随想倶楽部

「一度はあきらめていた東京行き。先の大戦により南方で惨禍した父親をはじめ、英霊の御霊に哀悼の誠をささげたい」。
そんな相談を昨年秋、ある家族からいただいた。志を同じくする人達が全国から集うため、今回も参加の意欲があったが、歩行状況から新幹線を乗り継いで行くには危険。
ましてや女性の一人旅。本人も、あまりに勇気がいるため躊躇していたらしい。しかし言葉の端々からこの方の前向きな気持ちが、こちらにも伝わった。
外出は、高齢者や身体の不自由な方、介護を頑張っている家族、交通弱者にとってその時々の、外の景色や風、音、会話と味覚、どれも最高の生きがいになる。
私は、あらかじめ「顔の見える関係」を大切にしたいと思い、自宅に伺い現地での計画や、身体の状況などを詳しく聞いた。
課題のバリアフリーは、鉄道車輌や駅なども整備が進んではいるが、朝夕の雑踏を切り抜けて時間通りに到着するには、車椅子での移動が必要と判断した。
普段お客様自身は使用しないらしいが、長時間の移動には欠かせない。家族の応援もあり、話は前向きに進んだ。
県内の移動は当社の福祉タクシーで乗降ができるし、東京では日本福祉タクシー協会メンバーによって駅から集合地点までの送迎が可能。コラボレーションができるのは地方にいても最大の強み。
各所への連絡や手配も済み、出発当日はそれまでの雨も止んで絶好のお出かけ日和。早朝にもかかわらず準備を整え、今や遅しと迎えを待っておられた。緊張を和らげ、リラックスしていただくのも私の大切な役目。
名古屋駅の新幹線乗り継ぎは予想通り、ラッシュ時の人混みが激しく、車椅子の通行を容赦なく妨げた。 介助していても、危険を避けるのに大きな注意を要する。改札から駅員によるプラットホームへの誘導でようやく乗車。車椅子対応車輌は、近鉄同様、介助員の労力を減らし、何より車椅子本人も安全に乗車できる。
車内はレール音と車窓の景色が相乗効果を生み、話も弾んでホッと一息。戦没者の慰霊がこの日の最大の目的なので、食事やトイレ介助を行い、指定時間のある服薬を促して、余分な体力の消耗を防ぐ。
おしゃべりに花が咲き、ほどなくして着いた東京。会場には待ちに待った、志を同じくする人達が全国から集まっていた。
知った顔が目に入るや否や、「よく、ここまで来られたね」、「また会えるなんて、すごいね」。
目頭を熱くして互いの再会を喜び会い、華やかな会話が飛びかった。それまでの緊張が、一瞬にして解きほぐされていく。
当日のスケジュールを一つずつクリアできるのは、本人にとっても最良の幸せだ。靖国神社では、紅葉に染まった境内を散策し、昇殿も車椅子で参拝させていただいた。
夕方のライトアップは、より厳かな気分にさせる。追悼の感慨は深く、出席した人達と一緒に記念写真に納まるなど、ようやく目的を果たすことができた。
人と人、人と物を結びつける「おでかけ」は、本人にエネルギーを与えて目的の完遂に結びつけることができるのではないかと、これまでの経験から思う。
それに連動する福祉タクシーも、交通弱者の視点で、送迎以外に外出支援や院内の付き添いなどもする。
あるいは民間救急として看護師が同乗し、目的地へ搬送する。バリアフリーは障害を持つ人やお年寄り、交通弱者のみが特別に利用するものでなく、健常者も共に利用してこそ価値がある。
「こんどは、ゆっくり美味しいものを食べに行きたいね」。互いに思いをめぐらせて、帰宅したのは夜10時を過ぎていた。
ロングスケジュールだったが、お客様の「ありがとう」の一言が、何よりのお土産になった。
(日本福祉タクシー協会、
民間救急、はあと福祉タクシー代表)

「笑いは、最も安く、最も効き目のある特効薬である。笑いは世界共通の薬なのだ。」バートランド・ラッセル。
またユーモアの持つ効用について丸山孝男著の「英語ジョークの教科書」から引く。「日本とは違い、英語を母国語とする人たちは、ユーモアの精神を最も高く評価する。すぐれたユーモアの精神をもっている人、そのユーモアを理解する人を最も高く評価する。彼らにとって、ユーモアとは複雑きわまるこの人間社会を冷静で、かつ客観的な視点で見つめ、それを滑稽さ、おかしさをもって表現しようとする行為なのだ」
ジョークには様々な機能、効能がある。最大の働きはコミュニケーションの
潤滑油になることだろう。 ただ国によって、言語、歴史、文化、習慣、諺、時事や政治的な事柄、同音異義語、語呂合わせなどが深く関与するのでなかなか手ごわい相手でもある。

イギリスに留学して通っていたカレッジで「クラス代表を今日は決めます」と担任の先生が言う。「さあ皆さん、誰が一番の適任者かよく分かっているでしょうね」といいながら、私に目線を送ってくるではないか。選挙でもするのかなと思っていたら、「ミスタークモイがいいと思うが、皆さんはどうですか」とクラスの皆に問いかけた。すると拍手が沸いた。
先生は「では、決まりました」一瞬の出来事だった。クラスはフランス、スイス、イラン、ポーランド等、ロンドンは国際都市だけに、世界中からの留学生で構成されていた。その個性豊かな学生の「代表」に私が選ばれた。
私は授業での議論が好きだった。それに「ジョーカー」と呼ばれるほどいつもこっけいなことを頻繁に言ってはクラスの皆を笑わせていた。
例えば、ある日の授業で先生が「韻を踏んで文章を作りなさい」と学生に求めた。私は「あなたは、custard(カスタード)、 mustard(からし)、bastard(卑語、私生児、嫌われ者、注、あまり上品な言葉でない。相手を罵るときに特に男性が多用する)のうちどれか」と即座に答えをだした。これにクラス全体が爆笑に包まれた。stardで語呂合わせをしているのだ。カタカナ語に「ムード・メーカー」というのがありますが、私はクラスのそれだったように思う。このユーモアのセンスが欧米では極めて重要な資質なのです。

ある日、イギリス人の友人と散歩をしていた時に、ガラの悪そうな若者が絡んできた。それで私は「お前さん、Scotland Yard(ロンドン警視庁)、とGraveyard(墓場)のどちらに行きたいのか」と聞いてみた。友人は大笑いしている。若者はキョトンとしている。yard で語呂合わせをしたことに気がついていない。もう勝負はついている。

またある日、私は「バッキンガム宮殿」の見学に訪れた。衛兵が右手に銃を持ちその銃を地面につけて不動の姿勢で立っている。その衛兵に近づき「あなたは勤務中に人と話をしてもいいのですか」と質問をした。すると衛兵は「いいえ、話をしてはいけないことになっています」と返答した。私はにんまりとした。たった今、あなたは私と話をしたではありませんか。

イギリスの名物といえば「フィッシュ アンド チップス」だ。住んでいたフラット(ワンルーム、アパートの意)の近くに行きつけの店があった。ある日「フィッシュ・アンド・チップスをひとつ下さい」と注文したら、揚げ立てのジャガイモのチップ(イギリスではフライド・ポテト、フレンチ・フライをチップといいます)を一本指で掴み「はいどうぞ」と私に渡した。一本取られてしまった。
(次号に続く)

文部科学省が九月二九日に結果を公表した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、三重県の平均正答率が初めて国語Bと算数Aで全国平均を上回ったという記事が掲載された。これは子ども達の頑張りとともに、現場の先生たちの努力に因る部分が大きいのではないかと考える。
大川学園義塾では平成十九年に学童トムソーヤを開設し、基礎学力の強化、特に国語力の強化に努めてきた。子ども達はトムソーヤに到着すると、まず学校の宿題を行う。これは学習習慣の定着をねらってのことである。学校の宿題である音読もトムソーヤで力をいれて指導している学習の一つである。何故なら、音読は国語力をつける第一歩だと考えているからだ。正しく文章を理解するためには、正しく読むことは必要不可欠である。
また学校の宿題だけでなく、塾専用教材(国・算)、家庭から持参した教材などで子ども達は学んでいる。時には保護者のニーズに合わせて他塾の宿題を指導することもある。子ども達の勉強時間は平均して二時間、高学年になると午後六時まで勉強している子が大半を占める。これが月~金まで毎日行っている内容である。サポートするのは、義塾教員や元小学校教諭等である。学習面・生活面については個人カルテに記入して、子ども達一人ひとりに最適な対応をするために毎日話し合いを行っている。
昨年度トムソーヤを卒業した二名が義塾中学部に入塾した。義塾では一クラス十名以下という少人数制をとっている。一人ひとりを大切に見ていきたいという思いからである。中学部においてもトムソーヤ同様、生徒一人ずつについて毎日話し合いの時間を持っている。中学生は多感な時期でもあるので、学習だけでなく学校生活や友人関係においても悩みを抱えている。それが学習にも影響を与えている。義塾の教員はその悩みに寄り添い、時には叱咤激励して生徒たちの目標達成に尽力している。
そのような日々の学習において、トムソーヤの卒業生二名が今年の夏期講習最終日に行った模擬試験の英国数三教科で、それぞれ三重県四位、十三位という成績を残した。
学童トムソーヤからの流れで一名は四月より毎日当学園の塾を利用している。中学部においても英数だけではなく、国語も必修教科とすることで国語力の強化に努めている。これは全ての教科の土台は国語であるという考えからである。今回の学力テストにおいても、中学校の数学Bは三重県も正答率が低く、資料を読み解く能力、論理的に物事を捉える能力の不足が窺える。これらの能力は中学校だけでなく、その後の学習内容の習得や社会に出てからも必要となってくる。
学童トムソーヤ、義塾中学部に現在通っている子ども達が大人になる時代は、生き抜く環境は現在よりも更に厳しさを増すだろう。その時に問われるのは自らに積極的に働きかけ、自らが学ぶ力なのではないだろうか。今後も小学生、中学生の教育に携わる者としてこれらの力を身につけている人材を育てていきたい。
(学童トムソーヤ・大川学園義塾長)

[ 3 / 22 ページ ]12345...1020...Last »