随想倶楽部

今年度の「親子洞津谷川塾」は、去る七月二十二日、津市内各地より保護者九名、子供十二名の参加により催行された。この塾は、津市が生んだ偉大な国学者、谷川士清翁について知り学ぶ事を目的に平成十一年より津市教育委員会主催、「谷川士清の会」のサポートにより継続されているものである。
「日本書紀通証」三十五巻を著した他、日本で初めての本格的な五十音順の国語辞典「倭訓栞」を著した谷川士清翁は、二十一歳年下の本居宣長翁とも交流があり、宣長翁をして、「国語学の猿田彦(導きの神)」とまで称さしめた偉人であったが、「倭訓の栞」の刊行を待たずに逝去したことや、著作「読大日本史私記」に対し江戸幕府の誤解等があった事で、本格的な評価がなされず、名誉回復が遅れ、残念ながら現在でも、津市に於いてさえも、谷川士清翁の名を知らない市民も多く、また知ってはいても「ことすが」と正しく発音してもらえないのが現実である。
その現実を打破すべく、私達「谷川士清の会」のメンバーは、「親子洞津谷川塾」に協働し、毎年二月には、自ら、「谷川ことすが書道コンクール」を主催し、他にも小学校へ出帳講座に出向いて、紙芝居やビデオで学んでもらったり、最近では、津まつりのみならず、
三重テラスまで出向いて顕彰活動に勤しんでいる所である。そうするうちに少しずつ、テレビや全国版の雑誌でも取り上げられるところとなり、外からの映像や文章で市民の方々に郷土の「宝」を認知して頂ける深みが増している事は望外の喜びであります。
視座を変えますと、谷川士清翁は教育者であり、京都へ遊学して二十六歳で津市八町三丁目へ戻った後は、家業の医業を行い、また、教授しつつ、神学、儒学、国学を藤堂藩の若き藩士や士清を師と仰ぐ多くの弟子に教え導きました。
「洞津谷川塾」の門弟の総数は、記録が無いため不詳ですが、著名人としては、頼又十郎惟清(頼山陽の祖父)、飯田元親(橘守部の父)、宇佐公吉(宇佐八幡宮の大宮司)、中川蔵人(津藩士一五〇〇石)、松本主禮(外宮一禰宜)、藤原安廣(厳島神社祠官)蓬莱尚賢等が門弟として記録されています。
医家であり、神道家、国学者、国語学者に加えて、教育者であった谷川士清先生。
「日本で初めての本格的な五十音順国語辞典を創った」と云う意味においては偉大な文理両道のジーニアス(天才)でありイノベーターであると私は考え尊敬致します。また、本居宣長翁をして敬愛を集めたご人格は谷川士清先生のふくよかなご風貌に表れている慈しみに満ちたご品性から醸し出されるものであると考えます。
偶々、谷川士清先生のお生まれになったのは宝永六年で、その二年前に富士山の噴火がありました。昨今の天災、人災を見るまでもなく、私は如何なる天災、人災も起こって欲しくはありません。が、しかし、谷川士清先生と云うマグマ、エネルギーの表出、〝休火山〟の噴火は望みたいのです。
表現が拙かったかも知れませんが、地域間競争の時代に於いて、医学、宗教、国語、教育と云う谷川士清先生が導いて下さったフィールドに於いて郷土津市の将来を考えます。
津に来たら、住んだら賢くなる、これは偏差値のアップも含めての話にしましょう。
津に来たら、住んだら、病気が治る、元気になる、長生き出来る。良い温泉もあるし、森林セラピーも良い。良い漢方のお医者様も居るそうだ。
私が大学を出た後に学んだ私塾の塾長からは「成功の要諦は成功するまで続けるところにある」と諭されました。
谷川士清先生の研究、顕彰活動に更に衆知を集め、多くの方々に絶えず感謝の気持ちを忘れないで勤しみ、郷土の生成発展を期します。
(谷川士清の会代表)

春、お茶会に出かけると「山花開似錦」の掛け軸を見かける。梅、桃、桜、つつじと次々に変化する山々。日本人でよかったと思うひと時である。津市の桜の開花は例年より十日ほど遅かった。ところが開花宣言の二日後には満開になり随分長い間楽しませてくれた。
四月中旬に京都に出かけた。桜が津と全く同じ咲き加減なのに驚いた。ほとんど散ってしまった木、丁度満開のもの、まだ蕾のものと混在していた。今回の見学先は平野神社、円山公園、清水寺、そして翌日、上賀茂神社とした。
平野神社は平安遷都の際に奈良から遷祀され天皇が行幸した格式高い神社で、現在の社殿は寛永年間に造られたもので、境内には約五十種四百本の桜がある。緑色の花びらのうこん桜、サクランボのような突羽根桜等初めて見る名前がほとんどであった。円山公園と清水寺は着物姿の外国女性が非常に多く、国際化の不思議な現象に複雑な気持ちになった。
京都と士清さんは非常に関係が深い。私はそれも理由で時々京都を訪れる。
士清さんが初めて京都へ行かれたのは十二才の時である。福蔵寺の浩天和尚が
中御門天皇より綸旨を拝受するお供の一行に加わった。父から知人の松岡玄達への手紙を和尚と士清は持参し訪れたが玄達は留守であった。
享保十五年(一七三〇)二十一才の時改めて勉学のため上洛し、松岡玄達から本草学・医学・儒学を学んだ。翌年四月、松岡忠良に垂加神道を学び、また忠良の師玉木正英に入門し「神道許状」を受けた。一七三五年京都の人山下氏と結婚し八月、二十六才で津へ帰った。京都ではお茶、お花も習ったとある。非常に濃密な数年であった。遊学時代に一生の友、川北景楨、竹内式部、唐崎信通に出会った。川北景楨は高田本山専修寺の家臣で津へ戻ってからも様々な点で士清を補佐。竹内式部は公卿に神書(日本書紀)儒書を講じ江戸幕府に京都から追放され、士清を頼って来津し、士清は娘八十子の嫁ぎ先伊勢に匿った。
このことから士清も他参留になってしまう。唐崎信通は亡くなる時十一才の息子の士愛を士清に託した。士清は自分の息子のように士愛に愛情を注いだ。京都を散策しながら、若かった士清がどこをどんなふうに友人たちと歩いていたのか考えを巡らすのは常のことである。
谷川士清が日本で初めて本格的な国語辞典『和訓栞』を編纂したのは皆さんも周知の事。
『和訓栞』でさくらを引くと次のようであった。
(さくら 桜をかりてよめり 神代紀に木ノ花姫ありて伊勢朝熊の神社に桜樹を基霊とし事、古記に見えて桜ノ宮とも称せり、西行の歌あり…紀貫之歌に桜よりまさる花なき花なれハあたし草木ハ物ならなくに…彼岸桜ハ時節をもてよび糸桜ハ形状をもてよべり…)
非常に詳しく六百字程書かれているのを少しだけ抜粋したが、この後の語にさくらいろ、さくらがいが続いた。
つつじはなくさつきがあった。
(さつき 杜鵑花をいふハさつきつつじの略也、此月に咲き立つ故に名くるなり、品類に松島といふハ奥州より出る也…)
次にももを引いてみた。やはり三百字以上詳しく書かれているのを分かり易い部分を抜粋してみた。
(もも 毛桃、漢名同じ、萬葉集にも見ゆ、にがももともいふ、緋桃も漢名なり、 冬桃あり、花ハ単也、博玄か冬桃賦あり、西陽雑爼に西王母桃と名く、我方にて西王母と呼ものハ壽星桃也、一花両實の者をめをとももといふ…紅白相交わるを源平桃といふ…)
現代の国語辞典と比べてみても面白い。
さてこの次はいつ京都を訪れようか。
(谷川士清の会 顧問)

さわやかな五月の若葉を渡る風が、すがすがしい季節を迎えております。
今回は初夏にふさわしい芝居小唄、時代物として「蝶千鳥」世話物から「髪結新三」の二曲をご紹介いたします。

蝶千鳥

空に一声時鳥 菊や牡丹 の蝶番い
離れぬ仲の群千鳥
富士の裾野に並び立つ
姿なつかし 五月晴れ

「曽我兄弟の討入」の話を小唄にしたものです。この小唄は曽我十郎祐成と五郎時政の兄弟が母より形見に送られた「蝶と千鳥の直垂」を身につけて、首尾よく敵を討ち恨みを晴らすという、曽我兄弟の討入を実録風に脚色したもので、九世團十郎の五郎、五世菊五郎の十郎の「夜討曽我」の時代劇を唄っております。
小唄の「空に一声時鳥」は昭和11年4月、歌舞伎座「團菊祭」の時に出来た曲で、市川三升作詞、草紙庵作曲の小唄です。
市川三升が名優團菊の二人の姿を懐かしく思いうかべ作詞したといわれる秀歌詞で、「菊や」は菊にかけて五世菊五郎、「牡丹」は市川家の替紋で九世團十郎を指し、「蝶番い」と「群千鳥」は母から送られた蝶と千鳥の模様の直垂から兄弟であることを指しております。
この小唄は、草紙庵作曲の自慢の曲の一つで、人々の評判になり、今日まで盛んに唄われております。

次にご紹介いたしますのは、芝居小唄、世話物で有名な「髪結新三」です。

髪結新三

目に青葉 山時鳥初鰹
“鰹、鰹”の売り声を聞く 湯帰りの耳果報
薩摩さ こりゃさ
髷にさしたる房揚枝 浴衣の裾をかいどりて
髪結新三はいいっっ男

この唄は、久保田万太郎作詞、山田抄太郎作曲、昭和33年5月に作られました。皆様も一度は「髪結新三」という言葉を耳にされたことと思います。今回は湯帰りの新三の姿を小唄にしております。
舞台は髪結新三宅の場、梅雨の晴れ間に時鳥の声が聞こえ、小唄の「薩摩さァ こりゃ さァ」の威勢のいい下座で始まります。魚屋が「かつお!かつお!」と呼び乍ら場幕から出るとその後から湯上りの新三が房楊枝を頭に差し、ぬれ手拭に浴衣、三尺帯に下駄がけ、粋な姿で花道にかかります。

唄は江戸下町の初夏の情緒と入墨新三のいなせな姿をうつして絶妙。どこまでも江戸っ子の「いい男」を見せなくてはなりません。
これぞ歌舞伎小唄のイキで、作詞、作曲、演奏とも、戦後最高の歌舞伎小唄といわれております。
風薫る五月。初鰹が食卓を飾る時季になりました。新緑に季節を満喫なさって下さい。
(小唄 土筆派家元)

「小唄の楽しみ ちんとんしゃん」も今回で7回目を迎えて14曲をご紹介いたしました。実際にお聴きになりたい方は稽古場が「料亭ヤマニ」になっておりますので、興味があればお気軽にご連絡下さい。又、津中日文化センターで、講師も務めております。
稽古場「料亭ヤマニ」
電話059・228・3590。

[ 5 / 26 ページ ]« First...34567...1020...Last »