163号をゆく

一日目の終着点の美里総合支所下

一日目の終着点の美里総合支所下

五百野皇女の碑を過ぎたところで17時過ぎ。タイムリミットの日没まで1時間ある。だが、肝心の両足が悲鳴を上げている。今日中に長野峠へと到着するのは難しいと判断し、美里総合支所下のバス停にゴールを変更。なんとかそこまで向かうことにする。
五百野の集落を越えると、すぐに国道163号とグリーンロードとの交差点。この道は津市と松阪市を結ぶ広域農道。その名の通り、収穫物を運ぶ通作道や農作物の流通のために活用しているだけでなく、生活道路、産業道路的など、多面的な役割を果たしている。  更に国道を進むと、北側に旧津市立高宮小学校の校舎がみえる。高宮小は今年4月に辰水小、長野小、美里中学校と統合し、三重県初の義務教育学校「みさとの丘学園」へと再編されている。学び舎というものは、不思議な存在で、長い人生のうちで、これほど、一日一日の出来事が鮮烈に刻まれている場所はない。ここに何度か取材でお邪魔した程度の私ですら、その時の記憶が蘇るほどだ。それだけに地域の人たちにとって特別であり、義務教育学校という全く新しい形での統合に至るまでに様々な意見が交わされたに違いない。校舎は地域の人々によって利活用が模索されており、新たな形でまた人々の記憶に刻まれる存在になるだろう。
小学校を越え、今にも自身の体重と重力に屈しそうな体にムチを打ち、なんとか目的の津市美里総合支所下のバス停に到着。疲労はピークに達しており、バス停付近のアスファルトに身を投げ出し、大の字で天を仰ぐ。少し落ち着いてところで、〝一服〟する。といっても煙草ではない。好きな音楽を聴いて、疲れを癒すことを私は一服と称しているのだ。
スマートフォンを取り出し、スウィング・アウト・シスターのブレイクアウトを再生する。私にとっては特別な一曲で、辛い時や、落ち込んだ時に、何度勇気をもらったか分からない。
バスがくるまで40分ほど。次のルートについて試案を重ねる。目標の長野峠まで行けなかったのが少々痛い。というのもこの旅は、前回中断した場所まで公共交通機関で移動した上で再開というルールがあるからだ。長野峠付近には平木のバス停があるため、移動は比較的用意だが、トンネルの向こうの旧大山田村からはそうはいかない。鉄道が通っている旧上野市街までは一気に歩いてしまわないと辛い。距離的に今回と比較にならないが、出来ない理由を並べても仕方がない。
際限なく広がるネガティブな思考を〝ブレイクアウト〟するために音楽のボリュームを上げ、聴き入っているとちょうど帰りのバスが到着。「旅はまだまだこれから」。心の中でそう呟いて、私はバスに乗り込み帰路についた。(本紙報道部長・麻生純矢)

吹上の坂の道路改良を祝う開鑿記念碑

吹上の坂の道路改良を祝う開鑿記念碑

さて、ここからはいよいよ美里町。すぐ近くに吹上の坂の道路改良を祝う開鑿記念碑が立っている。碑には明治15年7月建之とある。この当時、既存の道路改良や新道の設置の機運が全国的にも高まっていた。四方を山に囲まれた伊賀地域にとって旧伊賀街道は商業的にも、生活インフラとしても非常に重要で改良工事は悲願。長野隧道(トンネル)含めた街道全体の改良工事が行われた。当時の道路工事の原資は、公費よりも沿線の村々から集めた民費の割合が大きいのが一般的。吹上の坂の改良工事は五百野村の人々の負担によって賄われており、碑には「五百野人民一同」という名義と共に発起人の名前などが刻まれている。難所の改良を自分たちの代で成し遂げたことは、後世にも語り継ぎたいほど誇らしい出来事だったのだ。事実、その思いが生き続けているからこそ、我々も難なくこの道を通ることができる。現在の道路は行政によって設置・管理されているので、自分のものという愛着は薄いかもしれないが、この碑はかつて道路がどういう存在であったかを教えてくれる。
更に国道を進むと、旧伊賀街道と旧伊勢街道を結んだ旧奈良街道との分岐点。その少し先にあるコンビニで休憩をとる。すぐに冷たい炭酸飲料を購入すると、駐車場の端に腰を下ろす。
スマートフォンの時間は17時。地図アプリで、目標の長野峠までの道程を改めて確認すると、中心市街地からここまでの距離とほぼ同じ10㎞。日没までしばらく時間はあるが、体力的に辿り着ける自信がないので、キリの良いところで引き上げを決断。幸い国道には津駅方面へ向かう路線バスが走っているので、コンビニを出発し、近くのバス停で時刻表を確認。帰りのバスは確保できそうなので迷わず進む。
五百野の集落の北側を通る国道沿いに「五百野皇女」の伝説が残る地であることを記した大きな碑がある。彼女は景行天皇の第7皇女で、伊勢神宮の斎王としての任を終え、都に戻る旅路で病に倒れたといわれている。以前は国道の北側に鎮座する高宮神社の方にあったが圃場整備でここに移動したという。赤く染まり傾いていく太陽。皇女の郷愁に思いを重ねながら西へ進む。(本紙報道部長・麻生純矢)

田園風景を走る国道163号(津市片田井戸町)

田園風景を走る国道163号(津市片田井戸町)

国道163号沿いの集落(津市片田町)

国道163号沿いの集落(津市片田町)

津市片田志袋町から片田井戸町、片田町、そして片田久保町。国道163号は田園地帯に沿って緩やかな曲線を描いている。収穫を終えたばかりの田では風に舞う稲わらが、豊穣を告げている。
この一帯は、旧伊賀街道に沿って集落が形成されており、片田町から片田久保町にかけては、旅籠だった建物や、常夜灯など宿場町の面影も残っている。
そんな風景に心躍らせながらも、アスファルトをなぞる足取りは決して軽やかではない。この地域には歩道や十分な広さの路側帯が余りなく、必然的に車道の端を歩く時間が長くなるからだ。平日昼間でも交通量があり、気を抜けば、事故になりかねないので、慎重にならざるを得ない。
道路の右側を歩きながら、前方から来る自動車に全神経を注ぐ。スペースがあれば大きく避け、無ければ立ち止まり、やり過ごす。それを繰り返しつつ、少しずつ美里町方面へと歩みを進める。
国道沿いでも少し古めの家々は、玄関が国道にほぼ直結しているものが少なくない。これは数十年前まで、道路が単なる交通インフラというだけでなく、文字通り人々の生活の場であったことを示す証。道路は子供たちの最も身近な遊び場であり、大人たちにとっても社交の場だった。
自動車への〝主役交代〟によって、利便性は飛躍的に向上したが、ほとんどの道路は自動車のために最適化されてしまった。一方は、陸を統べる王者の顔色を伺い、もう一方はか弱き貧者への施しに腐心するかの如き均整を欠いた関係が路上の常となっている。
本来、人間は2本の足と道さえあれば、どこへでもいける生物のはずだ。〝遠く〟が近くなった反面、〝近く〟が遠くなってしまったのは、皮肉という他はない。
なにも今を否定したいわけではない。大切なのは私たちが何を得て、何を失ったのかを知ることだ。ただ道路を歩くという単純な行為が、それらを浮き彫りにしていくから不思議だ。 (本紙報道部長・麻生純矢)

[ 1 / 2 ページ ]12