社屋を建てるに至ったのである。発行部数は3000を数え、今日の基礎を固めたのであった。
 幕末に藤堂藩のために身命を投げうって尽くしたその勇気と前向きな行動は、自ずと人を引きつけ、その謙虚で思いやりに富んだ士気は、人々の信頼と共感を得るに至ったのである。
 松本宗一、明治22年(1889)10月24日永眠、享年48。夫人や6男3女の子どもたちに見送られ、会葬者は1000人を越えたという。後に、多くの人の善意によって津偕楽公園の高台中央に碑が建てられた。
 翌、明治23年、奇くも宗一の遺志を受け継ぐように同じ新聞記者から身を起こし、後に寛政の父といわれる尾崎行雄(咢堂)が、日本最初の総選挙で三重県から改進党で立候補、初当選を果たしている。
 今も同じタイトルで続いている日刊新聞では日本最古となる「伊勢新聞社」は現在、社員100名、地方紙の中で規模が小さいが、全国紙に比べると一風変わった記事の書き方で、宗一の遺志を受け継ぎ生き生きと活躍している。 (新津 太郎)
(この物語は、史実をもとにした一部フィクションです)

[ 21 / 24 ページ ]« First...10...1920212223...Last »