随想倶楽部

「サミット、無事に終わってよかったな」と、三重県民なら、この言葉を何度言ったことか。空、陸、海、どの道をとっても万全の体制を整えるため何年も前から準備がされ、特に警察官は九州から北海道まで二万八千人もの動員があったようだ。
世界のあちこちでテロが起こり、つい最近日本人もまきこまれている。何事もなく「伊勢志摩サミット三重で開催」と歴史の一行に載った。関わられたすべての人々に感謝するのみである。
一躍有名になった伊勢志摩観光ホテルへサミット料理再現の一泊旅行に夫と友人夫婦とで出かけた。夫の体調を考え、予約とキャンセルを繰り返し夏の終わりにやっと実現した。このホテルへは一三年前、昼食に訪れたことがある。丁度陶芸家の辻田岳秀氏の個展が開かれており、小さなひな人形を購入し毎年三月に飾っている。
辻田氏は宇治山田出身で各種の陶芸展に入選されている。時々、ホテルではこのような催しが行われている。今回の料理は、伊勢海老、鮑、松阪牛を中心に目にも舌にも見事なもの。四十代から夫と海外旅行を共通の趣味としてヨーロッパ、アメリカ、アジア等の多種多様のレストランも訪れているが今回が最高と意見が一致した。
各首脳は世界の平和、経済、エネルギー、保健等について議論をされたが食事の時は三重の食材が話題の中心であったろう。今後は伊勢志摩地方もサッミットブランドを地域活性化につなげられるかが課題である。終わってからも官民一体となって地域を盛り上げてほしいものだ。
ホテルの庭を散歩していたら「久米三汀」句碑、「佐々木信綱」歌碑、「山口誓子」句碑があった。伊勢に関係の深い谷川士清の歌碑が並んでいても不思議ではない。
伊勢と士清の関係を少し述べてみよう。谷川士清は娘八十子を伊勢神宮重代の祢宜職である蓬莱尚賢に嫁がせた。尚賢は谷川塾に学び、林崎文庫の再興をしたり、文人学者と交流もあり声明が響いていた。
自慢の婿殿であったに違いない。士清が京都で一緒に垂加神道を学んだ竹内式部は公家衆に講義をし、なかなかの人気で、幕府は朝廷内に式部の説が広まるのを恐れ式部を京都より追放した。士清を頼ってきた式部を津より人混みの多い神宮のある伊勢の方が安全と考え、士清は蓬莱尚賢に匿うよう頼んでいる。士清は娘や式部のいる伊勢へ何度も出かけ、この地を詠んだ歌も何首かある。
なぜ士清の歌碑がないのか考えた時、津と伊勢が遠いことも一因だが、尚賢の悲運が大である。まず八十子との長男駒之助を幼くして亡くし、次男尚陽も健康面などで恵まれず、後継者のため病弱な八十子の勧めで娶った側室の三幸は平三郎を産み、半月で死去、平三郎も六才で亡くなった。
尚陽の妻富子、後添い幸子、そして尚陽の子供新之助も数年のうちに亡くなる。尚賢自身、四九才の若さで突然死去。蓬莱家は尚喜、尚賢、尚陽三代が享保九年から文化四年までの八四年で血統は絶えた。士清を伝える人が伊勢で続いて活躍されておれば前述の歌碑も実現していたものをと残念に思う。
増補語林『和訓栞』で調べてみたら、「いせ」と「しま」は非常に丁寧に説明してあった。(次の二つは原文のまま)
〇いせしま・伊勢島とて伊勢と志摩とひとつによむなりといヘリ志摩ハもと伊勢の國を割しよしふるく見えたり志摩の國ぶりも古今集にいせうたとて入たり。
○ふたみのうら…伊勢但馬播磨ともにあり紀伊ノ國和歌浦のむかふなる二見浦も立石の景なりよく伊勢に似たるより呼成へし伊勢の立石埼ハ江村に行道の境なり
『和訓栞』は『日本書紀通証』を著わした際に非常に多くの文献から調べた言葉約二万語を最初の二文字を五十音順に並べて整理した通巻九三巻・八二冊の偉大なる辞書である。後述の二つの言葉は実際に歩いて調べたのではと思う。
伊勢のあちこちを歩いていて、ひょっこり士清さんがいるような気がした。
(谷川士清の会顧問)

津市美杉町八知の美杉中学校(JR名松線伊勢八知駅からすぐ)・美杉木材市場で、9月11日(日)11時~15時、『名松線に乗って遊んで楽しんで NEW体験イベント』が催される。 雨天決行。主催は名松線を元気にする会、大瀬古町子供と地域の環を育む会。
同線の沿線でイベントを行うことで鉄道に乗るきっかけをつくり、まちづくりに繋げることなどが目的。主催者は、「四日市あすなろう鉄道と近鉄とJRに乗って美杉へ行こう!」と呼びかけている。内容は── ▼スポーツ鬼ごっこ体験=三重スポーツ鬼ごっこ愛好会。同中学校グラウンドで。参加費無料。「子供から大人まで本気になれる鬼ごっこは、基礎体力・協調性・主体性、規律の向上、そして笑顔が生まれる」。
▼バブルサッカー体験=バブルレクリエーション協会。同中学校体育館で。参加費無料。「弾け飛ぶ楽しさを体験できるバブルボール。やって楽しい、見て楽しい、笑いが止まらないのも魅力の一つです」。
▼バランスボールエクササイズ教室=BBカラーズ。同市場で。参加費は一人500円。
BBカラーズは、バランスボールインストラクターの養成講座やダンス指導などを行っている6名のスペシャル・プロ・チーム。  ※体験・教室は同市場ブースで参加を受付。体験は整理券を配布する。
問い合わせは井上さん☎090・6916・6720へ。

今から40年くらい前、津市で見かける外国の人といえば、教会の神父さま、シスター、牧師さま、日本鋼管で働く技術者くらいだった。今では海外からの留学生、英語教育指導助手、英会話学校の先生や旅行者で随分と様変わりしました。また海外から日本に働きに来ている人々も多くなりました。また定住してしまった多くの人々がいます。

そのようなことで、困っている外国の人々に出くわすことも多くなりました。
ある夏の夜のことです。仕事の帰りに「津駅」の東改札口を出て、切符売り場まで来ますと、白人の若い男女のバック・パッカーが駅員と何やら話していた。どうも要領を得ない様子。駅員が私に「すみません、あなた英語がわかりますか」と尋ねた。「はい、少しなら」。そういうわけで、その男女に用件を聴いてみると、どこかこの辺りでキャンプしたくて、その場所を探していることがわかった。ドイツのハンブルグ大学の学生ということも判った。津偕楽公園ではキャンプはできないので、拙宅の近くの海岸まで二人を連れて行くことにした。明日は何処に行くのかと尋ねたら「伊勢」に行くという。この二人が「お伊勢参り?」。それはともかく、三交バスのワンマンバスに乗った。最寄りの停留所で3人分のバス料金を私が支払い浜辺に案内した。そこは月明かりと潮騒の静かの音が聞こえるところだった。
「明日午前7時にここに迎えきます。それでは」と言いかけたら「時計を持っていません」という返事が返ってきた。それで私の腕時計を渡した。その夜二人はそこで何を語り合い、どんな夢を見たのだろうか。 翌朝、浜辺に迎えに行くと、二人は出発の用意をすでに終えていた。またバスに乗り津駅に向かった。
「朝ごはんは食べましたか」と尋ねると「まだです」という返事。それで津駅前のホテルで朝ごはんをご馳走し、伊勢までの切符を手配して二人に手渡した。「さようなら」と私はドイツ語で言うと、ドイツ語で「ありがとう」と二人は礼を言った。後日二人から御礼の絵葉書がドイツから届いた。

ある時、ある銀行のキャシュ・ディスペンサーのところで白人の夫人が何度も何度も画面を操作しているが、一向に埒が明かない様子。銀行の案内係りの女性も傍にいるのだが、どうもこれまた要領を得ない。
件の銀行の係員の女性が私の方を向き「英語できますか」と尋ねた。「はい、少し」と私。その婦人に色々尋ねてみると「70万円を引き出したのだが、何度試みても一向にお金が出てこないので困っている」という。よく注意書きを読んでみると、「一回に引き出せる金額は50万円」ということが判った。
それで、その婦人に事情を説明し「先ず、50万円を引き出し、その後で20万円を引き出せばうまくいきますよ」とアドバイスしてあげた。婦人はそのとおりにして、首尾よく70万を手にすることができた。
ご婦人は「ありがとう、有難う」と御礼を言った。これくらいお安い御用。人助けができてよかった。困っている時はお互い様ですよね。

これもある銀行での出来事。白人男性が窓口で何やら行員とやり取りしている。これも一向に埒が明かず双方ともに困り顔。私は「何かお手伝いしましょうか」と声をかけた。その男性によく話を聞いてみると「東京の友人の銀行口座に振り込み送金したい」ということだった。
それで行員に事情を説明し、振込用紙をいただき、男性に必要事項を記入してもらった。その用紙に現金を添えてうまく振り込むことができた。男性は安堵の笑みを浮かべた。双方が「ありがとう」と私に言った。「どういたしまして」と私は返事した。

ある時、台風が接近し三重県には暴風警報が出ていた。私は知り合いのアメリカ人の英会話講師のことが心配になった。というのも彼は英会話教室の経営者が用意した木造のアパートに住んでいたからだ。私は心配になり彼のアパートを尋ねてみたが不在だった。それで私は彼の働いている教室に念のため行ってみた。 そうしたら彼は職員の部屋に寝袋を持ち込んで不安な夜を一人で過ごそうとしていた。私は彼を自宅に連れて帰りその夜は我が家の布団で寝てもらった。台風は大過なく無事に通過していった。なぜ英会話の経営者は彼をホテルなどの安全は場所に泊まらせなかったのかと、いささか私は経営者の無神経さと無配慮に怒りを感じた。
彼が帰国した時、「暴風雨時に英会話教室の日本人の経営者は危険な台風から身を守るための援助を何もしてくれなかった」と周りの人に話したら米国の人々は日本人にどのような感情を抱くだろうか。英会話学校の経営者にとって彼は、「使い捨てできるただの労働者」だったのだろうか。外国人を雇用している経営者の国際感覚が疑われても仕方ない出来事の一例だと思った。

ある病院の待合室は診察を待つ患者ですごく混んでいた。その中に一人にとても気分が悪そうな白人の男性が順番を待っていた。私はこの人の様子が少しおかしいと直感した。「どうしたのですか」と英語で尋ねた。「熱があります」とその男性。すぐに看護師さんにその旨を告げ、体温計を持ってきてもらい、男性に体温を計ってもらった。その結果39度近くの高熱だ。 看護師さんにそれを告げると同時に「すぐに先生に診てもらうように手続きしてあげて下さい」と頼んだところ、ほどなく診察室に呼ばれた。あとで看護師さんにその男性のことを尋ねたら「入院されました」との返事だった。外国で病気になると、とても不安ですものね。私にも覚えがあります。

知り合いの外国人を津市内の「銭湯」に誘った。初めは皆の前で裸になるのをとても恥ずかしがっていたが、「銭湯」の入り方の基本の基本である「かけ湯」の仕方も教えた。陰部もきちんと洗うように、また浴槽内でタオルは絶対に使ってはいけないとも教えた。 洗い場で私は彼の背中を流してあげた。彼もそれを見習って私の背中を流してくれた。それ以来、彼は「銭湯」が大好きになって、私に「銭湯に行こう」とよく誘うようになった。これこそ裸の付き合いです。彼はもう母国に帰りましたが、時々日本の「銭湯」を懐かしく思い出しているのではないでしょうか。

スイスまで一人旅をしました。インターラーケンのホテルに投宿して、そこを基点にしてスイスのあちこちを旅していました。ベルンの町角で一人の東洋系の若い男性を見かけました。よく見てみるとどこか寂しげで表情が暗かった。
私は彼が「相当な困りごとを抱えている」と判断し、その若者に近づき英語で「あなたと一緒にお茶を飲みたいのですが、先を急いでいます。これでお茶でも飲んでください」と何がしかのお金を手渡した。すると彼は一瞬表情が明るくなり笑みを浮かべて何度も「ありがとう、ありがとう」と言った。彼の話す英語の発音から日本人でないことは十分に判った。彼は私のことを「日本人」と気づいてくれただろうか。ヨーロッパまで来て彼は何かの事情でお金に困っていたのかもしれない。そう考えると「もっと多くのお金を上げたほうが良かったのではないか。いや彼にも誇りというものがあってかえって傷をつけたかもしれない」といまだに私自身の心の整理がつかない。

これらのの話は、私なりのささやかな「民間外交」の実践例です。私と接した外国人は私を通して日本人や日本という国の印象やイメージを持つかも知れません。そう考えると慎重に接するように自然となります。「日本に来てよかった」、「日本人は良くしてくれた」、そのように思ってくれる「日本ファン」「日本人ファン」の外国人を一人でも多く増やしたいと心から思っています。小さなことからコツコツとできることからしていくしかありません。

政治には友好や対立が絶えずあります。しかし言語、文化や宗教が違っていても「草の根交流」ならばそこは「人」と「人」、私は「誠実」「思いやり」「親切」は世界共通で相通じるのではないかと思っています。それで自分の中心にこれら三つの原則を置き「国際親善」に微力ながら役に立ちたいと思い、日ごろの生活をするうえでの「行動原則」にしています。
(津市在住)

[ 4 / 22 ページ ]« First...23456...1020...Last »